ライフスタイル


セクションライフスタイルのすべてのHomeTown ブログ記事をこのページで見つけられます。

ライフスタイル

エスタディオ・ダ・ルス、S.L.ベンフィカの歴史あるスタジアム

1 年前 - Julie D.

 ポルトガル人に関する共通の決まり文句は、熱烈なサッカーのサポーターであるということ。でも、この熱烈ぶりは、ある真実を隠しているかも知れません…だからこそ、熱心なラウンドボールファンでなくとも、エスタディオ・ダ・ルスへの訪問は欠かせないことです!実際に、リスボンのS.L.ベンフィカのスタジアムは、アズレージョ国立博物館のようにポルトガルの文化のハイライトのひとつです。 サッカーファンには、ベンフィカ・クラブのスタジアムの別名「大聖堂」の訪問の関心について説明する必要はありません。他の人にとっても、ルス地区へ乗り出すため理由をつけて納得できます。とりわけ、気が進まない人も納得させる念入りな訪問の間にエスタディオ・ダ・ルスへ訪問することは、世界で最も愛されるサッカークラブのひとつの伝説を見つけることです。 Sport Lisboa e Benfica, one of the three big Portuguese clubs 「スポルト・リスボア・イ・ベンフィカ」は世界中に1,400万人以上のファンがいて、2015年には世界で2番目に多いアクティブなメンバーを所有しました(FIFAによると、225,000名。バイエルン・ミュンヘンに続く)。2006年にはギネスブック記録によると1位となりました。数字を信頼するならば、ポルトガル人の47%、500万人以上が好きなクラブということです。 The Sporting Clube de Portugal、FC ポルトと一緒にS.L.ベンフィカは、Portuguese Primeira Liga Championshipの「ビッグスリー」クラブのひとつです: "Os Três Grandes"。このポルトガルのサッカーの3つの巨大なチームにはそれぞれ動物のマスコットがいて、プレーヤーにその名前も与えています:S.L.ベンフィカにはワシ、スポーティングにはライオン、FCポルトには竜です。 3つのクラブは、群衆を一体にする非常に期待できる試合で競います。歴史的な2チームのライバルS.L.ベンフィカとスポーティングC …「エターナル・ダービー」とも呼ばれる「リスボン・ダービー」で毎年競います。ベンフィカ-FCポルトの試合は「O Clássico」と呼ばれます。 スポーティングC.P.と対抗は、勝った試合数で一位を決定しますが、2つのクラブがランキングでタッチキーとなっています。しかし、イーグルスがライオンズ・オブ・スポーティングからエウゼビオ選手を「手に入れて」、ポルトガル領東アフリカ(まだモザンビークではなかった)に加わった時には、SLベンフィカが必ずしも良い役割がなく、低迷しました。 サッカーの「大聖堂」:エスタディオ・ダ・ルス 「スタジアム・オブ・ライト」または「大聖堂」というあだ名はベンフィカ地区に設置されたルス郡から名づけられました。しかし、純正主義者は、あだ名の起源について議論しました:照明器具が取り付けられた1958年まで、古いスタジアムは「エスタド・ド・カルニデ」と呼ばれていましたが、この瞬間に名前は「エスタディオ・ダ・ルス」に変わりました。 現在のエスタディオ・ダ・ルスはEuro 2004の試合を主催するために建てられ、2003年10月にオープンしました。64,000人以上収容できるポルトガル最大のスタジアムで、ヨーロッパ最大級のひとつです。とりわけ、Euro 2004の決勝戦が7月4日に(ポルトガル x ギリシャ: 0-1)、2014年5月にチャンピオンリーグの決勝戦(レアル・マドリード x アトレティコ・マドリード: 4-1)が開催されました。 1954~2003年まで運営された旧エスタディオ・ダ・ルスは、取り壊される前に同じ場所にありました。1954年11月1日に、絶対的な敵の対戦で開始されました:S.L.ベンフィカ 対 FCポルト – 3-1で勝ちました。 エスタディオ・ダ・ルス訪問 エスタディオ・ダ・ルスを訪問することは簡単です。総合チケットがあるとthe Cosme Damião Museumに行くこともできます。ガイドツアーは20分おきにはじまり、45分~1時間続きます。スタジアムは、12月25日と元日を除いて、毎日午前10時から午後5時まで開いています(12月24日・31日は午後2時に閉まります)。良いお知らせです。エキサイティングな訪問(ポルトガル語または英語)はあまりサッカー好きでない人にも興味があるものです。だから、ご家族やグループで行くことに後悔しません。 ガイドは、訪問者の更衣室、テラス、芝生、プレスルームのほか、クラブのエンブレムである有名なワシ(イーグルス)にも紹介します。このマスコットは、足にクラブカラーのリボンをつけて、試合の日にスタジアムの頭上を飛びます。後ろのカメラでは、観客の拍手喝采へとフィールドの中心に上陸する前に、ワシがスタンドの群衆の印象的な眺めを与えます。 エスタディオ・ダ・ルスで試合を見る もちろん、エスタディオ・ダ・ルスの試合に参加することは可能です。