Palácio de São Bento

リスボン, Príncipe Real


Palácio de São Bento

""

リスボン, Príncipe Real
Castelo de São Jorge

リスボン, Castelo


Castelo de São Jorge

""

リスボン, Castelo
Jardim da Cerca da Graça

リスボン, Castelo


Jardim da Cerca da Graça

""

リスボン, Castelo
Avenida da Liberdade

リスボン, Avenida da Liberdade


Avenida da Liberdade

""

リスボン, Avenida da Liberdade

最新ニュース


HomeTown ブログはリスボン、そのニュース、文化、アクティビティ、そしてもちろんリスボンに住む人々に関する記事のセレクションを提供します。

グルメ

リスボンで最もトレンディなレストラン

4 月前 - Pauline P.

レストランで過ごす夜には、楽しいセッティングは大抵の場合、お料理の質と同じぐらい大事なこと。目と味蕾の楽しさの組み合わせを楽しむために、我々が選んだリスボンで最もトレンディなデザインレストランを発見しましょう! 100 Maneiras 洗練されたセッティング、すべて白色を基調とし、「テイスティング」強制メニューがある独特なコンセプトは料理とさまざまな味の発見につながります…シェフLjubomir Stanisicの才能とインスピレーションは、彼のテーブルへとリスボン全体を魅了していて、誰もがもっと食べたくなります。 Rua do Teixeira, 35, Encarnação Kais Kaisは巨大な業界スタイルのレストランに改装された19世紀の工場で、木製の家具や金属の建物がエレガントに融合し、オリーブの木がレンガの壁に向かって生えています。料理の洗練さのように場所のスペースに感動します。 Rua Cintura do Porto de Lisboa, Armazém 1 (Cais da Viscondessa) Bica do sapato 息を飲むようなテーグス川の眺め、そしてデザインフレームは放置されたままではありません。俳優ジョン・マルコビッチがかつて所有していたレストランBica do Sapato はオリジナルのお料理と最高品質を備えていて、リスボン必見の場所です。グルメとデザイン好きな人に確かな策。 Avenida Infante D. Henrique, Armazém B Largo パリのBuddha Barを所有していて、過去の回廊をトレンディなレストランに変えたのはデザイナーMiguel Cancio Martins。2013年にTime Out誌に首都にあるベストテーブル10に選ばれています。建物の石のアーチ型の天井とは対照的に壁に沿った水族館は発光クラゲとおしゃべり好きな人々で溢れています。メニューは洒落ているというよりもクラシックなものですが、それでも満足するものです。 Rua Serpa Pinto, 10A – 1200-445 Chiado Eleven エデュアルド VIIパークを見下ろす巨大なビルの中に、以前はリスボンでミシュランガイドに唯一登場したレストランElevenがあります。独特なパノラマと最もクリエイティブなお料理を提供しています。シェフのJoachim Koerperは、地中海料理に新鮮で最高品質の生産物を組み合わせてとても味わい深く仕上げています。もう1階上のビストロTwelveではタパスやリゾットが注目を浴びるもっと利用しやすいメニューを提供しています。 Rua Marquês da Fronteira Jardim Amália Rodrigues Pharmacia サンタ・カタリナ・ミラドールの前に位置するPharmaciaレストランは、薬学の世界を詳細に提供するかわいらしいファーマシー・ミュージアムの建物の中にあります。セッティングは完璧で、装飾は非常に美しく、気配りの行き届いたサービス、驚きのお料理を提供しています。いくつかの前菜が味蕾を驚かせる「サプライズ」メニューで自分自身を驚かせてみましょう。 Rua Marechal Saldanha 1 Tabik 2015年にCondé Nast Travelerにポルトガルのカリナリー・シーンの新星として選ばれました。シェフManuel Linoはずっと努力をしてきて、リスボンで最も人気があるテーブルにレストランTabikを定着させました。もっと現代風の技術と驚きの連想でポルトガル料理のクラシックを異なる視点から解釈しています。 Av. da Liberdade 41

さらに読む
リスボンで最もトレンディなレストラン

リスボンで最もトレンディなレストラン

カルチャー & アート

シントラ、リスボンからの必見の入り口

4 月前 - Pauline P.

