ブログ


HomeTown リスボン blog offers you a selection of articles devoted to the destination リスボン, its news, culture, activities and of course, its people

グルメ

甘さいっぱいのリスボン、リスボンのペストリーとティールーム

4 年前 - Julie D.

パステル・デ・ナタ、パステル・デ・ベレン:卵クリームがタップリ入ったこれらのタルトは世界中で有名になりました。それに誘起されて、ポルトガルはバニラとシナモンにうっとりする甘さとおいしさに溢れているというイメージがありますが、それは間違いではありません… ドース・デ・オヴォシュ、ペストリークリームの道楽 パスティスは最初に思い浮かべるポルトガルのデザートですが、残念ながら大抵はそれが唯一のものです。しかし、リスボンに到着する訪問者は、アールヌーボーの味わいがあるティールームのショーケースの後ろに山積みに並べられて提供される豊富なケーキやペストリーに当惑することがあります。 ポルトガル人とリスボンっ子が – いわばすべてのソースであるペストリーのクリームを入れるために使うアートは驚くべきものではありません。「ドース・デ・オヴォシュ」、このおいしい卵クリームを何種類のケーキに詰めることができますか?無限のようです。 でも、なぜ卵クリーム?ポルトガルのペストリーシェフは毎日卵黄を何個使うのでしょう?ポルトガル全土に"doces conventuais"、「便利なペストリー」を発見させたのは修道士と修道女であったという伝統があります。修道院には逆の問題がありました。大量のワインを白くして、パンを作るために卵白を使った後に、そんなにたくさんの卵黄をどうしたらよいのだろう?と。ポルトガル植民地からやって来た大量の砂糖のおかげで回答が見つかりました。 リスボン、甘い物好きな人のパラダイス 有名なパスティスを試したら、他の名物に移りましょう。例えばbolas de Berlim。ご想像通り、卵クリームを詰めたドーナッツ。ベルリーナー・プファンクーヘンのポルトガル版です。または、卵を10個以上、砂糖が200グラム以上、– そして形を作るために小麦粉がちょっぴり必要で、中に卵クリームを詰めたトルタ・デ・アゼイタオンがあります。 ポルトガルのケーキは、載せることと不思議を約束することを恐れません。それで喚起の名(“ceu”とは“天国”という意味)がある“toucinho de ceu”は、パラダイスへの鍵を与えてくれます…しかしそれだけではありません。"Toucinho"とはベーコンという意味。ふわふわとしたおいしさがありつつ、カロリーもあるこの「天国からのベーコン」は、従来、ラードで作れていて、現在ではバターに変えられています。かなりの量のバター、砂糖やアーモンドパウダーのほか、toucinho de ceuのその他の材料は?想像できないでしょう:卵黄です。 しかし、思うことと反して、ポルトガルのペストリーは砂糖と卵黄だけではありません。 チョコレートサラミやシントラのケイジャーダなどの他の珍味の中で、シナモンとアイシングシュガーをふりかけた繊細なドーナッツの「夢」("sonhos")を発見することは必須。スターシェフのジョルジュ・メンデスのレシピはこちらにあります。 リスボンでペストリーを堪能する場所は? 家でこういうおいしいケーキを作ってみることができるなら(もちろん、卵黄の供給があるという条件で)、リスボンの有名なティーサロンを楽しく発見することもできます。多くの人々が気に入っている4店舗をこちらでご紹介しますが、小さな裏通りで見つかる隠れ家的なお店を自分で発見することを楽しむこともできます:日よけに魔法の言葉"fabrica proprio"がある「パステラリア」(カフェ)がたくさんあり、ペストリーがその場で作られているということを明らかにしています。 コンフェイタリア・ナシオナル コンフェイタリア・ナシオナルは最古のベーカリー。1829年創立で、今日でも同じ家族が運営。設立者Balthazar Castanheiroの子孫の6代目となります。どの君主にも、すべてが名誉:王室となってから、王族大統領官邸の正式な供給者です。 その名声の犠牲となっている場所は、観光客にとても人気です。しかし巡礼の旅はこのペストリーの寺院でこだましています。開店時または夜遅くの人混みが少ない時にアズレージョを称賛して、とてもおいしいコーヒーやビールを飲みに来ることができます。 フィゲイラ広場, 18, 1100-241 Lisbon - +351 21 342 4470 – 毎日朝8時~夜10時、月曜は朝8時~夜8時、日曜は朝9時~夜10時 パステラリア・ヴェルサイユ 高級感溢れる正面の裏のパステラリア・ヴェルサイユのインテリアは、同名の宮殿の鏡のホールに引けを取りません:天井の回し縁の繊細な白い渦巻き型はグレーパールの背景とコントラストを成していて、燭台は輝き、ベストを着用したウェイターは驚きです。 長いサービスルームの中にはペストリーのショーケースを見るとよだれが出そうです。ホットチョコレート「ア・ラ・フランセーズ"」や「ア・ラ・エスパニョール」があり、ほかにはモザンビークの紅茶「chá preto de Moçambique」があります。 同じ店舗のglacierが最近同じ通りにオープンし、主なペストリーを数種類(no.21)提供しています。ベレン地区には支店もあります。 リベルダーデ大通り店, º 15 - A, 1050-185 Lisbon - +351 21 354 6340 – 毎日朝7:30~夜11:45 ヴェルサイユ・ベレン - Rua da Junqueira 528 / Calçada da Ajuda 8, 1300-314 Lisbon - +351 21 822 8090 – 朝7:30~夜11時 パステリア・スイッサ Rua da Betesgaで単に分かれている2軒のライバルパステリア・スイッサとコンフェイタリア・ナシオナルは、互いにファイアンス焼きの犬として見合っていますが、グルメの方にとっては選択する必要がありません。両店舗とも誠実です! 姉妹店ほど印象的でない外観の下でもパステリア・スイッサは洗練さを醸し出しています。ここでも新しくアイロンをかけられた厚い白いテーブルクロスは必須。そして長いショーケースにはデザートがぎっしりと詰まっていて、同じく印象的です。 パステラリア・スイッサ - Praça Dom Pedro IV, 96 to 104, 1100-202, Lisbon - +351 21 321 4090 – 毎日朝7時~夜9時 パステラリア・オリオン 贅沢さは控え目ですが、味では引けを取らないパステラリア・オリオンは、ティールームというよりも居心地の良い近所のカフェという外観です。このパステラリアは観光客の雑踏から少し離れていて、地元の人の方が多く訪れます。さらにすぐに常連客になることができます:他のもっと有名なペストリーの経歴とアンティークさはありませんが(実際1945年に創立されたばかり!?)、商品とレシピのクオリティとなると、パステラリア・オリオンは同等にうらやましい場所です。 パステラリア・オリオン - Calçada do Combro 1, 1200-012 Lisboa, Portugal - +351 21 342 0485 – 毎日朝7時~夜8時

