ブログ


HomeTown リスボン blog offers you a selection of articles devoted to the destination リスボン, its news, culture, activities and of course, its people

カルチャー & アート

アルファマ、リスボン最古の地区

5 月前 - Léa D.

驚きに溢れるストーリー アルファマはアラビア語の「alfa maa」が由来であることをご存知でしたか?意味は千のソース?何千色の色があるこの我らの街の象徴的で一般的な界隈の魅力的な名前!サン・ジョルジェ城とタホ川の間にあり、多数の歴史的な魅力とレストランを見つけることができます…それではガイドしますね。 アルファマは村の雰囲気があるとても友好的な界隈です。街最古の地区であると考えられていて、6月12-13日のSt. Anthony of Paduaなどの複数の人気のフェスティバルが毎年開催されます。 東洋と西洋に交互に支配されていたアルファマには、世界の隅々の痕跡があります: それがアルファマの魅力です。この地区には温泉源があるので名前の起源は上記で説明した通りです。 アルファマの最上位に有名なサン・ジョルジェ城があります。中世の城は16世紀まで王宮でした。街やモニュメントを見るためには、 展望台に行かなければなりません: サンタ・ルジアは最も知られている展望台のひとつです。その近くには装飾美術博物館があります。17世紀の荘園領主の邸宅で、壮大なインテリアが備えられています。 アズララ宮廷の旧宮殿(17世紀)にあるこの博物館は、アズレージョやフレスコで装飾され、並ぶ小さな居心地の良い部屋を通じて、17-18世紀のリスボンの日々の生活を呼び起こします。後の方にはポルトガルとインド=ポルトガルの家具、銀器のコレクション、中国磁器、16-18世紀の複数のタペストリーで装飾されています。3階には期間限定の展示会ホールと歓迎のパティオ付きのカフェテリアがあります。 住所: Largo das Portas do Sol 2, 1100 Lisboa 電話番号: +351 218 881 991 最高の食事処 長く歩いた後には、配慮されて準備された食事に勝るものはありません! Pateo 13 リスボンの賑やかな通りにある絵のような夕食には、Pateo 13に勝る場所はありません:ストリートミュージシャンが演奏する楽譜の下で、新鮮な魚とホワイトブレッドを楽しみましょう。生き生きとした瞬間、楽しさと満足感いっぱいです! Calçadinha de Santo Estêvão 13, 1100-219 Lisboa, Portugal Canto Da Vila リスボンのブラジル料理レストラン: 逃すことのできない場所。小さなテラスで作り立てのモヒートを楽しみつつ、お好きなタラの調理法を選びましょう…ボリュームタップリでおいしい! Portugal 2, Rua Limoeiro, 1100-538 Lisboa, Portugal Fado Na Morgadinha 食べて、伝統的なポルトガル音楽のファドを踊るのにピッタリの場所。バーからダンサーを眺めて、一杯飲むだけでも大丈夫です。 Largo Peneireiro 5, 1100-219 Lisboa, Portugal Cruzes Credo ビンテージのブランチ。ぜひ行きましょう!おいしいハンバーガー、新鮮なフルーツジュースと一緒に出されるサラダ: リスボンの通りを発見した後に活力を与えられる食事です。 R, Cruzes da Se 29, 1100-192 Lisboa, Portugal O Prego 陽気な設定でハンバーガーやタパスを楽しめる場所。我が家のような雰囲気、やって来てのんびりしましょう、O Prego! 18, Largo Menino de Deus 14, 1100-375 Lisboa, Portugal 見るべきもの:ファド ファドは伝統的なポルトガル音楽のスタイル。歌手がひとりで、またはひとりの歌手が数名の楽器演奏者(ギター、ポルトガルギター、時にバイオリンやチェロ)を伴って歌います。ファドは沈黙の中で聴かれ、多くの感情を提唱します(ポルトガル語のサウダージ)。 アルファマ地区にはファドを見つけられる場所が2か所あります: Fado em Siはファドのすべての有名人を生み出した機関。すばらしい食事、4-5名のプロのファドの歌手が揃っていて、毎晩高品質のサービスを提供します: ファドのポルトガルの伝統を発見するのに理想的な場所です。 Arco de Jesus 7, Alfama, 1100-037 Museu do Fado (ファド博物館)では、テラスで屋外コンサートが定期的に開催されます。ファドの歴史のすべてを見つけるために... Largo do Chafariz of Dentro 1

さらに読む
アルファマ、リスボン最古の地区

アルファマ、リスボン最古の地区

ニュース

リスボンのホリデー

7 月前 - Léa D.

