Castelo de São Jorge

リスボン, Castelo


Castelo de São Jorge

"リスボンのテラスがあるこの名声あるアパートメントの驚きの眺め!すっごくお勧め!"

リスボン, Castelo
Convento da Graça

リスボン, Castelo


Convento da Graça

"サン・ジョルジェ城を見渡せるバルコニーを楽しめるなんて素敵"

リスボン, Castelo
Praça do Comercio

リスボン, Baixa


Praça do Comercio

"街の中心にあるこのアパートメントはリスボンの都市を発見するのに最高の場所にある。すばらしい滞在でした!"

リスボン, Baixa
Jardim da Cerca da Graça

リスボン, Castelo


Jardim da Cerca da Graça

"このアパートメントとパティオはリスボンでの滞在を桁外れのものにしてくれた"

リスボン, Castelo
Avenida da Liberdade

リスボン, Avenida da Liberdade


Avenida da Liberdade

"リスボンのこの驚くほど贅沢なアパートメントですばらしい週末を過ごせました!"

リスボン, Avenida da Liberdade
Jardim Augusto Gil

リスボン, Castelo


Jardim Augusto Gil

"リスボンでの私たちの休暇にプールは特別なタッチだった"

リスボン, Castelo
Patio Augusto Gil

リスボン, Castelo


Patio Augusto Gil

"アパートメントはとても快適で中心にあり、典型的なリスボンの近郊の史郎的な場所にあります。"

リスボン, Castelo
Contemporary Bica

リスボン, Bairro Alto


Contemporary Bica

"リスボン中心部の活気あふれる地区にある浴室2つ付きの広々としたアパートメント!"

リスボン, Bairro Alto
Conservatório Nacional de Música

リスボン, Bairro Alto


Conservatório Nacional de Música

"美しい装飾、眺めの良いすばらしいバルコニー、このリスボンのアパートメントのすばらしい界隈"

リスボン, Bairro Alto
Palácio de São Bento

リスボン, Príncipe Real


Palácio de São Bento

"リスボンの最高の地域、シアードにあるすばらしいバケーションアパートメント"

リスボン, Príncipe Real

最新ニュース


HomeTown リスボン blog offers you a selection of articles devoted to the destination リスボン, its news, culture, activities and of course, its people

ナイトライフ

クラブとナイトクラブ:リスボンで外出する場所

2 月前 - Julie D.

