カルチャー & アート


セクションカルチャー & アートのすべてのHomeTown ブログ記事をこのページで見つけられます。

カルチャー & アート

シントラ、リスボンからの必見の入り口

5 年前 - Pauline P.

ポルトガルの首都から30㎞に位置するシントラは、リスボン滞在時に絶対に寄り道する価値ありの場所。1995年にユネスコの世界遺産に認定され、すばらしい風景やモニュメントを提供し、「壮麗なエデン」というニックネームがつけられています。1日またはそれ以上、驚きのたくさんの場所があるこの見逃せない目的地を発見しましょう。 見逃せない場所 シントラ宮殿 中世風・ゴシック・ロマンチックな建物の融合、14世紀にはじまった建設、シントラ宮殿は、ポルトガルで君主制が廃止となった1910年まで王室の拠点でした。特に壮大なアズレージョ - 有名なポルトガルのセラミックタイル – は王宮の多くの部屋に飾られていて、寄り道をする価値ありです。ムーア人の幾何学的なモチーフがある本物のムデハル・アズレージョを含む14~18世紀のアズレージョがあります。宮殿のもうひとつの驚きの部分である巨大な煙突は、台所を煙から守るために14世紀に建てられました。離れていても見ることができ、煙突がそんなに巨大である必要があった晩餐会の大きさを想像するでしょう! キンタ・ダ・レガレイラ ラ・キンタ・ダ・レガレイラは19世紀にシントラの歴史的街区に築かれた地所。錬金術・神話学・フリーメーソン主義・騎士団への参照で、宮殿の建築と庭園のデザインの両方が囲んでいました。建築作品の質に等しく、リリースされた象徴主義で魅惑的な領域です。ミステリアスな宮殿とエデンのような庭は、こういった理由で目立っています。 特に深さが30メートルほどのイニシエーションの井戸を見つけることができます。生と死、天国と地獄の象徴主義を表していて、いくつかのステージを通過してひとつが交差します(床で見分けます)。 宮殿を囲む様々な庭園・洞窟・湖は訪問者に問われるミステリー…レガレイラ公園への入り口付近はセテアイス宮殿。18世紀に遡りますが、現在はホテルに改造されています。ペナ宮殿(Palácio da Pena)、ムーアの城(Castelo dos Mouros)、はるか遠くの海が見える展望台に気軽に登りましょう… ペナ宮殿 ペナ宮殿はとても独特で、2007年にはポルトガルの七不思議のひとつとしてみなされました。ローマ主義の建築スタイルに従って建てられたヨーロッパ最初の宮殿で、おとぎ話のお城を描くのにディズニースタジオがインスパイアされたのはこの贅沢な建築です。明るい色とムーア人のインスピレーションがあり、外観はただ驚きです。庭園も田園風で、眺めがすばらしくその丘にある宮殿全体に驚嘆することができる「クルス・アルタ」を横切って登ることをお勧めします。 もっと時間があるならば ムーアの城 ムーアの城は、シントラ市を監視するためにマグレブのムーア人が19世紀に建てましたが、ポルトガルの征服後には放棄されました。高い銃眼付きの胸壁・要塞の壁・堅牢な城壁。訪問すると中世の時代に入り込みます。一番高いビューポイントからのシントラの丘と大西洋に伸びる平野のパノラマビューは桁外れです。 ケルス国立宮殿 ケルス国立王宮は、後のポルトガル王ペドロ三世が依頼し、1794~1807年の間、王室の夏の別荘となっていました。今もなおポルトガルの遺産の宝石であると考えられています:その飾りの富裕さ、当時最高の建築家の建設への関与、併せてフレンチスタイルの豪華な庭園は、多くの人にとってポルトガルのベルサイユです。宮殿の翼(よく)のひとつであるレディー・マリー・パビリオンは今日ではポルトガルを訪問する外国の主要客の居住場所です。 ウルサ・ビーチ ウルサ・ビーチ到着まで運動的なウォーク(サンダルではなく、スニーカーを準備しましょう)で30~40分ですが、報酬は努力の極み!非常に静かなビーチで、サラサラとした砂、ウルサとジャイアントとあだ名がついた岩の形成。そして特別な魅力を与えるビーチに名前をつけています… シントラへの行き方 シントラ到着に最も便利な方法は、恐らく列車です。リスボンの中心からロシオ駅まで直行列車があります。列車は朝7時~夜11時まで20分おきに出発していて、時間はたったの30分です。シントラ駅は列車の終点駅です:市の中心部に到着まで1.5㎞あります。バスシステムは路線434が市の中心部、3か所の宮殿まで駅とつないでいます。バスは40分おきに走行しているので少し待ち時間が長いかも知れません… 車の場合には、オフィス、ショップ、宮殿の営業前に早く到着しましょう。ペナ宮殿付近で駐車場を見つけることができるかもしれません。代わりに、駅付近の監視のないオープンエアの駐車場を楽しむことができます。そこからバス434に乗ってペナに行くことができます。

さらに読む
シントラ、リスボンからの必見の入り口

シントラ、リスボンからの必見の入り口

カルチャー & アート

ファド、ポルトガルのソウルミュージック

5 年前 - Pauline P.