伝統が融合した美食 ポルトガルでは「メリークリスマス」を”Feliz Natal" (フェリッツ・ナタウ)、クリスマスイブには"Consoada"と言います。 ポルトガルのクリスマスの食事は、1001種類の料理が並ぶようなとてつもないボリュームの料理ではありません:シンプルな夕食。家族がテーブルを囲んで伝統に浸っておいしい料理を楽しむ機会です。 言い伝えでは、人気のポルトガルのタラの調理法は1年毎日のレシピとして365通りあるそうです。クリスマスの日には、できるだけシンプルな方法で料理をします:バカリャウ・コジード。ジャガイモとキャベツと一緒に煮込みます。食後には特別に場所が必要。たくさんのデザートを置いておかなければなりません。ミッドナイト・マス(クリスマスの始まり)、言い換えれば「ミサ・ド・ガロ」、雄鶏のミサです。これは大事な宗教の伝統。ミサの再来は、デザートを味わって、プレゼントを開けるという感じ。子供にとって最大の楽しみです。 デザートリストは長くて、バラエティに富んでいます:一番有名なのはもちろん「ボーロ・レイ」。王冠の形をしたケーキの王様で、砂糖漬けのドライフルーツが入っています。普通は、プレゼントが配られてから、3人の賢者が赤ちゃんのイエスを訪問した象徴の1月6日まで出されるペストリーです。ライスプディング、フレンチトースト、パン生地、ブランデー、オレンジで作られたドーナッツのフィリョースもあります。パォンデローは卵を使ってオレンジやレモンで風味をつけたお菓子ですが、これもおいしいお菓子です。 クリスマス中のクリスマスの伝統は、家族がお互いに繁栄の象徴であるクローブをつけたオレンジをあげることです。他のヨーロッパの国々とは異なり、クリスマスのかごを好むポルトガルの家庭ではクリスマツリーはあまり見かけません。 最も多様なセレクション リール、ミュンヘン、アムステルダムなど多数の街に続き、リスボンはクリスマスを楽しむヨーロッパの街のベスト10に名を連ねています。レトロ、アンティーク、家族のショッピングには贅沢なブランドや知られているブランドが全部揃っています。誰もの好みに合うように、色々なテーマのさまざまなマーケットを選択してみました。 伝統的なクリスマスマーケット(Avenida da Igreja) 12月7日~16日には、このファミリーマーケットはカラフルでお祭り気分の雰囲気の中に迎え入れます。工芸品、おいしい料理、アニメーションのほか、サンタクロースもいます。温かい雰囲気の中で素敵な思い出を見つけて楽しい時間を過ごすのにピッタリです。 クラフト & デザイン (Jardim da Estrela) リスボンで最も美しい庭園のひとつ、エストレーラ公園にあるこのマーケットには陶芸、写真撮影、イラスト、宝石、ファッションなどのクリエーターや職人が揃っています。毎月第一週目の週末に開催されます。 カンポ・ペケーノ・クリスマスマーケット (カンポ・ペケーノ駅) カンポ・ポケーノの大きなアリーナには100以上の出店者がいて、ポルトガル限定のさまざまな製品を並べています。このマーケットで購入すると、小さな事業を行っている職人や国のクリエーターのサポートの手助けをすることになり、同時にあなたも楽しめます! タイムアウト・マーケット (リベイラ市場) リスボンで必須の場所。小さなお店が30店舗並んでいて、食事もできる屋根つきのマーケット。地元の特産品を買って、飲食を楽しむことができます。アイスクリームショップ、ペストリーシェフ、カクテルバー…選択肢は尽きません。 クリスマス中に輝くリスボン リスボンのクリスマスは、照明と色が溢れる冒険。街全体が美しいイルミネーションで飾られます。特にバイシャ地区は素敵です。 イルミネーションは12月1日~18日まで開催されます。有名なトレード・スクエアでは毎年、86,000以上の赤い電球で飾られた約30メートルのツリーがあなたを迎え入れます。 ワンダーランド・リスボア は逃せないイベント。エドワード7世公園がアクティビティを備えた魔法の世界に変わります:巨大観覧車、スケートリンク、手作り販売のカウンター… 楽しさ、ショッピング、くつろぎの場所です。 リスボンの街では、教会やその他の礼拝所で無料のコンサートのほか歌やショーも多数開催されます。 12月1日~1月6日には、屋内最大の移動遊園地Diverlandia,に行きましょう。Nations Parkで開催されます。プログラムには、さまざまな年齢向けのアトラクション、息を呑むようなアトラクションに乗りましょう! 同じカテゴリーでは、リスボンスタジアムの壮大なクリスマスサーカス、Circo no Coliseuを逃さないようにしましょう。 12月1日~16日に開催されます! スタイリッシュに決めるには、子供達をすばらしいアイスミュージカルショーに連れて行きましょう。Alice o Pais Maravilhas no gelo (アリス・イン・ワンダーランド・オン・アイス)。上演は2018年11月23日~2019年1月6日です。