さらに読む
甘さいっぱいのリスボン、リスボンのペストリーとティールーム

甘さいっぱいのリスボン、リスボンのペストリーとティールーム

キッズ

リスボン周辺の家族の小旅行:パルメラとアルビダ自然公園

4 年前 - Julie D.

野生の自然、ビーチ、中世のお城、地元の名産品:アラビダ自然公園で過ごす1日 リスボンの南を少しドライブすると、テーグス川河口の反対側にアラビダ自然公園があります(Parque Natural da Arrábida)。公園の端には、パルメラの小さな中世の街を心地よく見つけることができます。 お子様が退屈したら、1日だけでも街を離れる時。リスボンから約40kmの所に、小旅行にピッタリのアラビダ自然公園があります。サラサラの砂のビーチ、居心地の良い小さな入り江、自然公園でのハイキング、美食への立ち寄り、フェスティバル、お城、歴史跡:アラビダ山地区はどの季節にも訪問できるひっそりとした宝石。田舎道を曲がった所に隠れているすてきな場所の眺望が広がっています。 アラビダ自然公園 アラビダ自然公園は、都市開発に脅かされた動植物を保護するために1976年に設立されました。実際にリスボンのすばらしい周辺地域にまだいますが - 壮大な風景、自然のままの崖、森に囲まれた息抜きの場がある緑樹の憩いの場を突然見つけます。公園は、車でも、もちろん徒歩でも行くことができます。 車で行くには、N379-1またはN10-4に乗ると、ルートの間ずっと見ることができる息を飲むような眺めがあります。遊歩道はここにあって、駐車できる道に沿っています。 運が良ければ、湾の青緑色の海やリオサド河口の自然保護地区でイルカを見つけることもできます。 公園の一部のエリアは、認定ガイド付き限定でアクセスすることができます。セトゥーバルの公園管理局(PNAr)にお問合せください アラビダ国立公園 – Praça da República – 2900-587 SETÚBAL – +351 265 541 140 – pnarr@icnf.pt この自然公園のビーチ アラビダ公園には複数のパラダイスのようなビーチが隠れています。白砂の長い通りから小さな入り江まで、誰にでも楽しめることがあります。有料駐車場に車を置いて、ガリーグの植物が香る道沿いのビーチに下りるのがベストです。フィゲイリーニャビーチとCreiroビーチですが、ガラポスビーチとGalapinhosビーチを忘れないようにしましょう。 Creiroビーチの上にあるポルティーニョ・ダ・アラビダでは、アラビダフォート・サンタマリアにある海洋博物館を逃さないようにしましょう。 アラビダ自然公園での乗馬 パルメラとアラビダ自然公園では、Rotas Terra Unaで馬や荷馬車に乗って見つけることもできます。常習の乗馬者は、もっと意欲的なハイクをすることができるでしょう。Rotas Terra Unaは1日旅行(Serra do Louro、朝7時)のほか、1週間のDolphin Bay Trail programを提供しています。アラビダ:Baie des Dauphinsにある息を飲むような眺めがある、松やコルクガシの森を通り抜ける追い風。 Rotas Terra Una – Casal Sto. Isidro, Serra do Louro, 2950-131 パルメラ – (+ 351) 212 333 019 – frescata@biosani.com パルメラ:中世の城とフェスティバル セトゥーバルから10kmの所にあるパルメラの小さな町は、生き方を知る快適な中世の村。ローマの執政官のアウリウス・コルネリウス・パルマが名づけました。現在、Pousadas de Portugalネットワークのメンバーであるカステロ・デ・パルメラの生まれ故郷です。お城は公開されていて、the municipal museumがあります。