リスボンのナイトライフはアクティブで情熱的。誰もがディナーで会ったり、飲みに行き、(リスボン最高のトレンディレストラン、ベストバー、ルーフトップのアドレスをご覧ください)良い季節になると、長い夜を楽しみます。 リスボンの夜は遅く始まって終わります。午前2時、3時前にクラブにはあまり多くの人はいません。満員になるダンス・トラックを待っている間に、食事をして、パーティ地区のバイロ・アルトの裏通りのバーをはしごする時間はたっぷりあります。 ポルトガルの首都のクラブはそれぞれ独自の雰囲気を持っています。多くは波止場地域のカイス・ド・ソドレにある旧工場にオープンしました。誰もが好みの音楽をそこで見つけることができます:夏中踊る最新ヒット、それとも逆にすばらしいDJが揃っている所、ジャズ、エレクトロにワールドミュージック - ブラックメタルでも:音楽のお好みに応じてリスボンでは夜に外出します。 そして何も荒らすことを禁じません。ここでの夜、あそこでの夜、メインストリーム「前」、もっと新しいものの「後」。リスボンでクラブに行くには、どんな退出でも大丈夫です。だから偏らないようにしましょう - 好奇心から未知の音楽ジャンルに関連づけることができます。それが旅行の発見の一部だから! クラブクイーン:LuxFrágil、見て & 見られて ファットボーイ・スリムがここで演奏し、ジョン・マルコヴィッチがオーナーのひとり…LuxFrágilはリスボンのクラブランキングでいつも1位です。 この3階建ての巨大なクラブは「ネック・プルス・ウルトラ」:熱い夜にさわやかな空気を吸うためにテーガス川を見渡せるルーフテラスから、音楽のリズムに光るストロボスコープが照らすテクノの地階まで、見て & 見られるために行くクラブです。 リスボンのジェット族と行き違いますが、上級であると言う人は誰でも入口で選別されます。これは最高の洋服を着て、認められるチャンス:ここは「美しい人々」が会う場所です。 装飾は定期的に変更され、過剰な誘惑は手近にあります:巨大なスクリーン、巨大なアームチェア、天井から掛けられた巨大な電球。午前3時、4時ぐらいの早い時間にそこに行きます。 LuxFragil - Av. Infante D. Henrique, Armazem A, Cais da Pedra a Sta. Apolonia, 1950 - 376 Lisbon. 通の人のアフリカ音楽:B.Leza 2012年に波止場の旧工場へ移動したB.Lezaは美しい再生を理解しています。ここはリズムを揺さぶるファンのためのアフリカ音楽の伝説のクラブ。 需要あるアンゴラやカボベルデ音楽のヒップであるキゾンバ、センバ、フナナをマスターするハッピーな少数派の人が、特に非常に人気のワークショップ中にやって来て楽しみます DJとライブミュージックのオーケストラはすべてすばらしく、おしゃべりのエネルギーのある夜をお約束します。1か月に1度、日曜の夜にファドパーティ、夜7時からキゾンバレッスン、午前2時まではキゾンバの夜です。 B.Leza - Cais da Ribeira Nova, Armazem B, 1200-109 Lisbon - 水曜~日曜営業 ビッグクラシック:インコグニート、ミニステリウム いつでも最高のクラブとして名を挙げられるインコグニートとミニステリウムはリスボンのクラブやナイトクラブの中のすばらしいクラシック。 リスボン最古のクラブであるインコグニートは1988年から継続的に営業されています。まさにその通り。オルタナティブロックや80年代のシンセポップ、音楽のチョイスはインディーズ。