さらに読む
リスボンのホリデー

リスボンのホリデー

グルメ

リスボンでおいしいポルトガルワインを味わえる場所と方法

11 月前 - Valérie D.

人生にはボルドー、ブルゴーニュ、コート・デュ・ローヌだけではありません!ワイン好きな人は、ポルトガルがすばらしいワイン国であることを知っています。あまり知られていないポルトガルのぶどう畑には約30の生産地があります。有名なバーやリスボンのレストランのテーブルや、地域最高の飲み物に専念するぶどう園ツアーの間に見つけることができるさまざまなワイン製造。こんな風に穏やかに地域の香りにウキウキすれば、セラーやポルトガルの首都の専門店で見つけるワインを数本持ち帰らずにリスボンを離れることはできないでしょう。乾杯! 豊富なポルトガルのぶどう畑 ポルトガルのクリュとして、私たちはポルト、ヴィーニョ・ヴェルデ、マデイラを特に知っています。ルシタニアのぶどう畑にはそれでもさまざまな赤、白、スパークリングワイン種があって、どんな料理にもどんな場合にも合います。 リスボン自体には生産地が9か所ほどあります:南部のブセラス、コラレス、カルカベロス、中心にあるアレンクエール、アルーダ、ロリーニャ、オビドス、トーレス・ヴェドラス、北部のエンコスタス・ダイレ。例えば、ブセラスの白ワインは地元のイワシのお伴にピッタリ。シントラを訪問すると、さほど遠くない所でコラレスの赤ワイン、そしてその近くで国最高の白ワインの中からエストレマドゥーラワインを味わうことができます。白ワインの街のさらに南では、モスカテル・ダラビーダが製造されます。20~30年物は、甘くて黄金色。アペリティフやデザートにピッタリ。グリルしたお肉は、すばらしい赤ワインDâoが合います。濃厚な味わいの食事には、有名なポルトでもよく知られている北部の小さな地域のアレンテージョ、バライーダ、ドウロのワインを味わいましょう。 ポルトと言えば、アペリティフの時にフランス人が味わう、またはおいしいメロンを添えたスターターとしてしか知りません。イギリス人はチーズと併せることを好み、ポルトガル人は食後の一部として飲みます。ポルトガルの美酒のもうひとつのスターはもちろん、ヴィーニョ・ヴェルデ。その新鮮な春と早期の収穫の「グリーンワイン」の名を持っているのであれば(「ヴィーニョ・マデュロ」や「熟成ワイン」と異なって)、間違いありません。スパークリングワインは、白も赤もあります。最後に、ワイン地域ポルティマオンの日光の中で花咲くアルガルヴェのワインを忘れないようにしましょう。 こちらもアルガルヴェ原産のAmarguinhaは、甘くて苦いアーモンドリキュール。ポルトガルにはヴィンテージの多様性があって、国の有名なリカーを発見する楽しみは山ほどあります。リスボンでは決まってジンジーニャまたはジンジャが実際に首都の「逃せない」もの。このチェリーアルコールをカップの底にチェリーを入れるか入れないかは、あなた次第。最後に、暑い日にはお好みの国産ビールの新鮮さで喉をいつも潤わせることができます:サグレス、スーパーボック、クリスタル、インペリアル。 ポルトガルワインの名称 ポルトガルワインは4つのカテゴリーに分けられる分類を前提としていることにご注意ください:DOC (Denominação de origem controlada)、IPR (Indicação de Provenção de Provençncia Regulada)、 VR (Vinhos Regionais。同義語は、"Vins de Pays")、そして最後にビノ・デ・メッサつまり「テーブルワイン」です。 DOCとIPRカテゴリーは欧州規制Q.W.P.S.R.(特定地域で製造される上質ワイン)に準じています。DOCの名称は、フランスのAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と同等です。この非常に高い味覚と香りの質があるワインは、国に属し、最高基準を満たしています(ぶどう品種、土の特性、アルコール含有量など)。DOCカテゴリーは、ポルト、Barraida、ピコ、その他有名なボトルの中からマデイラで見つかる中から毎年新しく選ばれるものを含めます。IPRに分類されるワイン(「管理された産地のしるし」と訳すことができます)はDOC名称を待って、この名を手に入れるために5年間観察されます。