カルチャー & アート


ファド、ポルトガルのソウルミュージック

5 年前 - Pauline P.

2011年にユネスコによって人類の無形文化遺産に登録されたファドは多数の他の音楽のような地域の音楽ではなく、ただ人気があり、一般に年輩の人々に賞賛されている音楽。それどころかファドはポルトガルの人々の魂で、国内で例外なく尊敬されている哀歌。ファドの女王として知られている歌手アマリア・ロドリゲスの遺物は、リスボン・ナショナル・パンテオンに置いてあるほどです。

ポルトガル文化の全セレクションを発見するためには、ファディスタ(ファドシンガー)が毎晩歌うバーかレストランでファドの感情に心を奪われてみましょう。きっと感動するでしょう。

ファドシンガー

ファド、国のアイデンティティの柱

マリーザ、ファドシンガー

大抵はギターですが、撥弦楽器を伴うこの典型的な音楽は、失恋やかなわぬ愛、過去や死、悲しみや流浪者の繰り返しのテーマを引き出しています…

ファドという言葉はラテン語の”Fatum”が由来で、意味は“運命”:感受性の強い人たちと彼らの過去の郷愁の運命。

ファド音楽の起源はハッキリとしないままですが、1820年代にリスボンの波止場に登場した、と認識されています:ポルトガル人の船乗りによって歌われた伝統的な曲の傾向、またはこの波止場で知れ渡ったブラジルとアフリカ音楽の融合でしょう。人気の界隈で最初に歌われたファドは、その後、高級化して専門化されました:マリア・セヴェーラは1850年代に最初に認識されたファディスタです。

2種類のファドが特徴となっています:

国の中心の一般的な街にあるコインブラ・ファドは、男性だけが歌います。これは大学の声楽で、大学で練習され、学生の歌手が黒いケープをまとって生徒を誘い込むために提供します。都市やそこを流れるリオ・モンデゴ川、生徒の人生や愛について語り、すばらしいポルトガルの詩人の原文も取り入れて利用します。

コインブラ・ファドとは逆に、リスボン・ファドは都市の人気の界隈が由来です。日常生活の小さな当たり前の話を語り、よく女性が歌います。

キャリアの間に170曲以上レコーディングをした「ファドの女王」として知られる有名なアマリア・ロドリゲスのおかげで、モダンなファドは今ではポルトガルやヨーロッパの国境に及ぶまで知られています。現在、ファドシンガーの新しい世代が現れていて、この音楽を非常に人気にしています。数名名前を挙げると、アントニオ・ザンブージョ, アナ・モウラ, マリーザ, クリスティーナ・ブランコ がいます。

リスボンのどこでファドを聴く?“必須”の場所

ファドのミュージシャン

ポルトガル文化にどっぷりと浸かるためには、毎晩ファドシンガーが歌う多くのバーやレストランの中の1軒を訪れましょう:

アルファマ地域にあるFado em Si。ファドのすばらしい名前がすべて生み出された施設があります。おいしい食事があって毎晩4~5人のプロのファドシンガーがいて、気配りをして敬意を払う観衆に最高のサービスを提供します:すばらしいファドのポルトガルの伝統を発見するのに理想的な状況です。 Arco de Jésus 7, Alfama, 1100-037

Museu do Fado(ファド博物館)はオープンエアコンサートが定期的にテラスで行われています。ファドのすべての歴史を発見するために… Largo do Chafariz de Dentro 1

リスボン大聖堂近くにあるDuetos da Sé。ハイブリッドなコンセプトが、食事、文化、音楽に現れています。この場所はファド音楽のクオリティだけでなく、他のポルトガル音楽も認識されています。行く前にプログラムを見てみましょう! Travessa Almargem 1B

リスボンで最も伝説的なファドハウスのひとつSenhor Vinho。人気のファドの歌手、マリア・ダ・フェと彼女の旦那さまが1975年にオープンし、ここはポルトガルの首都の重要な文化的な場所となってきました。現在人気のファドシンガーであるアナ・モウラやアントニオ・ザンブージョのような多くのタレントが歌ってきました。 Rua do Meio à Lapa 18