ホテルのレストランでおいしいランチを提供していて、地元の名産品やワインのメニューを揃えています。 岬の頂上からは、パルメラ城の鷲の巣がアラビダ山を見下ろしています。この場所は新石器時代からあり、ローマ人、イベリア人、ムーア人が征服・再征服するのを次から次へと見てきました。その名に恥じない8世紀の最初の要塞は、イベリア半島全土に拡大したムーア人が製作しました。激しく争い、破壊され、そして再建されて大きくなり、1212年にアラブ人が最終的に追放する前には、12世紀全般にかけてムーア人からキリスト教軍へ行ったり来たりを繰り返しました。 お城には、まだ他の暗いエピソードの背景があります:修道会の住居となる前の、カスティーヤ軍との闘いと反逆罪によるエヴォラ司教の幽閉です。1834年に追放されるまで、厚い石柱のヒンヤリとした日よけの中、散歩することを楽しめるすばらしい回廊を修道士は残しました。塔がある中世の壁と城壁跡は、リスボン周辺の日帰り旅行のルートの立ち寄りにピッタリのセッティング。晴れ渡った日には、お城の城壁から都市も見ることができます。 パルメラは、初春から夏の終わりまで活気づける多くのフェスティバルの間に訪問することもできます。 アガペーはチーズ・パン・ワインのフェスティバルから(Festa de Queijo, Paô e Vinho, 3月後半~4月初旬)始めます。そして6月のパルメラ・ワイン・ジャズフェスティバル:週末にかけて、「ワインと音楽のおいしいクリエイティブな協調を味わえます(2017年版プログラムをご覧ください)。夏の終わりには収穫祭Festa da Vindimas(8月末~9月初旬)があります。アトラクションの中には伝統的なブドウの圧搾、クイーンの選出、行進とファンファーレ、花火、カウハイドレース、そしてもちろん、地域のワインを味わう機会がたくさんあります。最後に、9月3週目には中世祭が開催されます。Feira Medieval de Palmelaではあなたが期待するものすべてを提供します:騎士の馬上槍試合、猛禽類の実演、中世のダンス、コンサート、アクロバット、ジャグラー、カンカンなど‥(こちらに2017年フェスティバルのビデオとフェスティバル2017年版の記録があります) 地元アートとクラフトのマーケット お城の下では、5~10月のハイシーズン中、町でマーケットが開催されます:この「小さなマーケット」は毎週土曜朝9時~午後1時まで開催され、地元のアートとクラフトを提供します。 Casa Mãe da Rota dos Vinhosのワインテイスティング パルメラの歴史の中心となる心地よい緑あふれる地域はCasa Mãe da Rota dos Vinhosです。この古いワインセラーはセトゥーバルのワインルートの開始地点となっています。ワイン、チーズ、はちみつ、パステル・デ・モスカテルなどのペストリーのほか、地元の果物の驚きのフレーバーのアイスクリームを試すことができます。アイスクリームのフレーバーは:リンゴ、洋ナシ、桃、マスカットなど。地元製品のお店も観光局として機能していて、ツアーや小旅行の予約をすることができます。 Casa da Rota dos Vinhos - Largo São João Baptista 1, 2950-214 Palmela - +351 21 233 4398 – 毎日朝10時~夜7時。土曜は午後1時~7時。祝祭日はお休みです パルメラへの行き方 A2/A5のセトゥーバル/カスカイス方向に従ってリスボンの出口で降ります。セトゥーバル出口/アルマダに乗り、A2を走り続けます。IP7で合流します。A2/IP7を出口4で降りて、パルメラ/モンティージョ(Montijo)に向かってN252に乗ります。高速道路出口でEM532に乗るとパルメラに到着します。