つまり、このIPRとはポルトガルワインの「新しいスター」の候補をキャストしています。「Vinhos Regionais」は上質で、決定された産地の条件を満たしていますが、DOC名称に課されているすべての規則を満たしていないものです。アルガルヴェ、アレンテージョ、エストレマドゥーラがそれにあたります。ポルトガルのテーブルワインにはすばらしい驚きがあるものもありますが、管理された名称の下においては、ほとんどは隣接の地の品質とは関わりがありません。 リスボンでワインを楽しむにすばらしい場所 では、ポルトガルワインの伝統についてすべて分かったところで、残るはこれらのおいしいワインをリスボンで楽しめるすばらしい場所を見つけるだけ。首都では、ワイン学を専門とした場所は事欠くことはなく、おいしいワインが好きな人には、幅広い選択肢があるすばらしいワインのウェイターがいるビストラやレストラン、訪問すべきすばらしいセラーがあります。ワイン愛好家のためにリスボンで発見する場所を4か所選択してみました。 例えば、オールド・ファーマシーはバイロ・アルト地区にある絶対行くべきワインバー。気配りの行き届いたサービスは旧薬局の装飾で多数の顧客を出迎え、最高の「セラピー」アドバイスを与えてくれます… まさに街の中心部にあるソムリエ・リスボンレストランは、名前の通りグルメ料理の選択があり、最高のワインと料理を併せていただくのにピッタリ。ワインリストには80以上の選択肢があります! しかし、国中のワインを味わうことに完全に没頭している瞬間に熱中するための「マスト」は、コメルシオ広場に構えるポルトガルワイン委員会のアーチ状の部屋。選択するパッケージ料金では、さまざまなグラスワインを味わって、あらゆる種類のポルトガルのテロワールやヴィンテージを発見することができます。こちらではフレンドリーな場所で乾杯したり「ドリンクを飲む」だけでなく、探求します。ワインイベントやテーマのテイスティングも多数のアクティビティで提供されます。 それでは行きましょう。塗装された路地の曲がり角で典型的なジンジーニャのカウンターにもたれかかって楽しくやりましょう。リスボンにはこういう場所がたくさんあって、特に歩道にさくらんぼの種が落ちたロシオの近くでは簡単に見つかります。歴史的な場所はジンジーニャ・エスピンヘイラにあり、良心的な値段で1.10ユーロ。ボスがリスボンでとても愛されているおいしいチェリーリキュールを持って来てくれます(それ以外な何も。このためだけにそこに行きます!)。 オールド・ファーマシー: 83, R. do Diario de Notícias 73 – Lisbon 営業時間: 毎日17:30~0:00 ソムリエ・リスボン: Rua do Telhal, 57 – Lisbon 営業時間: 毎日18:30~0:45 ポルトガルワイン委員会 : Terreiro do Paco, Ala Poente – Lisbon 営業時間:11:00~18:30 ジンジーニャ・エスピンヘイラ: Largo de São Domingos, 8 – Lisbon 営業時間:毎日9:00~22:00 ポルトガルワイン文化を発見…そして家に香りを持って帰る ポルトガルワインのエキスパートになったところで、お好みのワインを味わい、今は自分のお気に入りがあるはず。少なくともすばらしいワインを1本持って帰らずして家に帰ることはできません。地域のワインルートで本物のツアーの思い出作りにぜひ! 必要なことは、大聖堂近くでトラム28番を降りるだけ。新しいショップセラーGNの後ろに有名なガラフェイラ・ナシオナルを見つけることができます。このワインショップでは最高のDOCからテーブルワイン、最もグリーンなヴィーニョから最古のヴィンテージに至るまで、ポルトガルワインが勢ぞろいしています。 地域のワイン学の探索をさらにするためには、ワイン街道の1日を試してみてはいかがでしょう。多数のツアーがあります。例えばお抱え運転手が迎えに来て、終日、地域の最もすばらしいセラーでテイスティングをしながら、最も名声あるぶどう畑を訪問し、魅力的な村でお買い物をさせてくれます。地元ワインの特性をすっかり満喫できるまったく感覚的な経験…ほどほどに飲んで楽しみましょう! GN セラー -  Rua da Conceição, 20/26 - Lisbonne 営業時間: 毎日10:00~21:00

