Castelo de São Jorge

リスボン, Castelo


Castelo de São Jorge

"リスボンのテラスがあるこの名声あるアパートメントの驚きの眺め!すっごくお勧め!"

リスボン, Castelo
Jardim da Cerca da Graça

リスボン, Castelo


Jardim da Cerca da Graça

"このアパートメントとパティオはリスボンでの滞在を桁外れのものにしてくれた"

リスボン, Castelo
Avenida da Liberdade

リスボン, Avenida da Liberdade


Avenida da Liberdade

"リスボンのこの驚くほど贅沢なアパートメントですばらしい週末を過ごせました!"

リスボン, Avenida da Liberdade
Jardim Augusto Gil

リスボン, Castelo


Jardim Augusto Gil

"リスボンでの私たちの休暇にプールは特別なタッチだった"

リスボン, Castelo
Palácio de São Bento

リスボン, Príncipe Real


Palácio de São Bento

"リスボンの最高の地域、シアードにあるすばらしいバケーションアパートメント"

リスボン, Príncipe Real
Conservatório Nacional de Música

リスボン, Bairro Alto


Conservatório Nacional de Música

"美しい装飾、眺めの良いすばらしいバルコニー、このリスボンのアパートメントのすばらしい界隈"

リスボン, Bairro Alto
Contemporary Bica

リスボン, Bairro Alto


Contemporary Bica

"リスボン中心部の活気あふれる地区にある浴室2つ付きの広々としたアパートメント!"

リスボン, Bairro Alto

最新ニュース


HomeTown リスボン blog offers you a selection of articles devoted to the destination リスボン, its news, culture, activities and of course, its people

カルチャー & アート

リスボン近郊地の訪問:リスボンに住む7通りの方法

1 月前 - Julie D.