ポルトガルの首都から30㎞に位置するシントラは、リスボン滞在時に絶対に寄り道する価値ありの場所。1995年にユネスコの世界遺産に認定され、すばらしい風景やモニュメントを提供し、「壮麗なエデン」というニックネームがつけられています。1日またはそれ以上、驚きのたくさんの場所があるこの見逃せない目的地を発見しましょう。 見逃せない場所 シントラ宮殿 中世風・ゴシック・ロマンチックな建物の融合、14世紀にはじまった建設、シントラ宮殿は、ポルトガルで君主制が廃止となった1910年まで王室の拠点でした。特に壮大なアズレージョ - 有名なポルトガルのセラミックタイル – は王宮の多くの部屋に飾られていて、寄り道をする価値ありです。ムーア人の幾何学的なモチーフがある本物のムデハル・アズレージョを含む14~18世紀のアズレージョがあります。宮殿のもうひとつの驚きの部分である巨大な煙突は、台所を煙から守るために14世紀に建てられました。離れていても見ることができ、煙突がそんなに巨大である必要があった晩餐会の大きさを想像するでしょう! キンタ・ダ・レガレイラ ラ・キンタ・ダ・レガレイラは19世紀にシントラの歴史的街区に築かれた地所。錬金術・神話学・フリーメーソン主義・騎士団への参照で、宮殿の建築と庭園のデザインの両方が囲んでいました。建築作品の質に等しく、リリースされた象徴主義で魅惑的な領域です。ミステリアスな宮殿とエデンのような庭は、こういった理由で目立っています。 特に深さが30メートルほどのイニシエーションの井戸を見つけることができます。生と死、天国と地獄の象徴主義を表していて、いくつかのステージを通過してひとつが交差します(床で見分けます)。 宮殿を囲む様々な庭園・洞窟・湖は訪問者に問われるミステリー…レガレイラ公園への入り口付近はセテアイス宮殿。18世紀に遡りますが、現在はホテルに改造されています。ペナ宮殿(Palácio da Pena)、ムーアの城(Castelo dos Mouros)、はるか遠くの海が見える展望台に気軽に登りましょう… ペナ宮殿 ペナ宮殿はとても独特で、2007年にはポルトガルの七不思議のひとつとしてみなされました。ローマ主義の建築スタイルに従って建てられたヨーロッパ最初の宮殿で、おとぎ話のお城を描くのにディズニースタジオがインスパイアされたのはこの贅沢な建築です。明るい色とムーア人のインスピレーションがあり、外観はただ驚きです。庭園も田園風で、眺めがすばらしくその丘にある宮殿全体に驚嘆することができる「クルス・アルタ」を横切って登ることをお勧めします。 もっと時間があるならば ムーアの城 ムーアの城は、シントラ市を監視するためにマグレブのムーア人が19世紀に建てましたが、ポルトガルの征服後には放棄されました。高い銃眼付きの胸壁・要塞の壁・堅牢な城壁。訪問すると中世の時代に入り込みます。一番高いビューポイントからのシントラの丘と大西洋に伸びる平野のパノラマビューは桁外れです。 ケルス国立宮殿 ケルス国立王宮は、後のポルトガル王ペドロ三世が依頼し、1794~1807年の間、王室の夏の別荘となっていました。今もなおポルトガルの遺産の宝石であると考えられています:その飾りの富裕さ、当時最高の建築家の建設への関与、併せてフレンチスタイルの豪華な庭園は、多くの人にとってポルトガルのベルサイユです。宮殿の翼(よく)のひとつであるレディー・マリー・パビリオンは今日ではポルトガルを訪問する外国の主要客の居住場所です。 ウルサ・ビーチ ウルサ・ビーチ到着まで運動的なウォーク(サンダルではなく、スニーカーを準備しましょう)で30~40分ですが、報酬は努力の極み!非常に静かなビーチで、サラサラとした砂、ウルサとジャイアントとあだ名がついた岩の形成。そして特別な魅力を与えるビーチに名前をつけています… シントラへの行き方 シントラ到着に最も便利な方法は、恐らく列車です。リスボンの中心からロシオ駅まで直行列車があります。列車は朝7時~夜11時まで20分おきに出発していて、時間はたったの30分です。シントラ駅は列車の終点駅です:市の中心部に到着まで1.5㎞あります。バスシステムは路線434が市の中心部、3か所の宮殿まで駅とつないでいます。バスは40分おきに走行しているので少し待ち時間が長いかも知れません… 車の場合には、オフィス、ショップ、宮殿の営業前に早く到着しましょう。ペナ宮殿付近で駐車場を見つけることができるかもしれません。代わりに、駅付近の監視のないオープンエアの駐車場を楽しむことができます。そこからバス434に乗ってペナに行くことができます。

さらに読む
シントラ、リスボンからの必見の入り口

シントラ、リスボンからの必見の入り口

ニュース

ポルトガルのクリスマスの伝統

5 月前 - Pauline P.