さらに読む
リスボンでおいしいポルトガルワインを味わえる場所と方法

リスボンでおいしいポルトガルワインを味わえる場所と方法

カルチャー & アート

神秘的な路面電車28に乗ってリスボンを探求

1 年前 - Valérie D.

ロンドンに向かう赤い二階建てバスがあるように、リスボンでは路面電車がポルトガルの中心地に向かっています:景色の一部となっている本物のタイムマシンで、最も絵に描かれたような道を探索することができます。路線28Eが最も象徴的なもので、モニュメントと隠された宝物の間で特に幅広い発見をさせてくれます。 1914年生まれのリスボンの路面電車の伝説的な路線28E(「エレクトリコ」の「E」)はリスボンの中心とその丘を運行しています。この100歳になる古い交通手段は最もすばらしい険しい道を進むのに間違いなく最適な方法あると同時に、徒歩でこの舗装された斜面を横切る退屈な行動をしなくて済みます。まだコレクターのおもちゃのように見えるなら、これは「Remodelado」(歴史的な路面電車)にはモダンな路面電車にない2つの特徴があるからです。もちろん、磨いた木製のベンチが備わったこの独特な黄色の車両の古いスタイルの魅力があります。でも、がたつく車両は険しい丘で急旋回のあるサーキットを進む技術的な可能性を特に持ち合わせているのです。 マルティンモニス広場から出発して、カンポ・デ・オウリケ地区のプラゼレス墓地への到着まで、路線28には35か所の停留所があって、40分間の旅となります。でも、「ホップ・オン/ホップ・オフ」スタイルを利用する選択も可能。最もすばらしい周辺を探索する日を過ごしてここで我たちがお薦めする素敵な場所を楽しむことができます。 グラッサのすばらしい眺め グラッサの丘を登って壁をかすめて通りましょう:ここは人気のリスボンの中心。ここはグラッサ通り停留所から徒歩で数分の場所で、ウリセス市の最も美しい眺めのひとつにアクセスすることができます。丘と言えば、眺めのいい場所ですから!もちろん、セニョーラ・ド・モンテ展望台は一番高い場所にあり、確かにリスボンで最も美しい眺望のひとつです。4月25日橋まで、中世のサン・ジョルジェ城と旧市街の全景の息を呑むような眺めを提供します。 路面電車はそれからサン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院の白い修道院、博物館、ポルトガル王の埋葬地の前を右に通り過ぎます:すばらしい途中下車に時間を取りましょう。この修道院の回廊は、フランス人観光客が詩人のジャン・ド・ラ・フォンテーヌの38の神話の絵を簡単に認識できる18世紀のアズレージョで装飾されています。回廊は現在ではブラガンサ王朝のロイヤル・パンテオンにあります。フランス生まれのポルトガル最後の女王であるアメリア女王(ドナ・アメリー・ドルレアンとブラガンサ)を含む44の墓があります。テラスに登って「タホの女王」と呼ばれる360度の美しい眺めを楽しむことを考えてみましょう。 サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院 - Largo de São Vicente 開館時間:火曜~日曜、午前10時~午後6時 アルファマ:はがきと文化の宝物 別の場所を見つけるためにグラッサのこの旧市街を出発します:アルファマ、徒歩だけで。ポルタス・ド・ソル広場の停留所はリスボンのどこに滞在してもマスト。私たちが考えているすべてのこのリスボンのイメージは、ここにあります:赤い屋根、パンテオンの白い丸屋根、タホ川の青さ。