さらに読む
リスボン周辺の家族の小旅行:パルメラとアルビダ自然公園

リスボン周辺の家族の小旅行:パルメラとアルビダ自然公園

イベント

発見する芸術家:ホセ・デ・アルマダ・ネグレイロ

4 年前 - Julie D.

「モダンであることとは、まさにエレガントであるようなもの。着飾り方ではなくてあなたの在り方。モダンであることは、モダンな書法を使うことに限定されていない:小説の目新しさの発見者であることが必要だ。」 ホセ・デ・アルマダ・ネグレイロ、O Desenho [Le Dessin]会議, マドリード, 1927年 20世紀初期、旧欧州では目新しさに対する世代の渇望が巻き起こっていました。ポルトガルでは、1910年に初めての地震が起こりました – 1755年の地殻運動の地震ではなく、政治的なものが。1910年10月5日、共和党が立憲君主制度を乗っ取りました:その前日の10月4日、リスボンで大多数の議席を獲得し、選挙の結果で、民衆の反乱が同時に起こりました。10月5日には共和党が布告されました。 これらの出来事は、革命的で急速な熱を帯びた変化の幕開けでした。1910~1925年の間、ポルトガルには8人の共和党大統領、7つの議会、5回の議会解散が存在しました。 未来派、新しい始まりのための衝動 1893年に生まれたホセ・デ・アルマダ・ネグレイロは、1910年の時には17歳:この雰囲気の中、彼は青春を過ごしました。ヨーロッパのモダニズムのすばらしい象徴だった彼はいつも未来派を主張しましたが、ポルトガル以外のことは全く知りませんでした。 独学で、1913年に初めて自分のデッサンと風刺画を公開しました。第一次世界大戦間際に彼はヨーロッパの中で現代主義の若い方の世代に入り、手錠を捨てて別世代の習慣における無力な欧州社会の錠を壊したいと考えていました。 技術的な革新は加速していますが、モラルと社会は適応するのに時間がかかります。この慣習に対応するために、現代主義者は発展・速度・新しい技術に魅了されます。 アルマダ・ネグレイロはそのひとりですが、理想に燃えた若者にとってはすべてが可能なのです。当時の欧州の活気の象徴的なエネルギーを利用して、彼は侵害にのめり込みます。 この天才のタッチの才能のリストにはクラクラしてしまいます:イラストレーター、画家、ライターで詩人、舞台美術家で振付師、陶芸家で彫刻家、雑誌の設立者で編集者、しかも時間がある時や生活のためには、ダンサーや労働者、俳優やディレクターも。 名刺として不敬な言動 ダダイズムに似ている未来派に関連したもうひとつの運動ではアルマダ・ネグレイロはためらうことなく、修辞的な武器としてユーモアを使います。これは1915年発行の彼のManifesto Anti-Dantasに現れています。 脚本家として最も知られていますが、外科医でエッセイストでもあるジュリオ・ダンタスは、現実主義者の雑誌Orpheuを非難して、苦い思いをしました。アルマダ・ネグレイロが彼を攻撃し、同時に、彼によると、Martinho do Rossio caféのテーブルに立って朗読した声明で、ポルトガルの芸術生活をやめさせたすべての周りの伝統主義者も同じことをしました。 ダンタスによって表現されることに同意する世代は、かつていませんでした!貧しい、価値のない、盲目的な集まりです!ゼロ以下の食わせ物とペテンのこぎ手!ダンタスは、人は書くことができるからではなく、書き方を知っているということを証明するために生まれたのです!ダンタスは文法を知っています、構文法を知っています。薬を知っています、枢機卿のための夕食の作り方を知っています、何でも知っていますが、彼ができるのはそれだけです! 同じ挑発的な調子ですが、悪ふざけと傲慢の間に置くのが難しいことが、彼の「Futurist Ultimatum」で見つかります:「私はどの改革世代の一部でもない。