七丘の都はさまざまな近郊地で有名です。訪問するリスボンのすべてのメインエリアは個性的で独自の魅力があります。行ってみると街に住む7通り(またはそれ以上!)のとてもさまざまな方法を発見します。7つの丘、リスボンの7つの地域の訪問… ポルトガルの首都は多分魔法の数への魅力を備えています! 北から南、東から西へとガイドに従って、リスボン近郊訪問の特殊性の真価を認めましょう。 リスボン国際広場 このリスボンの近郊は最近のもので、1998年リスボン万博向けに改造されて大きく再建されました。旧工業荒廃地が改装されて注ぎ込まれた途端に1,100万人もの訪問者を受け入れることができました。 現在、リスボン国際広場は皆に開放されていて、テーガス川の岸にある庭園を楽しむ、またはヨーロッパ最大の海洋博物館を訪問することができます。この海洋博物館は、2017年に世界最高の海洋博物館にも投票されました。5百万リットルの海水を使用し、海の動物や植物を発見することができます。しかし、魚だけを見るわけではありません。かわいらしいラッコやペンギンもいて、哺乳動物と鳥が海洋生態系でであることも思い出させてくれます。家族のプログラムにピッタリです。 リスボン海洋博物館 – リスボン国際広場 – 毎日営業、冬季 午前10時から夜7時まで。夏季午前10時から夜8時まで。(12月25日の午前中、1月1日は休業) - 入場料:大人 16.20ユーロ、4-12歳と高齢者 10.80ユーロ。 お買い物好きな人には、万博の元メインエントランスがショッピングセンターに改造されました。ヴァスコ・ダ・ガマ ショッピングセンターには主な海外ブランドが集まっています。 ヴァスコ・ダ・ガマ ショッピングセンター - 国際広場 – 毎日午前9時から夜中まで、ショップは午前9時から夜中まで アルファマ アルファマはリスボン訪問では最古の近郊地区。1755年の地震にも耐え、その名前は温泉を意味するアラビア語のアル-ハマ(Al-Hamma)が由来です。歴史的にはテーガス川にある漁師と水夫の地域で、人気地域としての名声が今も残っています。魅力的な中世の通りの迷路。1147年にカトリック教徒が再奪取する前に、最初の「ムーア人の城」であったサン・ジョルジェ城の記念碑もあります。城からのテーガス川と街の眺めはすばらしいものです。 リスボン近郊の他のパノラマビューを楽しむためには、多数ある展望台や見晴らし台のひとつに行くべき。城からさほど遠くないサンタルチア展望台は、高所で休憩することができます。 アルファマのその他の記念碑はリスボン大聖堂。簡単に「セ大聖堂」と呼ばれています。カトリック教徒の再征服を祝うために1147年の城占領時に建設が始まりました。オーガスタス – そして簡素な – ゴシック様式の灰色の石の記念碑で、多数の栄枯盛衰を体験してきました。 バイシャまたはバイシャ・ポンバリーナ テーガス川沿いに進み続けると、リスボン訪問で最も有名な近郊地のひとつに到着します:バイシャ。言い換えれば下の街です。1755年の地震以降に革新的な建築と都市主義に基づいて建築されたラ・バイシャはエレガントで軽快な近郊地。通りが適切な角度で交差している格子床の幅広い大通りがあります。 テーガス川の岸の右には、幾何学模様を形成しているかわいらしい玉石のコメルシオ広場の美しさを鑑賞することができます。中央ではホセ1世の記念像が中心として役割を放していて、公園のあたり一帯のアーケードはショップとカフェの中心地です。 このリスボンの近郊地を堪能するためには、アウグスタ通りのような美しいよく整えられた通りを歩くのがベストです。コメルシオ広場から訪問可能な壮大な空中にかかる凱旋門の下を通ります。2.50ユーロでエレベーターと2つの階段で頂上に到達することができます。 アウグスタ通りにはMUDE、ファッション博物館があり、すばらしい20世紀のデザインコレクションを揃えています。 MUDE - Rua Augusta 24, 1100 4月または9月にリスボンに行くならば、地下のミステリアスなローマギャラリーを発見するチャンスがあるかも知れません。1年で数日しかオープンしておらず、登録が必要です。