2011年にユネスコによって人類の無形文化遺産に登録されたファドは多数の他の音楽のような地域の音楽ではなく、ただ人気があり、一般に年輩の人々に賞賛されている音楽。それどころかファドはポルトガルの人々の魂で、国内で例外なく尊敬されている哀歌。ファドの女王として知られている歌手アマリア・ロドリゲスの遺物は、リスボン・ナショナル・パンテオンに置いてあるほどです。 ポルトガル文化の全セレクションを発見するためには、ファディスタ(ファドシンガー)が毎晩歌うバーかレストランでファドの感情に心を奪われてみましょう。きっと感動するでしょう。 ファド、国のアイデンティティの柱 大抵はギターですが、撥弦楽器を伴うこの典型的な音楽は、失恋やかなわぬ愛、過去や死、悲しみや流浪者の繰り返しのテーマを引き出しています… ファドという言葉はラテン語の”Fatum”が由来で、意味は“運命”:感受性の強い人たちと彼らの過去の郷愁の運命。 ファド音楽の起源はハッキリとしないままですが、1820年代にリスボンの波止場に登場した、と認識されています:ポルトガル人の船乗りによって歌われた伝統的な曲の傾向、またはこの波止場で知れ渡ったブラジルとアフリカ音楽の融合でしょう。人気の界隈で最初に歌われたファドは、その後、高級化して専門化されました:マリア・セヴェーラは1850年代に最初に認識されたファディスタです。 2種類のファドが特徴となっています: 国の中心の一般的な街にあるコインブラ・ファドは、男性だけが歌います。これは大学の声楽で、大学で練習され、学生の歌手が黒いケープをまとって生徒を誘い込むために提供します。都市やそこを流れるリオ・モンデゴ川、生徒の人生や愛について語り、すばらしいポルトガルの詩人の原文も取り入れて利用します。 コインブラ・ファドとは逆に、リスボン・ファドは都市の人気の界隈が由来です。日常生活の小さな当たり前の話を語り、よく女性が歌います。 キャリアの間に170曲以上レコーディングをした「ファドの女王」として知られる有名なアマリア・ロドリゲスのおかげで、モダンなファドは今ではポルトガルやヨーロッパの国境に及ぶまで知られています。現在、ファドシンガーの新しい世代が現れていて、この音楽を非常に人気にしています。数名名前を挙げると、アントニオ・ザンブージョ, アナ・モウラ, マリーザ, クリスティーナ・ブランコ がいます。 リスボンのどこでファドを聴く?“必須”の場所 ポルトガル文化にどっぷりと浸かるためには、毎晩ファドシンガーが歌う多くのバーやレストランの中の1軒を訪れましょう: アルファマ地域にあるFado em Si。ファドのすばらしい名前がすべて生み出された施設があります。おいしい食事があって毎晩4~5人のプロのファドシンガーがいて、気配りをして敬意を払う観衆に最高のサービスを提供します:すばらしいファドのポルトガルの伝統を発見するのに理想的な状況です。 Arco de Jésus 7, Alfama, 1100-037 Museu do Fado(ファド博物館)はオープンエアコンサートが定期的にテラスで行われています。ファドのすべての歴史を発見するために… Largo do Chafariz de Dentro 1 リスボン大聖堂近くにあるDuetos da Sé。ハイブリッドなコンセプトが、食事、文化、音楽に現れています。この場所はファド音楽のクオリティだけでなく、他のポルトガル音楽も認識されています。行く前にプログラムを見てみましょう! Travessa Almargem 1B リスボンで最も伝説的なファドハウスのひとつSenhor Vinho。人気のファドの歌手、マリア・ダ・フェと彼女の旦那さまが1975年にオープンし、ここはポルトガルの首都の重要な文化的な場所となってきました。現在人気のファドシンガーであるアナ・モウラやアントニオ・ザンブージョのような多くのタレントが歌ってきました。 Rua do Meio à Lapa 18

さらに読む
ファド、ポルトガルのソウルミュージック

ファド、ポルトガルのソウルミュージック