これは、カクテルバーのポルタス・ド・ソルの広いテラスからリスボンの魂にじっくりと浸る機会。ラウンジの雰囲気の中でブランチや軽食を楽しんだり、ジンジャやビカを飲むことができ、斜面を降りて狭い路地(becos)、階段、アーチ状の通路を歩くことを想像できます。 ポルタス・ド・ソル -ポルタス・ド・ソル広場、Beco de Santa Helena 営業時間:月曜~金曜、午前9時~午後7時 100メートル先にあるサンタ・ルジア展望台は街を見るためのもうひとつのマスト。#28路面電車は、1755年の地震を生き抜いた典型的な界隈にある食料雑貨露店とその他のお店の間を揺れながら旅を続けます。ホップ・オフ!さほど遠くない所にあるA Arte da Terraを訪問して文化にどっぷりと浸かることができます。アーチ状の装飾の中、ポルトガル製品を共同して展示・販売し、地元のワインやペーストリーを味わうことができる場所です。 A Arte da Terra - Rua Augusto Rosa 40 営業時間:毎日午前11時~午後8時 シアード地区の詩人を訪問する バイシャ地区を超えた後に、少し曲がって揺れると小さいながらも伝説の黄色の路面電車の旅はシアードに続きます。そこで、私たちが旧郵便局と述べるカフェA Brasileiraのテラスで腰かけていた有名なポルトガル人の詩人であるフェルナンド・ペソアの像が目に入ってきます。コーヒー好きの近所に住んでいた少年は、現在に至っても時代を築いているカフェの常連でした。都市最古のカフェのひとつで、1900年の装飾を保つ機関であり、伝統的な公的知的財産(しかし現在では多数の観光客の)です。彼のお気に入りのテーブルの近くでパステル・デ・ナタとエスプレッソをいただいたら、リスボンの美しさに捧げる詩がひらめくかも知れないですね? シアード地域は、詩人のアントニオ・リベイロからも名づけられています…シアードと言われていました。見つけても驚きませんが、もう少し先に行くと、同じ名前の広場に別の作家のルイス・デ・カモエスの像があります。人気のすばらしい首都はここでは文学的でもあります。 A Brasileira - Rua Garrett 20 営業時間:毎日午前8時~深夜2時  エストレーラのラッキースターの下に到着 まだまだリスボンのモニュメントが目の前に続いていますが、路面電車28の旅は間もなく終わり:国会やビカのケーブルカー。バロック式の白い大理石のバジリカに囲まれたエストレーラの歴史的地域についに入ります。ちょうど反対側にあるエストレーラ庭園は異国情緒あふれる木々の周りを散策したり、ベンチに座ることができる場所 – 騒々しいエレクトリコでよく混雑する場所よりもうんとリラックスできます。 エトワール地区にいるので、ミシュランガイドで受賞したグルメレストランの夕食で脱線して最後を締めくくってはいかがでしょう?エストレーラのバジリカ付近にあるロコは、とてもファッショナブルな装飾で顧客がキッチンを見ることができます。ミシュランスターを誇るこの場所の設立者はAlexandre Silva。ポルトガルのトップシェフの最初の受賞者で、地元製品を尊重します。とても特徴ある旅行の締めくくりに完璧なエンディング。リスボンのさまざまな好みの中心で路面電車28Eを提供しています。 ロコ- Rua Navegantes 53 営業時間:火曜~土曜、午後7時~午後11時 乗車前の最後の情報:Viva Viagem 24h Carrisネットワークパスを持って行き、混雑を避けるためにスケジュールを選択することをお忘れなく。