この機会をお見逃しなく! Galerias Romanas da Rua da Prata - Rua da Prata 77, リスボン 1100 – 026 シアード アウグスタ通りからシアードに進み続けると、リスボンで最も有名なショッピングエリアのひとつに到着します。シックな近郊地シアードはすばらしいショップ、衣類、本、ジュエリーだけでなく、博物館やカフェも満載です。アズレージョのフレスコで装飾された見事な外観を備えたフェルナンド・ペソアごひいきのコーヒーA Brasileiraがあります。 Café A Brasileira - 120 Rua Garrett, リスボン 1200-205 – 毎日午前8時~午前2時営業 本当にポルトガルのものをもたらし、国の若いクリエーターを発見するためには、ア・ヴィーダ・ポルトゲーザに行くべき。以前の投稿で話したアリババの洞窟です。 シアードはリスボン訪問で最も美しい地域のひとつ。裏通りの角あるいは小さな広場の角で秘密をずっと発見し続けます。例えばカモンエス広場。すばらしい白い石の外観と小さなアールデコスタンドがあって、遠回りをする価値があります。シアードとバイロ・アルドの境界を示しています。 バイロ・アルト 日中は眠り夜に活動するバイロ・アルトは夜型の人の近郊地。20年以上の間、一杯飲むのに友達と会い、美しい夏の夜を楽しむならここです。 たくさんのお勧めの場所の中からの我々のお勧めはポルタス・ラルガス。カクテルが豊富です。モヒートファンならクルービ・ダ ・エスキーナに行きましょう。大胆な人は「Pontapé」、「キック」を求めてアローシュ・ドースへ行きましょう。どこでも、いや、ほとんどどこでもライブミュージックやクレージーなパーティがあります! ポルタス・ラルガス - R. Da Atalaia 105, 1200-037 クルービ・ダ ・エスキーナ – R. Da Barroca 30, 1200-036 アローシュ・ドース – R. Da Atalaia 119, 1200-383 ベレン 有名なベレンのパステルの故郷、ベレンで会うために4月25日橋を今、通るべきです。地域のエンブレムはベレンの大きな防衛塔で、テーガス川の入り口をガードしています。その優雅な銃眼で、遠くからで認識できます。 人目を引くマヌエル様式の白い外観の白いジェロニモス修道院は彫刻の優美さが印象的ですが、特に修道院と聖メアリー教会の彫刻はすばらしいものです。この巨大で高価な建築のアンサンブルはルネッサンス発見のすばらしい航海のおかげで資金調達されました。この旅行は1960年に開始式を行った発見のモニュメントでお祝いされます。 ベレンの塔 - Av. Brasília, 1400-038 - 冬季 午前10時~午後5:30、夏季は午後6:30まで。月曜、一部祝祭日定休日 ジェロニモス修道院 - Praça do Império 1400-206 - 冬季 午前10時~午後5:30、夏季は午後6:30まで。月曜、一部祝祭日定休日 発見のモニュメント - Av. Brasília, 1400-038 - 午前10時~午後6時。冬季の月曜休業。夏は毎日営業、午後7時まで。一部祝祭日は休業。 アルカンターラ これがリスボンのメインの近郊地のラスト、アルカンターラ。テーガス河口の波止場周辺地域です。ベレンから川沿いの遊歩道を4月25日橋まで心地よく歩きます。1990年代から、アルカンターラはナイトクラブ地域になっています:商業用建物で住居地域と分けられていて、パーティに行く人は住人に迷惑をかけずに夜を楽しむことができます。 日中には波止場「ドッカ・デ・サント・アマーロ」にある多数のレストランの1軒を訪問することもできます。ドック・コッドではマリーナの上のすばらしいセッティングの中、伝統的なバカラオのほか、薪の火で焼いたグリルミートを提供しています。少し離れたところではレストランArdemarが典型的なポルトガルテイストを取り入れたおいしい地中海料理を提供しています。 ドック・コッド - Doca de Santo Amaro, Armazem 16, 1350-353 Ardemar - Docas of Santo Amaro, Armazem 4, 1350-353