中はダンスフロアを見渡せる中二階、その上の二番目のバーがあるロフトが息を呑むようなスペースを提供しています。ここでも入口での選別は些細なこと。その名に忠実にクラブは外に名前がないので、住所を見つけてベルを鳴らしましょう。 インコグニート - Rua Poiais of Sao Bento 37 (Bairro Alto), 1200-346 Lisbon コメルシオ広場にあるミニステリウムは旧財務省の建物にあるという事実でその名がついていて、魅力的に18世紀建築を伝えています。 ミニステリウムは土曜の夜限定のクラブであることにご注意ください。日中はレストラン(カンティーナ)でランチとディナーの洗練された料理を提供しています。 ミニステリウム - Terreiro do Paço, 1100-038 Lisbon - クラブは土曜の23時~6時 旧売春宿の痛烈な魅力:Pensão Amor このクラブバーは旧売春宿にオープンし、その名残があることに迷いはありません。ピンナップポスター、赤いベルベット、影のあるフリンジの装飾はテーマにあり、眺めから隠されているクラブの下は、控えめにセックスショップにもなっています。 静かなリラックスできる雰囲気で、飲みに来てさまざまなプログラムを楽しむことができます:コンサート(ジャズ、ソロアーティスト)、バーレスクキャバレー、ポールダンシング。 Pensão Amor - Rua do Alecrim 19, 1200-292 Lisbon 80年代のノスタルジック、2つの珍しい場所 夏の曲から離れてダンスをすることに興味がありますか?80年代のニューウェーブののるたるじっくには、クラブ・ノワールは80年代の音楽専門:インディーズ、インディトロニック、シンセウェーブ、レトロウェーブなどさまざまな流行が毎週土曜の夜に重んじられます。しかし、金曜はヘビーメタルとハードロックです。驚きのセッティングにすべて:クラブ・ノワールは旧トロピカルクラブのボラ=ボラのアーチ状の地下室に投資し、装飾を少し「キッチュ」に保っています。 クラブ・ノワール - Rua da Madalena 201, 1100 Lisbon - 金曜、土曜、祝祭日の前日 23時~4時 メインストリームミュージックとは無関係、べたであると非難されることを全く気にしないもうひとつのクラブメトロポリスは「ダークシーン」に着目しています。ポストパンク、ゴス、ダークウェーブ、ヘビーエレクトロのファンはここで見つけます。クラブは定期的にデペッシュ・モードまたはガンズ・アンド・ローゼズパーティのほか、ロックライントライブやVanguardaパーティを開催しています。(Facebookでイベントをご覧ください) メトロポリスクラブ - Av. Fontes Pereira de Melo 35, 1050 - 118 - Imaviz ビルディングの地下2階(シェラトンの隣の緑色のビル) こちらは成功するリスボンの夜のレシピ:観光の後にできるだけ時間を取ってリラックスして時間を過ごします。パーティへドレスアップして、リフレッシュして食事をしたら、リスボンのクラブやナイトクラブに行く準備完了。 ステージを踏み、大きな印象を与える時間です:休暇ベース、ちょっぴり好奇心を加える、熱をひとつまみ、淹れたてのビールやよく混ざったカクテルを数杯、楽しい会話で気前よくがぶ飲み、腹の底からの笑い、誘惑ちょっぴり、ちょっとしたおふざけには触れない。お好きなダンスフロアで音楽に全部混ぜます(シェイク、シェイク!)。 スタイリッシュな仕上げにすることは、朝早く帰宅すること。クタクタ。でもハッピー。頭は少しぼーっとしている、テーガス川に上る太陽を迎えましょう。

