Palácio de São Bento

リスボン, Príncipe Real


Palácio de São Bento

""

リスボン, Príncipe Real
Castelo de São Jorge

リスボン, Castelo


Castelo de São Jorge

""

リスボン, Castelo
Jardim da Cerca da Graça

リスボン, Castelo


Jardim da Cerca da Graça

""

リスボン, Castelo

最新ニュース


HomeTown ブログはリスボン、そのニュース、文化、アクティビティ、そしてもちろんリスボンに住む人々に関する記事のセレクションを提供します。

ニュース

ポルトガルのクリスマスの伝統

1 月前 - Pauline P.

Feliz Natal!メリークリスマス!カトリック教に根底が深い国、ポルトガルはどの世代でもクリスマスの伝統を祝ってきました。美食、宗教的なお祝い、家族の再会…ポルトガルのホリデーシーズンのハイライトを見つけましょう! ダイニングテーブル、ポルトガルの家族の集まる場所 ポルトガルでは”Consoada”とはクリスマスイブのこと。ポルトガルのすばらしいお祝いの間には贅沢さではなく、豊富な食事が一緒になっています。クリスマスの食卓は、結局のところ贅沢な料理や高い製品以上に伝統がすべて浸透したシンプルながらもおいしい料理を味わう機会です。 タラがポルトガルの国の料理なら、この前提条件はクリスマス期間中も有効です。大晦日の日には、水で煮たシンプルなポテトとキャベツを添えた茹でたタラバカリャウ・コジードでもてなします。真夜中のミサの後に味わう多数のデザートを特に見据えて、どちらかと言えば質素な食事です。 各家庭では、テーブルがすべてデザートで埋めつくされています。伝統に乗っ取ってデザートのこのテーブルは数日そのままにしておき、ギフトを持って来たり、祝福の言葉を言いに来るすべての親戚を迎えます。その中でも、王冠の形の王様ケーキ ボーロ・レイはドライフルーツが入っていて、砂糖漬けのフルーツで飾られています。以前は、3人の賢明な王が小さなイエスを訪問したというカトリック教に従ってこのペーストリーは1月6日に出されていました。1月6日は、長い間、ギフトが交換される日でした。現在ではボーロ・レイはクリスマスの時期の間ずっと食べられます。 ポルトガルのライスプディングアローシュ・ドースもクリスマスの食卓の一般的なデザートの一部。レモンで軽く味付けしてあり、シナモンが飾られています。フレンチトーストと、よくブランデーとオレンジでほんのりと香りづけされてパンに使われるものと近い生地で作られる大きなドーナッツフィリョースも食べます。 宗教的な伝統がまだ非常に存在する 真夜中のミサにはまだポルトガルではよく訪問されます。Missa do Galoと呼ばれていて、意味は「雄鶏の集団」です。信条によると、雄鶏はイエス・キリストの誕生を祝って12月25日の朝に本当に鳴いたそうです。 サンタクロースが普及していても、小さなイエスによってもたらされる伝統に従って、ギフトを開けるのはミサの復活の時です。家族の間でまだ普及されているもうひとつの伝統として、家族のキリスト生誕の像の小さなイエスも取り付けます。ホリデーシーズン中に周りにあるすべてに見つかるクリスマスのベビーベッド:すべての家、教会、庭にも… クリスマスツリーの伝統は非常に近代のものですが、すぐに習慣となりました。証拠として、リスボンではヨーロッパ最長の62メートルの高さのイルミネーションが施されたクリスマスツリーが最近建てられています。 国中のこれらの伝統の存在 一部の地域では、富と繁栄のシンボルとして、クローブを刺したオレンジを提供する所があります。別の伝統もポルトガル中にまだ普及されています:12月8日に家族は種(小麦・大麦・エンドウ豆)を水に浸したコットンに蒔きます。種はそれからオレンジと一緒にベビーベットの近くに置きます。クリスマスイブの日に家族は繁栄のシンボルとしてテーブルにそれを置きます。 最後に、クリスマスの夜の間には、各町や村のミュージシャンやシンガーは通りを歩いて地元のドアの所で歌って演奏します。名前から想像できる通りほとんど1月に開催されますが、このイベントはジャネイラスと呼ばれています。

さらに読む
ポルトガルのクリスマスの伝統
ショッピング

リスボンのショッピングブレーク、最も美しいブティック

1 月前 - Pauline P.