さらに読む
リスボン近郊地の訪問:リスボンに住む7通りの方法

リスボン近郊地の訪問:リスボンに住む7通りの方法

ナイトライフ

リスボンで外出する場所は?リスボン最高のバー

1 月前 - Julie D.

リスボンはパーティピープル、夜型の人、その他の夜遊びをする人に両手を広げて待っています。街の別の地域のバイロ・アルトから旧波止場まで、バーが互いにフォローし合って、全部異なっています。最もトレンディなバーから最も歴史的なバーまでここにはリスボン最高のバーが数件あります。夜が終わるまでいつまでもいるのにすばらしい場所です。 最高の装飾のバー:Pavilhão Chinês 「チャイニーズ・パビリオン」は1986年以来建物を占めている伝統的な食糧雑貨店に名を保有しています。この有名なバーはリスボンに長い間あり、その評判は右に出るものがありません。1階の控えめな正面でほぼ止まらずに通り過ぎてしまいますが、いったん中に入るとそこは魔法:窓に覆われた壁がある迷宮の部屋に入り、古い食料棚には何千ものアイテムがごちゃ混ぜに蓄えられています。 かつでは米や砂糖のパッケージがあった店の窓の後ろにはおもちゃ、軍の記章、古い広告、変わったノスタルジアの全世界があります。アールデコの天井のモールディングが親密で風変わりな空気を添えています。快適なベンチに座って、この場所の魔法にさらわれましょう。 古いポスター、多関節の人形、これらのすべての物は建物の元オーナーLuis Pinto Coelhoのプライベートコレクションです:若いころからのコレクターで、開店の時に自分のコレクションでバーを飾ろうと決心しました。 バーは定期的にファド・ナイトを開催します。 Pavilhão Chinês - Rua Dom Pedro V 89, 1250-093 - Tel.: +351 21 342 4729 – 午後6時~朝2時、毎日営業。 最高に騙す秘密のバー:レッド・フロッグ・スピークイージー・バー 2017年世界のベストバー50にランク付けされたレッド・フロッグは、ロウソクの灯を灯した布張りの低いアームチェアと小さな丸いテーブルでうまくデザインされた装飾の中ですばらしいカクテルを提供します。飲み物の紹介はじっくりと考えられました。小さな赤いカエルがいくつかのフラスコの中に見つかり、花びらとドライフルーツが他の創作物が飾ります。カードにはカクテルが甘い、フルーティ、苦いかどうかが書かれています… 「誘発剤」に誘惑されますか?不思議な味わいのカクテルはヘンドリックのジン、ルバーブ、ピンクペッパー、コンブチャのブレンドです。バーに入るためには、ベルを鳴らさなければなりません – ベルを征服する赤いカエルへの挨拶の言葉を認識するでしょう。便利じゃないですか? レッド・フロッグ・スピークイージー・バー - Rua do Salitre 5A, 1250-198 - Tel.: +351 21 583 1120 – 午後8時~午前2時、金曜・土曜は午前3時まで、日曜定休 ひとつではないベストバー:ワイン・ウィズ・ア・ビュー これはとてもオリジナルなバーテラス。破壊的な太陽の下、サン・ジョルジェ城の高さを登ります…頂上に到着したら、喉を冷やしたくなります。 ワイン・ウィズ・ア・ビューがあなたを待っています:1965 Famel scooterを巧妙に改装し、イザベル、イーボ、テレサがグラスでポルトガルワインを提供しています。街で最も美しいパノラマのひとつの前で小さなヴィーニョ・ヴェルデやジンジャを楽しむことができます。本物のワインを発見する独特な落ち着いた方法。午後の終わりや穏やかに夕方に移行する時にピッタリです。 ワイン・ウィズ・ア・ビュー - サン・ジョルジェ城とベレンの塔 – 城 11~18時、ベレン 11~17時 歴史溢れる最高のバー:ア・パロディア すばらしいアールデコのセッティングのバー、ア・パロディアはPavilhão Chinêsのようにリスボンの夜の施設。独裁国家没落を誘発した1974年のカーネーション革命の2日後にオープンしたア・パロディアは20世紀初期に有名な風刺新聞に敬意を表して名づけられました。ベルベットのベンチと寄木細工のテーブル、雰囲気は洗練されていてビンテージです。ポルトガルワイン、すばらしい60種類のカクテルのメニュー(冷たいもの、または冬にリスボンを訪問する人にはホット)をすすりましょう。オーナーのフィリパは場所の中心人物。バーや街の歴史について喜んで質問に答えてくれます。 ア・パロディア - Rua do Patrocinio 26B, 1350-230 - Tel.: +351 21 396 4724 – 21~2時営業 - バーは喫煙です。 ベスト・アートバー:アルテ 8 バー リスボンの夜の中心、バイロ・アルトではアルテ 8が小さな宝石。壁には有名なポルトガルのカメラマンの作品があります。場所はすばらしい雰囲気で、海外のDJのおかげで良い音楽と、頭をクラクラさせるカクテルがあります。夜にはスマートな電光が天井に光の効果を演出し、部屋にボヘミアンタッチを与えるすてきなタッセルシャンデリアを生かしています。 アルテ 8 バー - Travessa da espera 54 Lisboa, 1200-176 - Tel.: +351 935 555 541 - 水曜・木曜 午後8時~午前2時、金曜・土曜 午後8時~午前3時、日・月・火曜定休 ベスト・ビアバー:リスビア アルファマ地区の裏通りの角に隠れているリスビアは良いビールしか置いてありません – それとすばらしい音楽。フレンドリーなオーナーの元で、国で一番幅広くビールを提供しています!さまざまな国から輸入したビールだけでなく、ポルトガルの小さな醸造所(Letra C, Dois Corvos)のビールも取り揃えていて、エールの熱狂者は魅了されます。快適にフィットする大きなアームシェアがあり、お好みの飲み物を味わえます。まだ決めていない人には、スタッフが好みや好奇心に応じて喜んでビールをお薦めしてくれます。 リスビア - eco do Arco Escuro 1, 1100-016 – 火曜~木曜 午後4時~午前1時、金曜・土曜は午前2時まで、日曜・月曜定休

