ニュース


セクションニュースのすべてのHomeTown ブログ記事をこのページで見つけられます。

ニュース

リスボンのホリデー

9 月前 - Léa D.

伝統が融合した美食 ポルトガルでは「メリークリスマス」を”Feliz Natal" (フェリッツ・ナタウ)、クリスマスイブには"Consoada"と言います。 ポルトガルのクリスマスの食事は、1001種類の料理が並ぶようなとてつもないボリュームの料理ではありません:シンプルな夕食。家族がテーブルを囲んで伝統に浸っておいしい料理を楽しむ機会です。 言い伝えでは、人気のポルトガルのタラの調理法は1年毎日のレシピとして365通りあるそうです。クリスマスの日には、できるだけシンプルな方法で料理をします:バカリャウ・コジード。ジャガイモとキャベツと一緒に煮込みます。食後には特別に場所が必要。たくさんのデザートを置いておかなければなりません。ミッドナイト・マス(クリスマスの始まり)、言い換えれば「ミサ・ド・ガロ」、雄鶏のミサです。これは大事な宗教の伝統。ミサの再来は、デザートを味わって、プレゼントを開けるという感じ。子供にとって最大の楽しみです。 デザートリストは長くて、バラエティに富んでいます:一番有名なのはもちろん「ボーロ・レイ」。王冠の形をしたケーキの王様で、砂糖漬けのドライフルーツが入っています。普通は、プレゼントが配られてから、3人の賢者が赤ちゃんのイエスを訪問した象徴の1月6日まで出されるペストリーです。ライスプディング、フレンチトースト、パン生地、ブランデー、オレンジで作られたドーナッツのフィリョースもあります。パォンデローは卵を使ってオレンジやレモンで風味をつけたお菓子ですが、これもおいしいお菓子です。 クリスマス中のクリスマスの伝統は、家族がお互いに繁栄の象徴であるクローブをつけたオレンジをあげることです。他のヨーロッパの国々とは異なり、クリスマスのかごを好むポルトガルの家庭ではクリスマツリーはあまり見かけません。 最も多様なセレクション リール、ミュンヘン、アムステルダムなど多数の街に続き、リスボンはクリスマスを楽しむヨーロッパの街のベスト10に名を連ねています。レトロ、アンティーク、家族のショッピングには贅沢なブランドや知られているブランドが全部揃っています。誰もの好みに合うように、色々なテーマのさまざまなマーケットを選択してみました。 伝統的なクリスマスマーケット(Avenida da Igreja) 12月7日~16日には、このファミリーマーケットはカラフルでお祭り気分の雰囲気の中に迎え入れます。工芸品、おいしい料理、アニメーションのほか、サンタクロースもいます。温かい雰囲気の中で素敵な思い出を見つけて楽しい時間を過ごすのにピッタリです。 クラフト & デザイン (Jardim da Estrela) リスボンで最も美しい庭園のひとつ、エストレーラ公園にあるこのマーケットには陶芸、写真撮影、イラスト、宝石、ファッションなどのクリエーターや職人が揃っています。毎月第一週目の週末に開催されます。 カンポ・ペケーノ・クリスマスマーケット (カンポ・ペケーノ駅) カンポ・ポケーノの大きなアリーナには100以上の出店者がいて、ポルトガル限定のさまざまな製品を並べています。このマーケットで購入すると、小さな事業を行っている職人や国のクリエーターのサポートの手助けをすることになり、同時にあなたも楽しめます! タイムアウト・マーケット (リベイラ市場) リスボンで必須の場所。小さなお店が30店舗並んでいて、食事もできる屋根つきのマーケット。地元の特産品を買って、飲食を楽しむことができます。アイスクリームショップ、ペストリーシェフ、カクテルバー…選択肢は尽きません。 クリスマス中に輝くリスボン リスボンのクリスマスは、照明と色が溢れる冒険。街全体が美しいイルミネーションで飾られます。特にバイシャ地区は素敵です。 イルミネーションは12月1日~18日まで開催されます。有名なトレード・スクエアでは毎年、86,000以上の赤い電球で飾られた約30メートルのツリーがあなたを迎え入れます。 ワンダーランド・リスボア は逃せないイベント。エドワード7世公園がアクティビティを備えた魔法の世界に変わります:巨大観覧車、スケートリンク、手作り販売のカウンター… 楽しさ、ショッピング、くつろぎの場所です。 リスボンの街では、教会やその他の礼拝所で無料のコンサートのほか歌やショーも多数開催されます。 12月1日~1月6日には、屋内最大の移動遊園地Diverlandia,に行きましょう。Nations Parkで開催されます。プログラムには、さまざまな年齢向けのアトラクション、息を呑むようなアトラクションに乗りましょう! 同じカテゴリーでは、リスボンスタジアムの壮大なクリスマスサーカス、Circo no Coliseuを逃さないようにしましょう。 12月1日~16日に開催されます! スタイリッシュに決めるには、子供達をすばらしいアイスミュージカルショーに連れて行きましょう。Alice o Pais Maravilhas no gelo (アリス・イン・ワンダーランド・オン・アイス)。上演は2018年11月23日~2019年1月6日です。