さらに読む
神秘的な路面電車28に乗ってリスボンを探求

神秘的な路面電車28に乗ってリスボンを探求

ナイトライフ

クラブとナイトクラブ:リスボンで外出する場所

1 年前 - Julie D.

リスボンのナイトライフはアクティブで情熱的。誰もがディナーで会ったり、飲みに行き、(リスボン最高のトレンディレストラン、ベストバー、ルーフトップのアドレスをご覧ください)良い季節になると、長い夜を楽しみます。 リスボンの夜は遅く始まって終わります。午前2時、3時前にクラブにはあまり多くの人はいません。満員になるダンス・トラックを待っている間に、食事をして、パーティ地区のバイロ・アルトの裏通りのバーをはしごする時間はたっぷりあります。 ポルトガルの首都のクラブはそれぞれ独自の雰囲気を持っています。多くは波止場地域のカイス・ド・ソドレにある旧工場にオープンしました。誰もが好みの音楽をそこで見つけることができます:夏中踊る最新ヒット、それとも逆にすばらしいDJが揃っている所、ジャズ、エレクトロにワールドミュージック - ブラックメタルでも:音楽のお好みに応じてリスボンでは夜に外出します。 そして何も荒らすことを禁じません。ここでの夜、あそこでの夜、メインストリーム「前」、もっと新しいものの「後」。リスボンでクラブに行くには、どんな退出でも大丈夫です。だから偏らないようにしましょう - 好奇心から未知の音楽ジャンルに関連づけることができます。それが旅行の発見の一部だから! クラブクイーン:LuxFrágil、見て & 見られて ファットボーイ・スリムがここで演奏し、ジョン・マルコヴィッチがオーナーのひとり…LuxFrágilはリスボンのクラブランキングでいつも1位です。 この3階建ての巨大なクラブは「ネック・プルス・ウルトラ」:熱い夜にさわやかな空気を吸うためにテーガス川を見渡せるルーフテラスから、音楽のリズムに光るストロボスコープが照らすテクノの地階まで、見て & 見られるために行くクラブです。 リスボンのジェット族と行き違いますが、上級であると言う人は誰でも入口で選別されます。これは最高の洋服を着て、認められるチャンス:ここは「美しい人々」が会う場所です。 装飾は定期的に変更され、過剰な誘惑は手近にあります:巨大なスクリーン、巨大なアームチェア、天井から掛けられた巨大な電球。午前3時、4時ぐらいの早い時間にそこに行きます。 LuxFragil - Av. Infante D. Henrique, Armazem A, Cais da Pedra a Sta. Apolonia, 1950 - 376 Lisbon. 通の人のアフリカ音楽:B.Leza 2012年に波止場の旧工場へ移動したB.Lezaは美しい再生を理解しています。ここはリズムを揺さぶるファンのためのアフリカ音楽の伝説のクラブ。 需要あるアンゴラやカボベルデ音楽のヒップであるキゾンバ、センバ、フナナをマスターするハッピーな少数派の人が、特に非常に人気のワークショップ中にやって来て楽しみます DJとライブミュージックのオーケストラはすべてすばらしく、おしゃべりのエネルギーのある夜をお約束します。1か月に1度、日曜の夜にファドパーティ、夜7時からキゾンバレッスン、午前2時まではキゾンバの夜です。 B.Leza - Cais da Ribeira Nova, Armazem B, 1200-109 Lisbon - 水曜~日曜営業 ビッグクラシック:インコグニート、ミニステリウム いつでも最高のクラブとして名を挙げられるインコグニートとミニステリウムはリスボンのクラブやナイトクラブの中のすばらしいクラシック。 リスボン最古のクラブであるインコグニートは1988年から継続的に営業されています。まさにその通り。オルタナティブロックや80年代のシンセポップ、音楽のチョイスはインディーズ。