家におみやげを持って行くことは旅の魅力のひとつ。だからリスボンの見逃せない、またはオリジナルショップの私たちのセレクションを見つけましょう。スーツケースにちょっぴりリスボンの甘さを持って行くためには… コンセルヴェイラ・デ・リスボア 海外から冒険の缶を持ち帰ることは普通ではありません。しかし、リスボンの缶詰屋さんの職人の魚の缶グッズはとてもかわいくておいしいので、どんなリスボンのホリデーでもナンバーワンのギフトのアイデアになっています!本物のショップはオープンした1930年から変わっていません。 コンセルヴェイラ・デ・リスボア(rua dos Bacalhoeiros, 34) ア・ヴィダ・ポルトゥゲーザ 本物は、このコンセプトストアのキーワード。ひとつのバナーの下でポルトガルのベストをまとめています。お皿、歯磨き粉、ペン、石鹸、甘いお菓子、本、スニーカー…この古いグロッサリーストアでは、歴史と品質が備わったポルトガルのすべてが見つかるでしょう。ア・ヴィダ・ポルトゥゲーザのドアをくぐると、本物の旅が始まります:そこで子供時代の最高のもの、そして私たちの時間のベストセラーを見つけるでしょう… ア・ヴィダ・ポルトゥゲーザ、Rua Anchieta 11, 1200-023 Chiado ア・カリオカ バイロ・アルトのゲートでは、この場所は本当に驚くべきものです:世界の果てからやって来るお茶やコーヒーの香りに誘惑されている人もいれば、20世紀初期のアールデコにみとれている人もいます! ア・カリオカ、(rua da Misericordia, 9) LX ファクトリー アルカンターラの昔の使われていない工場の中にあるこのスペースには、本屋、レストラン、料理教室、ワークショップ、ビジネスインキュベーターが再編成していて、ファッショナブルなリスボンの場所になっています。クリエーション、コマース、あらゆるアイデアの場所。非常に成功した再建を備えた業界の世界では誰でもすべてがあります。 LX ファクトリー (rua Rodrigues de Faria, 103) レアル・スロー・リテール・コンセプトストア レアルは、特にずば抜けたデパートメントストアで、すばらしいデザイナーや一層シャープなセレクションを受け入れています。ここではすべて見つけることができます:衣類、アクセサリー、本、サングラス、子供のおもちゃ、デコレーショングッズ、スナックエリアではとってもおいしいベーグルも楽しめます!ショッピングブレークの歓迎する明るい場所では、非常に気配りの届くスタッフはカスタマーサービスから「ゆっくりとした小売」の本物のコンセプトに変わりました。 レアル (praça do Principe Real, 21) Cortico & Netos このショップの非常にオリジナルのコンセプト:4人の兄弟がアズレージョの在庫と、1940年代以降多数のタイルのシリーズの廃止製品を蓄えた祖父が設立した会社の産業陶器を販売することを決めました。結果:900以上のさまざまなデザインが2~6ユーロの間の価格で手に入れることができます。この家族の30年間の在庫は美しい木製の棚に保管されています。もっとモダンなアイテムも提供されています。 Calçada de Santo André 66, 1100-497 Lisboa

さらに読む
リスボンのショッピングブレーク、最も美しいブティック
キッズ

子供と一緒のリスボン、私たちのベストスポット

2 月前 - Pauline P.

子供と一緒の週末には、誰かが全員のためにきちんと計画をしなければなりません。そこで私たちはリスボンでの家族の外出に最高のアイデアをこちらに載せました。水族館、博物館、散歩… これらの場所は子供もご両親も楽しむことができ、家族全員の急速に貴重な思い出を残してくれます。 若者の望みにふさわしい博物館 博物館訪問の計画に子供たちは大喜び。しかし、これは子供たちの興味と情熱に合わせたテーマを約束する前にあったこと!歴史、冒険、自然の発見、リスボンは子供に優しい博物館がたくさんあります。 海洋博物館 豪華なジェロニモス修道院の中心にある海洋博物館は、新大陸を発見するために海を旅したすばらしい国家のひとつポルトガルの海に関する大作を追跡しています。実物大のキャラベル、ナビベーションツール、新進の冒険家は偉大な探検家たちの旅に浸ることを気に入るでしょう… 国立馬車博物館 リスボンの国立場所博物館は世界で最も重要なコレクションのひとつを一緒にもたらして、小さなプリンスとかわいいプリンセス全員の夢を叶えます。王族の栄華を発見する時間を超えた本物の旅。 マリオネット博物館 リスボンのかわいらしいマドラゴア地区にあるパペット博物館は美しい復旧された修道院の中にあります。博物館では、世界中の操り人形、人形、仮面を展示しています。シノグラフィーはすばらしくて、子供も大人も特定のキャラクターで遊ぶことができ、皆を楽しませます。 海洋水族館 ヨーロッパ最大の公共博物館である海洋水族館は、海洋保護の一般の意識を高めるために1998 国際博覧会中に建てられました。塩水500万リットルが入った巨大な水族館である中央の水槽にはエイ・サメ・赤翻車魚・ヒトデがいます・・4つの他の生態系(インド洋・大西洋・南極海・太平洋)が展示されていて、子供の目も大人の目も楽しませてくれるでしょう。必須! すてきな家族の散歩のための公園と庭園 リスボンは大抵美しくて暖かいので、家族と一緒に散歩して多数の公園や庭園を楽しみましょう。 ウルトラマール庭園 その名前だけで旅行への招待:外国の庭園、リスボンの熱帯植物園は、ヤシの木の小道・日本庭園・世界の果てから来たトロピカルなエッセンスであなたを楽しませてくれるでしょう… ベレン地区にあるthe Fabrica dos Pasteis in Belemを訪問して散歩を楽しみ、神秘的なリスボンのペーストリーであるおいしいパステル・デ・ナタを味わいましょう。 エストレラ庭園 目立たないながらも魅力的なエストレラ庭園は、同名のバシリカの隣にあり、アフリカ・インド・ブラジルからやって来たさまざまな種類の木がある小さな湖、池、泉の間を楽しく散歩することができます。遊び場やたくさんのアヒルやガチョウで子供たちは楽しめます。 Parque Infantil do Alvito 暑くなると、リスボンの人たちは涼しい場所に避難します:ショッピングセンター、シントラ…そしてモンサント。最後の場所は自然を楽しむのにピッタリの場所で、ピクニックエリア、ハイキング、山の自転車道、レクリエーションの公園があります。アルヴィット公園は、アルカンタラの方向のモンサント森林の南部にあります。最近改装されて、14才までのお子様向けの非常に安全で質の良い用具を提供しています。テラス、バーベキューエリア、サッカーの予約エリアもあります… 要するに家族のパラダイス! こういった場所すべてにおいて、週末に子供をリスボンに連れて行かない理由はありません!大きくて理想的な立地にある我々のリスボンのアパートメントは、家族のすばらしい目的地です。

さらに読む
子供と一緒のリスボン、私たちのベストスポット
すべてのニュースを見る