グルメ


甘さいっぱいのリスボン、リスボンのペストリーとティールーム

2 年前 - Julie D.

パステル・デ・ナタ、パステル・デ・ベレン:卵クリームがタップリ入ったこれらのタルトは世界中で有名になりました。それに誘起されて、ポルトガルはバニラとシナモンにうっとりする甘さとおいしさに溢れているというイメージがありますが、それは間違いではありません…

ドース・デ・オヴォシュ、ペストリークリームの道楽

パスティスは最初に思い浮かべるポルトガルのデザートですが、残念ながら大抵はそれが唯一のものです。しかし、リスボンに到着する訪問者は、アールヌーボーの味わいがあるティールームのショーケースの後ろに山積みに並べられて提供される豊富なケーキやペストリーに当惑することがあります。

ポルトガル人とリスボンっ子が – いわばすべてのソースであるペストリーのクリームを入れるために使うアートは驚くべきものではありません。「ドース・デ・オヴォシュ」、このおいしい卵クリームを何種類のケーキに詰めることができますか?無限のようです。

でも、なぜ卵クリーム?ポルトガルのペストリーシェフは毎日卵黄を何個使うのでしょう?ポルトガル全土に"doces conventuais"、「便利なペストリー」を発見させたのは修道士と修道女であったという伝統があります。修道院には逆の問題がありました。大量のワインを白くして、パンを作るために卵白を使った後に、そんなにたくさんの卵黄をどうしたらよいのだろう?と。ポルトガル植民地からやって来た大量の砂糖のおかげで回答が見つかりました。

リスボンのペストリーショップ

リスボン、甘い物好きな人のパラダイス

有名なパスティスを試したら、他の名物に移りましょう。例えばbolas de Berlim。ご想像通り、卵クリームを詰めたドーナッツ。ベルリーナー・プファンクーヘンのポルトガル版です。または、卵を10個以上、砂糖が200グラム以上、– そして形を作るために小麦粉がちょっぴり必要で、中に卵クリームを詰めたトルタ・デ・アゼイタオンがあります。

ポルトガルのケーキは、載せることと不思議を約束することを恐れません。それで喚起の名(“ceu”とは“天国”という意味)がある“toucinho de ceu”は、パラダイスへの鍵を与えてくれます…しかしそれだけではありません。"Toucinho"とはベーコンという意味。ふわふわとしたおいしさがありつつ、カロリーもあるこの「天国からのベーコン」は、従来、ラードで作れていて、現在ではバターに変えられています。かなりの量のバター、砂糖やアーモンドパウダーのほか、toucinho de ceuのその他の材料は?想像できないでしょう:卵黄です。

しかし、思うことと反して、ポルトガルのペストリーは砂糖と卵黄だけではありません。

チョコレートサラミシントラのケイジャーダなどの他の珍味の中で、シナモンとアイシングシュガーをふりかけた繊細なドーナッツの「夢」("sonhos")を発見することは必須。スターシェフのジョルジュ・メンデスのレシピはこちらにあります。

ブラジレイラのペストリーショップ

リスボンでペストリーを堪能する場所は?

家でこういうおいしいケーキを作ってみることができるなら(もちろん、卵黄の供給があるという条件で)、リスボンの有名なティーサロンを楽しく発見することもできます。多くの人々が気に入っている4店舗をこちらでご紹介しますが、小さな裏通りで見つかる隠れ家的なお店を自分で発見することを楽しむこともできます:日よけに魔法の言葉"fabrica proprio"がある「パステラリア」(カフェ)がたくさんあり、ペストリーがその場で作られているということを明らかにしています。

コンフェイタリア・ナシオナル

コンフェイタリア・ナシオナルは最古のベーカリー。1829年創立で、今日でも同じ家族が運営。設立者Balthazar Castanheiroの子孫の6代目となります。どの君主にも、すべてが名誉:王室となってから、王族大統領官邸の正式な供給者です。

その名声の犠牲となっている場所は、観光客にとても人気です。しかし巡礼の旅はこのペストリーの寺院でこだましています。開店時または夜遅くの人混みが少ない時にアズレージョを称賛して、とてもおいしいコーヒーやビールを飲みに来ることができます。

フィゲイラ広場, 18, 1100-241 Lisbon - +351 21 342 4470 – 毎日朝8時~夜10時、月曜は朝8時~夜8時、日曜は朝9時~夜10時

リスボンのおいしいペストリー

パステラリア・ヴェルサイユ

高級感溢れる正面の裏のパステラリア・ヴェルサイユのインテリアは、同名の宮殿の鏡のホールに引けを取りません:天井の回し縁の繊細な白い渦巻き型はグレーパールの背景とコントラストを成していて、燭台は輝き、ベストを着用したウェイターは驚きです。

長いサービスルームの中にはペストリーのショーケースを見るとよだれが出そうです。ホットチョコレート「ア・ラ・フランセーズ"」や「ア・ラ・エスパニョール」があり、ほかにはモザンビークの紅茶「chá preto de Moçambique」があります。

同じ店舗のglacierが最近同じ通りにオープンし、主なペストリーを数種類(no.21)提供しています。ベレン地区には支店もあります。

リベルダーデ大通り店, º 15 - A, 1050-185 Lisbon - +351 21 354 6340 – 毎日朝7:30~夜11:45

ヴェルサイユ・ベレン - Rua da Junqueira 528 / Calçada da Ajuda 8, 1300-314 Lisbon - +351 21 822 8090 – 朝7:30~夜11時

パステリア・スイッサ

パステリア・スイッサ

Rua da Betesgaで単に分かれている2軒のライバルパステリア・スイッサとコンフェイタリア・ナシオナルは、互いにファイアンス焼きの犬として見合っていますが、グルメの方にとっては選択する必要がありません。両店舗とも誠実です!

姉妹店ほど印象的でない外観の下でもパステリア・スイッサは洗練さを醸し出しています。ここでも新しくアイロンをかけられた厚い白いテーブルクロスは必須。そして長いショーケースにはデザートがぎっしりと詰まっていて、同じく印象的です。

パステラリア・スイッサ - Praça Dom Pedro IV, 96 to 104, 1100-202, Lisbon - +351 21 321 4090 – 毎日朝7時~夜9時

パステラリア・オリオン

贅沢さは控え目ですが、味では引けを取らないパステラリア・オリオンは、ティールームというよりも居心地の良い近所のカフェという外観です。このパステラリアは観光客の雑踏から少し離れていて、地元の人の方が多く訪れます。さらにすぐに常連客になることができます:他のもっと有名なペストリーの経歴とアンティークさはありませんが(実際1945年に創立されたばかり!?)、商品とレシピのクオリティとなると、パステラリア・オリオンは同等にうらやましい場所です。

パステラリア・オリオン - Calçada do Combro 1, 1200-012 Lisboa, Portugal - +351 21 342 0485 – 毎日朝7時~夜8時