さらに読む
リスボンで外出する場所は?リスボン最高のバー

リスボンで外出する場所は?リスボン最高のバー

ライフスタイル

エスタディオ・ダ・ルス、S.L.ベンフィカの歴史あるスタジアム

3 月前 - Julie D.

 ポルトガル人に関する共通の決まり文句は、熱烈なサッカーのサポーターであるということ。でも、この熱烈ぶりは、ある真実を隠しているかも知れません…だからこそ、熱心なラウンドボールファンでなくとも、エスタディオ・ダ・ルスへの訪問は欠かせないことです!実際に、リスボンのS.L.ベンフィカのスタジアムは、アズレージョ国立博物館のようにポルトガルの文化のハイライトのひとつです。 サッカーファンには、ベンフィカ・クラブのスタジアムの別名「大聖堂」の訪問の関心について説明する必要はありません。他の人にとっても、ルス地区へ乗り出すため理由をつけて納得できます。とりわけ、気が進まない人も納得させる念入りな訪問の間にエスタディオ・ダ・ルスへ訪問することは、世界で最も愛されるサッカークラブのひとつの伝説を見つけることです。 Sport Lisboa e Benfica, one of the three big Portuguese clubs 「スポルト・リスボア・イ・ベンフィカ」は世界中に1,400万人以上のファンがいて、2015年には世界で2番目に多いアクティブなメンバーを所有しました(FIFAによると、225,000名。バイエルン・ミュンヘンに続く)。2006年にはギネスブック記録によると1位となりました。数字を信頼するならば、ポルトガル人の47%、500万人以上が好きなクラブということです。 The Sporting Clube de Portugal、FC ポルトと一緒にS.L.ベンフィカは、Portuguese Primeira Liga Championshipの「ビッグスリー」クラブのひとつです: "Os Três Grandes"。このポルトガルのサッカーの3つの巨大なチームにはそれぞれ動物のマスコットがいて、プレーヤーにその名前も与えています:S.L.ベンフィカにはワシ、スポーティングにはライオン、FCポルトには竜です。 3つのクラブは、群衆を一体にする非常に期待できる試合で競います。歴史的な2チームのライバルS.L.ベンフィカとスポーティングC …「エターナル・ダービー」とも呼ばれる「リスボン・ダービー」で毎年競います。ベンフィカ-FCポルトの試合は「O Clássico」と呼ばれます。 スポーティングC.P.と対抗は、勝った試合数で一位を決定しますが、2つのクラブがランキングでタッチキーとなっています。しかし、イーグルスがライオンズ・オブ・スポーティングからエウゼビオ選手を「手に入れて」、ポルトガル領東アフリカ(まだモザンビークではなかった)に加わった時には、SLベンフィカが必ずしも良い役割がなく、低迷しました。 サッカーの「大聖堂」:エスタディオ・ダ・ルス 「スタジアム・オブ・ライト」または「大聖堂」というあだ名はベンフィカ地区に設置されたルス郡から名づけられました。しかし、純正主義者は、あだ名の起源について議論しました:照明器具が取り付けられた1958年まで、古いスタジアムは「エスタド・ド・カルニデ」と呼ばれていましたが、この瞬間に名前は「エスタディオ・ダ・ルス」に変わりました。 現在のエスタディオ・ダ・ルスはEuro 2004の試合を主催するために建てられ、2003年10月にオープンしました。64,000人以上収容できるポルトガル最大のスタジアムで、ヨーロッパ最大級のひとつです。とりわけ、Euro 2004の決勝戦が7月4日に(ポルトガル x ギリシャ: 0-1)、2014年5月にチャンピオンリーグの決勝戦(レアル・マドリード x アトレティコ・マドリード: 4-1)が開催されました。 1954~2003年まで運営された旧エスタディオ・ダ・ルスは、取り壊される前に同じ場所にありました。1954年11月1日に、絶対的な敵の対戦で開始されました:S.L.ベンフィカ 対 FCポルト – 3-1で勝ちました。 エスタディオ・ダ・ルス訪問 エスタディオ・ダ・ルスを訪問することは簡単です。総合チケットがあるとthe Cosme Damião Museumに行くこともできます。ガイドツアーは20分おきにはじまり、45分~1時間続きます。スタジアムは、12月25日と元日を除いて、毎日午前10時から午後5時まで開いています(12月24日・31日は午後2時に閉まります)。良いお知らせです。エキサイティングな訪問(ポルトガル語または英語)はあまりサッカー好きでない人にも興味があるものです。だから、ご家族やグループで行くことに後悔しません。 ガイドは、訪問者の更衣室、テラス、芝生、プレスルームのほか、クラブのエンブレムである有名なワシ(イーグルス)にも紹介します。このマスコットは、足にクラブカラーのリボンをつけて、試合の日にスタジアムの頭上を飛びます。後ろのカメラでは、観客の拍手喝采へとフィールドの中心に上陸する前に、ワシがスタンドの群衆の印象的な眺めを与えます。 エスタディオ・ダ・ルスで試合を見る もちろん、エスタディオ・ダ・ルスの試合に参加することは可能です。チケットは直接クラブのウェブサイトまたは次の試合にはさまざまなチケットカウンターで購入することができます。