さらに読む
クラブとナイトクラブ:リスボンで外出する場所

クラブとナイトクラブ:リスボンで外出する場所

カルチャー & アート

ジョゼ・サラマーゴの足取りでリスボンを発見

2 月前 - Julie D.

小説好きな人にとって、有名作家の足取りの実際の場所を発見するほど楽しみなことはありません。幸運なことに活字中毒の方にリスボンは文化と歴史の街というだけではなく、何名ものすばらしい作家のソウルシティでもあります。 ノーベル文学賞受賞のジョゼ・サラマーゴの小説をご存知なれば、旧友のように楽しく見つけることができるでしょう。サラマーゴの見事な皮肉を込めた文章を知る機会がまだなかったならば、リスボンでの滞在はピッタリです! ジョゼ・サラマーゴの小説の人間の世界にどっぷりとつかって、次のリスボン滞在に備えましょう。 リスボンではジョゼ・サラマーゴ財団を訪問する、または登場人物の名前がつけられた小説のヒーロー「バルタザルとブリムンダ」の足取りであるマフラ国立宮殿につながっている「修道院回想録」の観光ルートをたどることができます。 心で見るリスボン:ジョゼ・サラマーゴ、あなたは誰? ジョゼ・サラマーゴは、1922年にリスボン北部の小さな村アジニャガで貧しい小作人の家族に生まれました。家族は出産した2年後にリスボンに移りました。当時、ポルトガル政府に反対していた論争後に1922年にランサローテ島に亡命するまで、生涯のほとんどをリスボンで過ごしました。 ピュアなリスボン。サラマーゴはこの街を愛し、隅々まで知り尽くしていました。しかしいつでも幼少時代の村であり祖父母の村であったアジャニガにこだわっていました。1998年のノーベル文学賞のスピーチでは、祖父母が想像力のセンス、自然を愛する心、ポルトガルの民間伝承に対する尽きない好奇心を与えてくれたと語っています。 近年の作品のひとつである「The Notebook」にはブログで初めて出版した多数の文章が入っていて、リスボンの本物のラブレターを書きました:「知るだけではなく、見たい。言葉の本当のセンスで、リスボンがあの頃どれだけ変わったのか。映画があるなら、古代の年代史家が写真家だったら、何世紀もの間リスボンが味わってきた1001の変化が記録されていたら、このリスボンの8世紀の成長を見て、生きるために行動し、数秒で開き、まだ閉じているボタンから形や色が最後に輝くまでテレビが見せるような花のように。このリスボンを何よりも愛して来た。」(The Notebook /Cherche-Midi出版、翻訳:Marie Hautbergue) 子供の頃に貧困を知っている:毎春、母親は質屋に家族のテーブルカバーを持って行き、お金を取り戻し、冬の初めに買い戻せることを願っていました…この困難のために、サラマーゴは優秀な生徒でしたが、私立大学に入れることができませんでした。機械学で働く前に技術の勉強をしました。貧しくて自分の本を持っていませんでしたが、サラマーゴはすでに読書家でした。19歳の時に友人からお金を借りて最初の本を買いました。 サラマーゴは翻訳家そしてジャーナリストになりました。多作のライターで、60歳で小説「修道院回想録」を発表して、ついに有名になるまで、膨大な数の記事、詩のコレクション、数冊の小説を発表しました。 2010年に亡くなり、灰はジョゼ・サラマーゴ財団がある「くちばしの家」の前の100年のオリーブの木の陰に埋められました。 くちばしの家 – ジョゼ・サラマーゴ財団 非常にかわいらしいCasa dos Bicos、「くちばしの家」という意味で、非常に興味深い16世紀のポルトガル建築の模範です。ポルトガル領インド諸国の総督アルブケルケのために1532年に建てられ、正面は尖った石で装飾されました。アルブケルケは建設を監視しましたが、フェラーラのディアマンティ宮殿のようなイタリアンルネッサンスの手本に感化されたようです。 「くちばしの家」は1755年の地震でひどい被害を受けました。上層階は1983年に2フロアだけ再建され、二重窓にして元の外観を尊重しました。 2012年までに、ジョゼ・サラマーゴ財団を開催しています。ノーベル文学賞受賞者の生活と作品の紹介を目的として恒久的に展示します。 くちばしの家 – ジョゼ・サラマーゴ財団 - Rua dos Bacalhoeiros, 10, 1100-135 Lisbonne – 開館時間:月曜~土曜 10~18時 サラマーゴのリスボンからマフラまで足取り:「修道院回想録」のルート 最近開始された新しい文化ルート「修道院回想録」はジョゼ・サラマーゴの小説にひらめきを与えた実際の場所で気持ちの良い小旅行をする機会を提供してくれます。 ルートはリスボンのフィゲイラ広場から始まり、「くちばしの家」を抜けて、サカヴェンへと続いています。そこで訪問者は市立図書館アリ・ドス・サントスへの文化ルートで情報センターを見つけます。それからLouresに到着し、街の遺跡をいくつか見ることができます。ルートはマフラで終わりますが、もちろん国立宮殿があって小説への背景として取り扱われています。まだ開始されたばかりのこの文化ツアーはウェブサイトとアプリが入る予定です。 バルタザルとブリムンダはこの旅のガイドとして務める小説です。マフラ宮殿建設中の18世紀に私たちを連れて行ってくれます。小説では宮殿建設に関わる片腕の作業員、バルタザルと、並外れた透視能力を備えた若い女性ブリムンダの愛を語っています。彼らは魔法の飛行機の開発に参加しますが、宗教裁判がこのすべてをよく見ることはありません… マフラ国立宮殿 文学ルートの終わりは、リスボンから40㎞離れたアラビダ地方のアラビダマフラ国立宮殿です。 跡継ぎ誕生を祝うために、ジョアン5世はフランシスコ会修道院を建設する約束を守りました。元々、清貧を誓った13名のフランシスコ会修道士が住むためにシンプルで厳格な修道院でした。しかしプロジェクト開始の2年後、ジョアン5世は心変わりしました:ポルトガル植民地のブラジルの金のおかげで、王冠のケースがあふれ、ジョン5世は控えめな修道院ではなく、ロイヤルファミリーの2番目の家かつハンティングロッジとして使う高価な宮殿を建設することにしました。 4エーカー、1,200の部屋、156の階段、29の庭園。ジョアン5世は少なくとも何も拒まなかったと言えるでしょう!地域の大理石と石ですべて建てられた宮殿は、当時最高のイタリアの巨匠たちに注文された彫刻や絵画で贅沢に装飾されています。 現在では36,000冊の巨大な図書室、バシリカのオルガン6台、ポルトガルのベルサイユの名に値するバロックの名作であるこの宮殿の贅沢な装飾を堪能することができます…サラマーゴのヒーローたちが言ったことは、宮殿が完成せずして死ねるものか!

さらに読む
ジョゼ・サラマーゴの足取りでリスボンを発見

ジョゼ・サラマーゴの足取りでリスボンを発見

カルチャー & アート

リスボン近郊地の訪問:リスボンに住む7通りの方法

3 月前 - Julie D.