Feliz Natal!メリークリスマス!カトリック教に根底が深い国、ポルトガルはどの世代でもクリスマスの伝統を祝ってきました。美食、宗教的なお祝い、家族の再会…ポルトガルのホリデーシーズンのハイライトを見つけましょう! ダイニングテーブル、ポルトガルの家族の集まる場所 ポルトガルでは”Consoada”とはクリスマスイブのこと。ポルトガルのすばらしいお祝いの間には贅沢さではなく、豊富な食事が一緒になっています。クリスマスの食卓は、結局のところ贅沢な料理や高い製品以上に伝統がすべて浸透したシンプルながらもおいしい料理を味わう機会です。 タラがポルトガルの国の料理なら、この前提条件はクリスマス期間中も有効です。大晦日の日には、水で煮たシンプルなポテトとキャベツを添えた茹でたタラバカリャウ・コジードでもてなします。真夜中のミサの後に味わう多数のデザートを特に見据えて、どちらかと言えば質素な食事です。 各家庭では、テーブルがすべてデザートで埋めつくされています。伝統に乗っ取ってデザートのこのテーブルは数日そのままにしておき、ギフトを持って来たり、祝福の言葉を言いに来るすべての親戚を迎えます。その中でも、王冠の形の王様ケーキ ボーロ・レイはドライフルーツが入っていて、砂糖漬けのフルーツで飾られています。以前は、3人の賢明な王が小さなイエスを訪問したというカトリック教に従ってこのペーストリーは1月6日に出されていました。1月6日は、長い間、ギフトが交換される日でした。現在ではボーロ・レイはクリスマスの時期の間ずっと食べられます。 ポルトガルのライスプディングアローシュ・ドースもクリスマスの食卓の一般的なデザートの一部。レモンで軽く味付けしてあり、シナモンが飾られています。フレンチトーストと、よくブランデーとオレンジでほんのりと香りづけされてパンに使われるものと近い生地で作られる大きなドーナッツフィリョースも食べます。 宗教的な伝統がまだ非常に存在する 真夜中のミサにはまだポルトガルではよく訪問されます。Missa do Galoと呼ばれていて、意味は「雄鶏の集団」です。信条によると、雄鶏はイエス・キリストの誕生を祝って12月25日の朝に本当に鳴いたそうです。 サンタクロースが普及していても、小さなイエスによってもたらされる伝統に従って、ギフトを開けるのはミサの復活の時です。家族の間でまだ普及されているもうひとつの伝統として、家族のキリスト生誕の像の小さなイエスも取り付けます。ホリデーシーズン中に周りにあるすべてに見つかるクリスマスのベビーベッド:すべての家、教会、庭にも… クリスマスツリーの伝統は非常に近代のものですが、すぐに習慣となりました。証拠として、リスボンではヨーロッパ最長の62メートルの高さのイルミネーションが施されたクリスマスツリーが最近建てられています。 国中のこれらの伝統の存在 一部の地域では、富と繁栄のシンボルとして、クローブを刺したオレンジを提供する所があります。別の伝統もポルトガル中にまだ普及されています:12月8日に家族は種(小麦・大麦・エンドウ豆)を水に浸したコットンに蒔きます。種はそれからオレンジと一緒にベビーベットの近くに置きます。クリスマスイブの日に家族は繁栄のシンボルとしてテーブルにそれを置きます。 最後に、クリスマスの夜の間には、各町や村のミュージシャンやシンガーは通りを歩いて地元のドアの所で歌って演奏します。名前から想像できる通りほとんど1月に開催されますが、このイベントはジャネイラスと呼ばれています。

さらに読む
ポルトガルのクリスマスの伝統

ポルトガルのクリスマスの伝統

すべてのニュースを見る