中はダンスフロアを見渡せる中二階、その上の二番目のバーがあるロフトが息を呑むようなスペースを提供しています。ここでも入口での選別は些細なこと。その名に忠実にクラブは外に名前がないので、住所を見つけてベルを鳴らしましょう。 インコグニート - Rua Poiais of Sao Bento 37 (Bairro Alto), 1200-346 Lisbon コメルシオ広場にあるミニステリウムは旧財務省の建物にあるという事実でその名がついていて、魅力的に18世紀建築を伝えています。 ミニステリウムは土曜の夜限定のクラブであることにご注意ください。日中はレストラン(カンティーナ)でランチとディナーの洗練された料理を提供しています。 ミニステリウム - Terreiro do Paço, 1100-038 Lisbon - クラブは土曜の23時~6時 旧売春宿の痛烈な魅力:Pensão Amor このクラブバーは旧売春宿にオープンし、その名残があることに迷いはありません。ピンナップポスター、赤いベルベット、影のあるフリンジの装飾はテーマにあり、眺めから隠されているクラブの下は、控えめにセックスショップにもなっています。 静かなリラックスできる雰囲気で、飲みに来てさまざまなプログラムを楽しむことができます:コンサート(ジャズ、ソロアーティスト)、バーレスクキャバレー、ポールダンシング。 Pensão Amor - Rua do Alecrim 19, 1200-292 Lisbon 80年代のノスタルジック、2つの珍しい場所 夏の曲から離れてダンスをすることに興味がありますか?80年代のニューウェーブののるたるじっくには、クラブ・ノワールは80年代の音楽専門:インディーズ、インディトロニック、シンセウェーブ、レトロウェーブなどさまざまな流行が毎週土曜の夜に重んじられます。しかし、金曜はヘビーメタルとハードロックです。驚きのセッティングにすべて:クラブ・ノワールは旧トロピカルクラブのボラ=ボラのアーチ状の地下室に投資し、装飾を少し「キッチュ」に保っています。 クラブ・ノワール - Rua da Madalena 201, 1100 Lisbon - 金曜、土曜、祝祭日の前日 23時~4時 メインストリームミュージックとは無関係、べたであると非難されることを全く気にしないもうひとつのクラブメトロポリスは「ダークシーン」に着目しています。ポストパンク、ゴス、ダークウェーブ、ヘビーエレクトロのファンはここで見つけます。クラブは定期的にデペッシュ・モードまたはガンズ・アンド・ローゼズパーティのほか、ロックライントライブやVanguardaパーティを開催しています。(Facebookでイベントをご覧ください) メトロポリスクラブ - Av. Fontes Pereira de Melo 35, 1050 - 118 - Imaviz ビルディングの地下2階(シェラトンの隣の緑色のビル) こちらは成功するリスボンの夜のレシピ:観光の後にできるだけ時間を取ってリラックスして時間を過ごします。パーティへドレスアップして、リフレッシュして食事をしたら、リスボンのクラブやナイトクラブに行く準備完了。 ステージを踏み、大きな印象を与える時間です:休暇ベース、ちょっぴり好奇心を加える、熱をひとつまみ、淹れたてのビールやよく混ざったカクテルを数杯、楽しい会話で気前よくがぶ飲み、腹の底からの笑い、誘惑ちょっぴり、ちょっとしたおふざけには触れない。お好きなダンスフロアで音楽に全部混ぜます(シェイク、シェイク!)。 スタイリッシュな仕上げにすることは、朝早く帰宅すること。クタクタ。でもハッピー。頭は少しぼーっとしている、テーガス川に上る太陽を迎えましょう。

さらに読む
クラブとナイトクラブ:リスボンで外出する場所

クラブとナイトクラブ:リスボンで外出する場所