七丘の都はさまざまな近郊地で有名です。訪問するリスボンのすべてのメインエリアは個性的で独自の魅力があります。行ってみると街に住む7通り(またはそれ以上!)のとてもさまざまな方法を発見します。7つの丘、リスボンの7つの地域の訪問… ポルトガルの首都は多分魔法の数への魅力を備えています! 北から南、東から西へとガイドに従って、リスボン近郊訪問の特殊性の真価を認めましょう。 リスボン国際広場 このリスボンの近郊は最近のもので、1998年リスボン万博向けに改造されて大きく再建されました。旧工業荒廃地が改装されて注ぎ込まれた途端に1,100万人もの訪問者を受け入れることができました。 現在、リスボン国際広場は皆に開放されていて、テーガス川の岸にある庭園を楽しむ、またはヨーロッパ最大の海洋博物館を訪問することができます。この海洋博物館は、2017年に世界最高の海洋博物館にも投票されました。5百万リットルの海水を使用し、海の動物や植物を発見することができます。しかし、魚だけを見るわけではありません。かわいらしいラッコやペンギンもいて、哺乳動物と鳥が海洋生態系でであることも思い出させてくれます。家族のプログラムにピッタリです。 リスボン海洋博物館 – リスボン国際広場 – 毎日営業、冬季 午前10時から夜7時まで。夏季午前10時から夜8時まで。(12月25日の午前中、1月1日は休業) - 入場料:大人 16.20ユーロ、4-12歳と高齢者 10.80ユーロ。 お買い物好きな人には、万博の元メインエントランスがショッピングセンターに改造されました。ヴァスコ・ダ・ガマ ショッピングセンターには主な海外ブランドが集まっています。 ヴァスコ・ダ・ガマ ショッピングセンター - 国際広場 – 毎日午前9時から夜中まで、ショップは午前9時から夜中まで アルファマ アルファマはリスボン訪問では最古の近郊地区。1755年の地震にも耐え、その名前は温泉を意味するアラビア語のアル-ハマ(Al-Hamma)が由来です。歴史的にはテーガス川にある漁師と水夫の地域で、人気地域としての名声が今も残っています。魅力的な中世の通りの迷路。1147年にカトリック教徒が再奪取する前に、最初の「ムーア人の城」であったサン・ジョルジェ城の記念碑もあります。城からのテーガス川と街の眺めはすばらしいものです。 リスボン近郊の他のパノラマビューを楽しむためには、多数ある展望台や見晴らし台のひとつに行くべき。城からさほど遠くないサンタルチア展望台は、高所で休憩することができます。 アルファマのその他の記念碑はリスボン大聖堂。簡単に「セ大聖堂」と呼ばれています。カトリック教徒の再征服を祝うために1147年の城占領時に建設が始まりました。オーガスタス – そして簡素な – ゴシック様式の灰色の石の記念碑で、多数の栄枯盛衰を体験してきました。 バイシャまたはバイシャ・ポンバリーナ テーガス川沿いに進み続けると、リスボン訪問で最も有名な近郊地のひとつに到着します:バイシャ。言い換えれば下の街です。1755年の地震以降に革新的な建築と都市主義に基づいて建築されたラ・バイシャはエレガントで軽快な近郊地。通りが適切な角度で交差している格子床の幅広い大通りがあります。 テーガス川の岸の右には、幾何学模様を形成しているかわいらしい玉石のコメルシオ広場の美しさを鑑賞することができます。中央ではホセ1世の記念像が中心として役割を放していて、公園のあたり一帯のアーケードはショップとカフェの中心地です。 このリスボンの近郊地を堪能するためには、アウグスタ通りのような美しいよく整えられた通りを歩くのがベストです。コメルシオ広場から訪問可能な壮大な空中にかかる凱旋門の下を通ります。2.50ユーロでエレベーターと2つの階段で頂上に到達することができます。 アウグスタ通りにはMUDE、ファッション博物館があり、すばらしい20世紀のデザインコレクションを揃えています。 MUDE - Rua Augusta 24, 1100 4月または9月にリスボンに行くならば、地下のミステリアスなローマギャラリーを発見するチャンスがあるかも知れません。1年で数日しかオープンしておらず、登録が必要です。