グルメ


リスボンでおいしいポルトガルワインを味わえる場所と方法

1 年前 - Valérie D.

人生にはボルドー、ブルゴーニュ、コート・デュ・ローヌだけではありません!ワイン好きな人は、ポルトガルがすばらしいワイン国であることを知っています。あまり知られていないポルトガルのぶどう畑には約30の生産地があります。有名なバーやリスボンのレストランのテーブルや、地域最高の飲み物に専念するぶどう園ツアーの間に見つけることができるさまざまなワイン製造。こんな風に穏やかに地域の香りにウキウキすれば、セラーやポルトガルの首都の専門店で見つけるワインを数本持ち帰らずにリスボンを離れることはできないでしょう。乾杯!

豊富なポルトガルのぶどう畑

ポルトガルのクリュとして、私たちはポルト、ヴィーニョ・ヴェルデ、マデイラを特に知っています。ルシタニアのぶどう畑にはそれでもさまざまな赤、白、スパークリングワイン種があって、どんな料理にもどんな場合にも合います。

リスボン自体には生産地が9か所ほどあります:南部のブセラス、コラレス、カルカベロス、中心にあるアレンクエール、アルーダ、ロリーニャ、オビドス、トーレス・ヴェドラス、北部のエンコスタス・ダイレ。例えば、ブセラスの白ワインは地元のイワシのお伴にピッタリ。シントラを訪問すると、さほど遠くない所でコラレスの赤ワイン、そしてその近くで国最高の白ワインの中からエストレマドゥーラワインを味わうことができます。白ワインの街のさらに南では、モスカテル・ダラビーダが製造されます。20~30年物は、甘くて黄金色。アペリティフやデザートにピッタリ。グリルしたお肉は、すばらしい赤ワインDâoが合います。濃厚な味わいの食事には、有名なポルトでもよく知られている北部の小さな地域のアレンテージョ、バライーダ、ドウロのワインを味わいましょう。

ポルトと言えば、アペリティフの時にフランス人が味わう、またはおいしいメロンを添えたスターターとしてしか知りません。イギリス人はチーズと併せることを好み、ポルトガル人は食後の一部として飲みます。ポルトガルの美酒のもうひとつのスターはもちろん、ヴィーニョ・ヴェルデ。その新鮮な春と早期の収穫の「グリーンワイン」の名を持っているのであれば(「ヴィーニョ・マデュロ」や「熟成ワイン」と異なって)、間違いありません。スパークリングワインは、白も赤もあります。最後に、ワイン地域ポルティマオンの日光の中で花咲くアルガルヴェのワインを忘れないようにしましょう。

こちらもアルガルヴェ原産のAmarguinhaは、甘くて苦いアーモンドリキュール。ポルトガルにはヴィンテージの多様性があって、国の有名なリカーを発見する楽しみは山ほどあります。リスボンでは決まってジンジーニャまたはジンジャが実際に首都の「逃せない」もの。このチェリーアルコールをカップの底にチェリーを入れるか入れないかは、あなた次第。最後に、暑い日にはお好みの国産ビールの新鮮さで喉をいつも潤わせることができます:サグレス、スーパーボック、クリスタル、インペリアル。

ポルトガルのぶどう畑の美しさ

ポルトガルワインの名称

ポルトガルワインは4つのカテゴリーに分けられる分類を前提としていることにご注意ください:DOC (Denominação de origem controlada)、IPR (Indicação de Provenção de Provençncia Regulada)、 VR (Vinhos Regionais。同義語は、"Vins de Pays")、そして最後にビノ・デ・メッサつまり「テーブルワイン」です。

DOCとIPRカテゴリーは欧州規制Q.W.P.S.R.(特定地域で製造される上質ワイン)に準じています。DOCの名称は、フランスのAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と同等です。この非常に高い味覚と香りの質があるワインは、国に属し、最高基準を満たしています(ぶどう品種、土の特性、アルコール含有量など)。DOCカテゴリーは、ポルト、Barraida、ピコ、その他有名なボトルの中からマデイラで見つかる中から毎年新しく選ばれるものを含めます。IPRに分類されるワイン(「管理された産地のしるし」と訳すことができます)はDOC名称を待って、この名を手に入れるために5年間観察されます。つまり、このIPRとはポルトガルワインの「新しいスター」の候補をキャストしています。「Vinhos Regionais」は上質で、決定された産地の条件を満たしていますが、DOC名称に課されているすべての規則を満たしていないものです。アルガルヴェ、アレンテージョ、エストレマドゥーラがそれにあたります。ポルトガルのテーブルワインにはすばらしい驚きがあるものもありますが、管理された名称の下においては、ほとんどは隣接の地の品質とは関わりがありません。ポルトガルワインの味わいと予算

