カルチャー & アート


アルファマ、リスボン最古の地区

8 月前 - Léa D.

驚きに溢れるストーリー

アルファマはアラビア語の「alfa maa」が由来であることをご存知でしたか?意味は千のソース?何千色の色があるこの我らの街の象徴的で一般的な界隈の魅力的な名前!サン・ジョルジェ城とタホ川の間にあり、多数の歴史的な魅力とレストランを見つけることができます…それではガイドしますね。

アルファマは村の雰囲気があるとても友好的な界隈です。街最古の地区であると考えられていて、6月12-13日のSt. Anthony of Paduaなどの複数の人気のフェスティバルが毎年開催されます。

東洋と西洋に交互に支配されていたアルファマには、世界の隅々の痕跡があります: それがアルファマの魅力です。この地区には温泉源があるので名前の起源は上記で説明した通りです。

アルファマの最上位に有名なサン・ジョルジェ城があります。中世の城は16世紀まで王宮でした。街やモニュメントを見るためには、 展望台に行かなければなりません: サンタ・ルジアは最も知られている展望台のひとつです。その近くには装飾美術博物館があります。17世紀の荘園領主の邸宅で、壮大なインテリアが備えられています。

アズララ宮廷の旧宮殿(17世紀)にあるこの博物館は、アズレージョやフレスコで装飾され、並ぶ小さな居心地の良い部屋を通じて、17-18世紀のリスボンの日々の生活を呼び起こします。後の方にはポルトガルとインド=ポルトガルの家具、銀器のコレクション、中国磁器、16-18世紀の複数のタペストリーで装飾されています。3階には期間限定の展示会ホールと歓迎のパティオ付きのカフェテリアがあります。

住所: Largo das Portas do Sol 2, 1100 Lisboa

電話番号: +351 218 881 991

Street view

最高の食事処

長く歩いた後には、配慮されて準備された食事に勝るものはありません!

Pateo 13

リスボンの賑やかな通りにある絵のような夕食には、Pateo 13に勝る場所はありません:ストリートミュージシャンが演奏する楽譜の下で、新鮮な魚とホワイトブレッドを楽しみましょう。生き生きとした瞬間、楽しさと満足感いっぱいです!

Calçadinha de Santo Estêvão 13, 1100-219 Lisboa, Portugal

Canto Da Vila

リスボンのブラジル料理レストラン: 逃すことのできない場所。小さなテラスで作り立てのモヒートを楽しみつつ、お好きなタラの調理法を選びましょう…ボリュームタップリでおいしい!

Portugal 2, Rua Limoeiro, 1100-538 Lisboa, Portugal

Fado Na Morgadinha

食べて、伝統的なポルトガル音楽のファドを踊るのにピッタリの場所。バーからダンサーを眺めて、一杯飲むだけでも大丈夫です。

Largo Peneireiro 5, 1100-219 Lisboa, Portugal

Cruzes Credo

ビンテージのブランチ。ぜひ行きましょう!おいしいハンバーガー、新鮮なフルーツジュースと一緒に出されるサラダ: リスボンの通りを発見した後に活力を与えられる食事です。

R, Cruzes da Se 29, 1100-192 Lisboa, Portugal

O Prego

陽気な設定でハンバーガーやタパスを楽しめる場所。我が家のような雰囲気、やって来てのんびりしましょう、O Prego!

18, Largo Menino de Deus 14, 1100-375 Lisboa, Portugal

View

見るべきもの:ファド

ファドは伝統的なポルトガル音楽のスタイル。歌手がひとりで、またはひとりの歌手が数名の楽器演奏者(ギター、ポルトガルギター、時にバイオリンやチェロ)を伴って歌います。ファドは沈黙の中で聴かれ、多くの感情を提唱します(ポルトガル語のサウダージ)。

アルファマ地区にはファドを見つけられる場所が2か所あります:

Fado em Siはファドのすべての有名人を生み出した機関。すばらしい食事、4-5名のプロのファドの歌手が揃っていて、毎晩高品質のサービスを提供します: ファドのポルトガルの伝統を発見するのに理想的な場所です。

Arco de Jesus 7, Alfama, 1100-037

Museu do Fado (ファド博物館)では、テラスで屋外コンサートが定期的に開催されます。ファドの歴史のすべてを見つけるために...

Largo do Chafariz of Dentro 1

Fado