チケットは直接クラブのウェブサイトまたは次の試合にはさまざまなチケットカウンターで購入することができます。4つのスタンドと、スタンドの5レベルの選択があります。試合のスケジュールについては、こちらをご覧ください。 エスタディオ・ダ・ルス/エスタディオ・ド・スポルト・リスボア・イ・ベンフィカ - Museu Cosme Damião - Av. Eusebio da Silva Ferreira, 1500-313 Lisboa – メトロ「ブルーライン」コレジオ・ミリタール/ルスまたはアルト=ドス=モイーニョス駅 - スタジアムと博物館の総合チケット 17.5ユーロ、スタジアムのみ 12.5ユーロ、博物館のみ 10ユーロ S.Lベンフィカのエンブレムとモットー S.L.ベンフィカのエンブレムは、複数のシンボルを一体化していて、クラブとその価値の歴史を描いています。中央にサッカーボール(すぐに分かる!)、クラブのイニシャルがついたリボンとクロスしています:S.L.B. スポルト・リスボア・イ・ベンフィカ。 S.L.ベンフィカは1908年にふたつのクラブ、スポルト・リスボア(1904年設立)とグルッポ・スポルト・ベンフィカ(1906年設立)が合併したものです。盾はスポルト・リスボアのレガシーで、自転車車輪はグルッポ・スポルト・ベンフィカ由来です:当時の多数のスポーツクラブのようにG.S.B.は、サイクリングを含む複数のスポーツをグループ化していました。 赤と白の盾の上には、壮大さと独立のシンボルのワシと、クラブのモットーの「E Pluribus Unum」:「多数からひとつへ」。このモットーは、「In God We Trust」に変わる前には長い間、米国のモットーでした。このモットーはチームの精神を強調しています:「皆、自分のエゴと個人主義を控室に置き(悪霊は、一部の選手には簡単ではないと言うでしょう…)、チームメートと一体になる」。何十年も続くすばらしい紋章はクラブの精神で、初めから変わっていません。 S.L.ベンフィカのアンセム:«サー、ベンフィキスタ» アンセムは「クラブ・ルタドール」、ファイタークラブのことで「ライバルはいない/ポルトガルに」、そして赤いポピーのジャージを祝います。この曲は「ベンフィキスタであること」はただのサッカーファンのことではなく、それ以上であるということを思い出させます!ポーリーノ・ゴメス・ジュニアの作曲で、1953年4月16日に、エスタディオ・ダ・ルス建設の基金調達目的のイベント「saras」の時にテノール歌手のLuís Piçarraによって初めて歌われました。 エウゼビオ – 黒豹 エウゼビオ・ダ・シルヴァ・フェレイラは、伝説の名をまさにふさわしいプレーヤーです。スパイ映画に値するシナリオで、SLベンフィカ加入前は、スポルトの子会社でボールのテストを始めました…SLベンフィカは、実際にエウゼビオの母親を説得する方法を見つけ、そして、エウゼビオはスポルトにすでに約束されていました。エウゼビオはその後、怪しまれないように偽名でリスボンにやって来ました。 1960年代初期から1970年代半ばまで、SLベンフィカでプレイして、長くすばらしいキャリアを築きました:その年月の中で、SLベンフィカは、ポルトガルチャンピオンに11回輝き、エウゼビオのおかげで、クラブは1966年ワールドカップで3位となりました(トップしコアで9ゴール)。1965年には、エウゼビオはゴールデンボールも受賞しました。 ダイナモの伝説のゴールキーパー、レフ・ヤシンからゴールを奪った数少ないスコアラーのひとりです。ヤシンは彼の防御を破ったばかりのプレーヤーの手を温かく握りしめ、一生の友人となりました。1990年、ベンフィカ・メテオール・スタジアムの試合の直線にヤシンの死が報じられた時には、カメラがポルトガル代表団に向けられました:エウゼビオは熱い涙を流していました。 2014年にエウゼビオは76歳で亡くなった時には、ポルトガルは3日間の国喪を布告しました。エウゼビオの希望通り、偉大なサッカープレーヤーの遺体は、「黒豹」に最後の賛辞を捧げるためにやってきたポルトガルのファンが泣き叫ぶ中、エスタディオ・ダ・ルスを一周しました。入口にエウゼビオの彫像が証明する通り、エスタディオ・ダ・ルスは「彼の」スタジアムです。 次世代:S.Lベンフィカの新人 ベルギー出身の18歳のS.L.ベンフィカのゴールキーパー、ミレ・スヴィラルは、最近名を成してきました…良くも悪くも!2017年10月17日、スヴィラルは、18歳1か月で、チャンピオンリーグの最年少のゴールキーパーとしてプレイしました:「名門出の精神、価値は何年も待たない」。しかし、S.L.ベンフィカ対マンチェスター・ユナイテッドの同試合で、フリーキックの後にバックステップでゴールに入り、自分のチームにゴールを入れてしまいました。おっと。そこでクラブを敗戦に陥らせてしまいました。スコアは0-1でした。スヴィラルはファンに謝罪し、試合の終わりに悲しみに沈んでいました…加えて、オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドとの大きな試合をプレイすることがプレッシャーだったのでしょうか? 