リスボンでワインを楽しむにすばらしい場所

では、ポルトガルワインの伝統についてすべて分かったところで、残るはこれらのおいしいワインをリスボンで楽しめるすばらしい場所を見つけるだけ。首都では、ワイン学を専門とした場所は事欠くことはなく、おいしいワインが好きな人には、幅広い選択肢があるすばらしいワインのウェイターがいるビストラやレストラン、訪問すべきすばらしいセラーがあります。ワイン愛好家のためにリスボンで発見する場所を4か所選択してみました。

例えば、オールド・ファーマシーはバイロ・アルト地区にある絶対行くべきワインバー。気配りの行き届いたサービスは旧薬局の装飾で多数の顧客を出迎え、最高の「セラピー」アドバイスを与えてくれます…

まさに街の中心部にあるソムリエ・リスボンレストランは、名前の通りグルメ料理の選択があり、最高のワインと料理を併せていただくのにピッタリ。ワインリストには80以上の選択肢があります!

しかし、国中のワインを味わうことに完全に没頭している瞬間に熱中するための「マスト」は、コメルシオ広場に構えるポルトガルワイン委員会のアーチ状の部屋。選択するパッケージ料金では、さまざまなグラスワインを味わって、あらゆる種類のポルトガルのテロワールやヴィンテージを発見することができます。こちらではフレンドリーな場所で乾杯したり「ドリンクを飲む」だけでなく、探求します。ワインイベントやテーマのテイスティングも多数のアクティビティで提供されます。

それでは行きましょう。塗装された路地の曲がり角で典型的なジンジーニャのカウンターにもたれかかって楽しくやりましょう。リスボンにはこういう場所がたくさんあって、特に歩道にさくらんぼの種が落ちたロシオの近くでは簡単に見つかります。歴史的な場所はジンジーニャ・エスピンヘイラにあり、良心的な値段で1.10ユーロ。ボスがリスボンでとても愛されているおいしいチェリーリキュールを持って来てくれます(それ以外な何も。このためだけにそこに行きます!)。

オールド・ファーマシー: 83, R. do Diario de Notícias 73 – Lisbon

営業時間: 毎日17:30~0:00

ソムリエ・リスボン: Rua do Telhal, 57 – Lisbon

営業時間: 毎日18:30~0:45

ポルトガルワイン委員会 : Terreiro do Paco, Ala Poente – Lisbon

営業時間:11:00~18:30

ジンジーニャ・エスピンヘイラ: Largo de São Domingos, 8 – Lisbon

営業時間:毎日9:00~22:00

オールド・ファーマシー、リスボンで有名なワインバー

ポルトガルワイン文化を発見そして家に香りを持って帰る

ポルトガルワインのエキスパートになったところで、お好みのワインを味わい、今は自分のお気に入りがあるはず。少なくともすばらしいワインを1本持って帰らずして家に帰ることはできません。地域のワインルートで本物のツアーの思い出作りにぜひ!

必要なことは、大聖堂近くでトラム28番を降りるだけ。新しいショップセラーGNの後ろに有名なガラフェイラ・ナシオナルを見つけることができます。このワインショップでは最高のDOCからテーブルワイン、最もグリーンなヴィーニョから最古のヴィンテージに至るまで、ポルトガルワインが勢ぞろいしています。

地域のワイン学の探索をさらにするためには、ワイン街道の1日を試してみてはいかがでしょう。多数のツアーがあります。例えばお抱え運転手が迎えに来て、終日、地域の最もすばらしいセラーでテイスティングをしながら、最も名声あるぶどう畑を訪問し、魅力的な村でお買い物をさせてくれます。地元ワインの特性をすっかり満喫できるまったく感覚的な経験…ほどほどに飲んで楽しみましょう!

GN セラー -  Rua da Conceição, 20/26 - Lisbonne

営業時間: 毎日10:00~21:00

リスボン付近のワイン街道のオビドス村