この機会をお見逃しなく! Galerias Romanas da Rua da Prata - Rua da Prata 77, リスボン 1100 – 026 シアード アウグスタ通りからシアードに進み続けると、リスボンで最も有名なショッピングエリアのひとつに到着します。シックな近郊地シアードはすばらしいショップ、衣類、本、ジュエリーだけでなく、博物館やカフェも満載です。アズレージョのフレスコで装飾された見事な外観を備えたフェルナンド・ペソアごひいきのコーヒーA Brasileiraがあります。 Café A Brasileira - 120 Rua Garrett, リスボン 1200-205 – 毎日午前8時~午前2時営業 本当にポルトガルのものをもたらし、国の若いクリエーターを発見するためには、ア・ヴィーダ・ポルトゲーザに行くべき。以前の投稿で話したアリババの洞窟です。 シアードはリスボン訪問で最も美しい地域のひとつ。裏通りの角あるいは小さな広場の角で秘密をずっと発見し続けます。例えばカモンエス広場。すばらしい白い石の外観と小さなアールデコスタンドがあって、遠回りをする価値があります。シアードとバイロ・アルドの境界を示しています。 バイロ・アルト 日中は眠り夜に活動するバイロ・アルトは夜型の人の近郊地。20年以上の間、一杯飲むのに友達と会い、美しい夏の夜を楽しむならここです。 たくさんのお勧めの場所の中からの我々のお勧めはポルタス・ラルガス。カクテルが豊富です。モヒートファンならクルービ・ダ ・エスキーナに行きましょう。大胆な人は「Pontapé」、「キック」を求めてアローシュ・ドースへ行きましょう。どこでも、いや、ほとんどどこでもライブミュージックやクレージーなパーティがあります! ポルタス・ラルガス - R. Da Atalaia 105, 1200-037 クルービ・ダ ・エスキーナ – R. Da Barroca 30, 1200-036 アローシュ・ドース – R. Da Atalaia 119, 1200-383 ベレン 有名なベレンのパステルの故郷、ベレンで会うために4月25日橋を今、通るべきです。地域のエンブレムはベレンの大きな防衛塔で、テーガス川の入り口をガードしています。その優雅な銃眼で、遠くからで認識できます。 人目を引くマヌエル様式の白い外観の白いジェロニモス修道院は彫刻の優美さが印象的ですが、特に修道院と聖メアリー教会の彫刻はすばらしいものです。この巨大で高価な建築のアンサンブルはルネッサンス発見のすばらしい航海のおかげで資金調達されました。この旅行は1960年に開始式を行った発見のモニュメントでお祝いされます。 ベレンの塔 - Av. Brasília, 1400-038 - 冬季 午前10時~午後5:30、夏季は午後6:30まで。月曜、一部祝祭日定休日 ジェロニモス修道院 - Praça do Império 1400-206 - 冬季 午前10時~午後5:30、夏季は午後6:30まで。月曜、一部祝祭日定休日 発見のモニュメント - Av. Brasília, 1400-038 - 午前10時~午後6時。冬季の月曜休業。夏は毎日営業、午後7時まで。一部祝祭日は休業。 アルカンターラ これがリスボンのメインの近郊地のラスト、アルカンターラ。テーガス河口の波止場周辺地域です。ベレンから川沿いの遊歩道を4月25日橋まで心地よく歩きます。1990年代から、アルカンターラはナイトクラブ地域になっています:商業用建物で住居地域と分けられていて、パーティに行く人は住人に迷惑をかけずに夜を楽しむことができます。 日中には波止場「ドッカ・デ・サント・アマーロ」にある多数のレストランの1軒を訪問することもできます。ドック・コッドではマリーナの上のすばらしいセッティングの中、伝統的なバカラオのほか、薪の火で焼いたグリルミートを提供しています。少し離れたところではレストランArdemarが典型的なポルトガルテイストを取り入れたおいしい地中海料理を提供しています。 ドック・コッド - Doca de Santo Amaro, Armazem 16, 1350-353 Ardemar - Docas of Santo Amaro, Armazem 4, 1350-353

さらに読む
リスボン近郊地の訪問:リスボンに住む7通りの方法

リスボン近郊地の訪問:リスボンに住む7通りの方法

すべてのニュースを見る