さらに読む
エスタディオ・ダ・ルス、S.L.ベンフィカの歴史あるスタジアム

エスタディオ・ダ・ルス、S.L.ベンフィカの歴史あるスタジアム

ライフスタイル

リスボンの海辺:ポルトガル首都周辺で最も美しいビーチ

2 年前 - Pauline P.

 外は美しくて、暑い、そしてあなたはどの街角でも見つける7つの他の都市をブラブラしています。どのビューポイントでも海があなたを待っていて、あなたの考えはこれだけ:ちょっと入ってヒンヤリしたい!ポルトガルの首都には本物のビーチはありませんが、周辺には美しく砂浜が広がっていてプライベートの入り江もあります。このガイドに従いましょう… 北には一番近いビーチがありますが、大抵の人が訪れる 究極のファミリーの目的地カルカべロス リスボンから列車でたったの20分(エストリル・ライン)に位置するカルカベロスビーチはポルトガルの首都に近い最大のビーチですが、恐らく一番混雑しています。サーファーはそこで波を楽しみます。スポーツにバレーボール大会に家族。多数のレストランやテラスが海の近くにあります。 スリルを求める人のギンショ ヨーロッパで最も美しいビーチのひとつアドラガ 2003年に、サンデータイムズ紙によって最も美しいヨーロッパのビーチに選ばれたアドラガビーチは桁外れな自然環境を楽しむことができます。シントラ・カスカイス自然公園の中心に位置するビーチは海に形成された崖に囲まれていて、少し南にあるビーチよりも混雑もかなり少なめです。 南には、30kmに広がる美しい砂のビーチ ジェット族とカリブ海の味わいトロイア その白い砂と水晶のように透明な海、どの海岸よりも暖かいトロイアビーチは、リスボンの南でファッショナブルなスポットとなりました。トレンディな顧客は、海沿いにある贅沢で最高級のレストランとホテルを満喫します… 思い浮かべるのはカリブ海! 贅沢なダイビングスポットポルチーニョ ・ダ・アラービダ 山を覆う植物の緑、湾の青い水晶のような透明の海、多くの隔離された入江の白い砂… リアルなハガキの風景、ポルチーニョ ・ダ・アラービダ。そして保護されている海洋指定保護地区の有名なダイビングスポット。 地平線に伸びる白い砂フィゲイリーニャ 卓越したリラックススポット、フィゲイリーニャビーチは景色の変化を期待させてくれるその白い砂州と透明な海で知られています。水着を着ましょう。準備はいいですか?ダイブ! 

さらに読む
リスボンの海辺:ポルトガル首都周辺で最も美しいビーチ

リスボンの海辺:ポルトガル首都周辺で最も美しいビーチ