4つのスタンドと、スタンドの5レベルの選択があります。試合のスケジュールについては、こちらをご覧ください。 エスタディオ・ダ・ルス/エスタディオ・ド・スポルト・リスボア・イ・ベンフィカ - Museu Cosme Damião - Av. Eusebio da Silva Ferreira, 1500-313 Lisboa – メトロ「ブルーライン」コレジオ・ミリタール/ルスまたはアルト=ドス=モイーニョス駅 - スタジアムと博物館の総合チケット 17.5ユーロ、スタジアムのみ 12.5ユーロ、博物館のみ 10ユーロ S.Lベンフィカのエンブレムとモットー S.L.ベンフィカのエンブレムは、複数のシンボルを一体化していて、クラブとその価値の歴史を描いています。中央にサッカーボール(すぐに分かる!)、クラブのイニシャルがついたリボンとクロスしています:S.L.B. スポルト・リスボア・イ・ベンフィカ。 S.L.ベンフィカは1908年にふたつのクラブ、スポルト・リスボア(1904年設立)とグルッポ・スポルト・ベンフィカ(1906年設立)が合併したものです。盾はスポルト・リスボアのレガシーで、自転車車輪はグルッポ・スポルト・ベンフィカ由来です:当時の多数のスポーツクラブのようにG.S.B.は、サイクリングを含む複数のスポーツをグループ化していました。 赤と白の盾の上には、壮大さと独立のシンボルのワシと、クラブのモットーの「E Pluribus Unum」:「多数からひとつへ」。このモットーは、「In God We Trust」に変わる前には長い間、米国のモットーでした。このモットーはチームの精神を強調しています:「皆、自分のエゴと個人主義を控室に置き(悪霊は、一部の選手には簡単ではないと言うでしょう…)、チームメートと一体になる」。何十年も続くすばらしい紋章はクラブの精神で、初めから変わっていません。 S.L.ベンフィカのアンセム:«サー、ベンフィキスタ» アンセムは「クラブ・ルタドール」、ファイタークラブのことで「ライバルはいない/ポルトガルに」、そして赤いポピーのジャージを祝います。この曲は「ベンフィキスタであること」はただのサッカーファンのことではなく、それ以上であるということを思い出させます!ポーリーノ・ゴメス・ジュニアの作曲で、1953年4月16日に、エスタディオ・ダ・ルス建設の基金調達目的のイベント「saras」の時にテノール歌手のLuís Piçarraによって初めて歌われました。 エウゼビオ – 黒豹 エウゼビオ・ダ・シルヴァ・フェレイラは、伝説の名をまさにふさわしいプレーヤーです。スパイ映画に値するシナリオで、SLベンフィカ加入前は、スポルトの子会社でボールのテストを始めました…SLベンフィカは、実際にエウゼビオの母親を説得する方法を見つけ、そして、エウゼビオはスポルトにすでに約束されていました。エウゼビオはその後、怪しまれないように偽名でリスボンにやって来ました。 1960年代初期から1970年代半ばまで、SLベンフィカでプレイして、長くすばらしいキャリアを築きました:その年月の中で、SLベンフィカは、ポルトガルチャンピオンに11回輝き、エウゼビオのおかげで、クラブは1966年ワールドカップで3位となりました(トップしコアで9ゴール)。1965年には、エウゼビオはゴールデンボールも受賞しました。 ダイナモの伝説のゴールキーパー、レフ・ヤシンからゴールを奪った数少ないスコアラーのひとりです。ヤシンは彼の防御を破ったばかりのプレーヤーの手を温かく握りしめ、一生の友人となりました。1990年、ベンフィカ・メテオール・スタジアムの試合の直線にヤシンの死が報じられた時には、カメラがポルトガル代表団に向けられました:エウゼビオは熱い涙を流していました。 2014年にエウゼビオは76歳で亡くなった時には、ポルトガルは3日間の国喪を布告しました。エウゼビオの希望通り、偉大なサッカープレーヤーの遺体は、「黒豹」に最後の賛辞を捧げるためにやってきたポルトガルのファンが泣き叫ぶ中、エスタディオ・ダ・ルスを一周しました。入口にエウゼビオの彫像が証明する通り、エスタディオ・ダ・ルスは「彼の」スタジアムです。 次世代:S.Lベンフィカの新人 ベルギー出身の18歳のS.L.ベンフィカのゴールキーパー、ミレ・スヴィラルは、最近名を成してきました…良くも悪くも!2017年10月17日、スヴィラルは、18歳1か月で、チャンピオンリーグの最年少のゴールキーパーとしてプレイしました:「名門出の精神、価値は何年も待たない」。しかし、S.L.ベンフィカ対マンチェスター・ユナイテッドの同試合で、フリーキックの後にバックステップでゴールに入り、自分のチームにゴールを入れてしまいました。おっと。そこでクラブを敗戦に陥らせてしまいました。スコアは0-1でした。スヴィラルはファンに謝罪し、試合の終わりに悲しみに沈んでいました…加えて、オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドとの大きな試合をプレイすることがプレッシャーだったのでしょうか? 

さらに読む
エスタディオ・ダ・ルス、S.L.ベンフィカの歴史あるスタジアム

エスタディオ・ダ・ルス、S.L.ベンフィカの歴史あるスタジアム

すべてのニュースを見る