さらに読む
リスボンのホリデー

リスボンのホリデー

ニュース

ポルトガルのクリスマスの伝統

2 年前 - Pauline P.

Feliz Natal!メリークリスマス!カトリック教に根底が深い国、ポルトガルはどの世代でもクリスマスの伝統を祝ってきました。美食、宗教的なお祝い、家族の再会…ポルトガルのホリデーシーズンのハイライトを見つけましょう! ダイニングテーブル、ポルトガルの家族の集まる場所 ポルトガルでは”Consoada”とはクリスマスイブのこと。ポルトガルのすばらしいお祝いの間には贅沢さではなく、豊富な食事が一緒になっています。クリスマスの食卓は、結局のところ贅沢な料理や高い製品以上に伝統がすべて浸透したシンプルながらもおいしい料理を味わう機会です。 タラがポルトガルの国の料理なら、この前提条件はクリスマス期間中も有効です。大晦日の日には、水で煮たシンプルなポテトとキャベツを添えた茹でたタラバカリャウ・コジードでもてなします。真夜中のミサの後に味わう多数のデザートを特に見据えて、どちらかと言えば質素な食事です。 各家庭では、テーブルがすべてデザートで埋めつくされています。伝統に乗っ取ってデザートのこのテーブルは数日そのままにしておき、ギフトを持って来たり、祝福の言葉を言いに来るすべての親戚を迎えます。その中でも、王冠の形の王様ケーキ ボーロ・レイはドライフルーツが入っていて、砂糖漬けのフルーツで飾られています。以前は、3人の賢明な王が小さなイエスを訪問したというカトリック教に従ってこのペーストリーは1月6日に出されていました。1月6日は、長い間、ギフトが交換される日でした。現在ではボーロ・レイはクリスマスの時期の間ずっと食べられます。 ポルトガルのライスプディングアローシュ・ドースもクリスマスの食卓の一般的なデザートの一部。レモンで軽く味付けしてあり、シナモンが飾られています。フレンチトーストと、よくブランデーとオレンジでほんのりと香りづけされてパンに使われるものと近い生地で作られる大きなドーナッツフィリョースも食べます。 宗教的な伝統がまだ非常に存在する 真夜中のミサにはまだポルトガルではよく訪問されます。Missa do Galoと呼ばれていて、意味は「雄鶏の集団」です。信条によると、雄鶏はイエス・キリストの誕生を祝って12月25日の朝に本当に鳴いたそうです。 サンタクロースが普及していても、小さなイエスによってもたらされる伝統に従って、ギフトを開けるのはミサの復活の時です。家族の間でまだ普及されているもうひとつの伝統として、家族のキリスト生誕の像の小さなイエスも取り付けます。ホリデーシーズン中に周りにあるすべてに見つかるクリスマスのベビーベッド:すべての家、教会、庭にも… クリスマスツリーの伝統は非常に近代のものですが、すぐに習慣となりました。証拠として、リスボンではヨーロッパ最長の62メートルの高さのイルミネーションが施されたクリスマスツリーが最近建てられています。 国中のこれらの伝統の存在 一部の地域では、富と繁栄のシンボルとして、クローブを刺したオレンジを提供する所があります。別の伝統もポルトガル中にまだ普及されています:12月8日に家族は種(小麦・大麦・エンドウ豆)を水に浸したコットンに蒔きます。種はそれからオレンジと一緒にベビーベットの近くに置きます。クリスマスイブの日に家族は繁栄のシンボルとしてテーブルにそれを置きます。 最後に、クリスマスの夜の間には、各町や村のミュージシャンやシンガーは通りを歩いて地元のドアの所で歌って演奏します。名前から想像できる通りほとんど1月に開催されますが、このイベントはジャネイラスと呼ばれています。

さらに読む
ポルトガルのクリスマスの伝統

ポルトガルのクリスマスの伝統