建設的世代の一部だ。私は23歳、健康で聡明な23歳である。自分自身の経験の意識的な結果だ。ポルトガル人として、私は自分に値する国を必要とする資格があると信じている。」 では、我慢できない頭痛または幻想的で挑発的な天才?これらのおかしな突出は、後に、サラサール政権下の時に彼を滅ぼしますが、彼は政府の命令のおかげで生き残ります。しかし、後者はその好みに芸術家のユーモアを必ずしも見つけるというわけではなく、それどころか壊されたRocha do Conde d'Óbidosの船舶ターミナルに彼のアズレージョのフレスコを置きませんでした。古代芸術博物館の管理者João Coutoの仲裁のおかげで与えられました。 もっと早く!もっと早く! アルマダ・ネグレイロは、内観的な芸術家の姿勢で時代遅れになりません:現実主義のこの世界に自分を向こう見ずに投げ入れて、進行を早めて、ポルトガルを動かすことにすべてを捧げました。20年間の熱意とは、彼には非常にゆっくりと思われました。自分の目は自分の目ではないと彼は言いますが、この20世紀の乱れたリズムに合った世紀の目は、まだ当時は真新しく、どれがアバンギャルドで、典型的な楽天主義であるかは、なおも見込みに溢れているように見えました。 アルマダ・ネグレイロにとって、芸術家の使命は現実主義を作ること、それを起こすことです。この変形の意味は、トータルの芸術作品として考えられる光景で、場面、特に場所を満たして大衆にアピールすることです。アジ宣伝や政治的芸術について話すことは厳密には問題ではありません:アルマダ・ネグレイロの野望はそれよりも公共の場に現実主義を取り込むことでした。そこにいて、アンテナを広げ、反応を扇動すること:芸術家はエッセイ、宣言、公開状、特にサラザール政権の初期に公開しています。 コラボプロジェクト・フィーバー アルマダ・ネグレイロは、彼が期待される場所では決しておとなしくなく、そして便利屋の魂を持っています。ショーをセットアップすることができないならば、戻るのではなく、すぐに魔法のランタンを作ります:模型、ミニチュアショー、かすかな光や変更は、手段不足でビジョンに活気を与えて、アイデアの継続と発展を保留します。カメレオンのように適応することで、実験やコラボを増やすことが可能です:彼は相互の競争の雰囲気の中で他の芸術家と交換できる時には、彼は自分の持ち前を発揮しました。 アルマダ・ネグレイロは、総体的なプロジェクトで活躍しました。それでフェルナンド・ペソアと設立したポルトガルの未来派の雑誌であるOrpheu誌と多数のステージプロジェクト、バレエ、オペラ、劇場の芝居がありました。すべてが成功するわけではありませんが、アルマダ・ネグレイロはすべての場所を代わる代わるいっぱいにしたのです:舞台美術家や作曲家、劇作家や振付師、装飾家やダンサー、彼は決して芸術家の楽しい兄弟分の中心ではありませんでした。それでソニア・ドロネーと友達になって、華麗で満たされる手紙のやり取りをしました。 これらのコラボのために芸術の経歴と文学の経歴のどちらかをすぐに選択できませんでした:長い間、彼は絵を描くのと同じぐらい小説を書きました。 リスボンのどこでアルマダ・ネグレイロの作品を見られる? カルースト・グルベンキアン財団へ グルベンキアン財団は、モダンなコレクションの中にアルマダ・ネグレイロの作品の豊富なコレクションを備えています。ところで、それは彼のフレスコ「Comecar」(1969年)で、訪問者をグルベンキアン美術館へ迎えます。2017年6月5日まで開催されている展示会「ホセ・デ・アルマダ・ネグレイロ, モダンである方法」を逃さないようにしましょう。 展示会に関するさらなる情報 – カルースト・グルベンキアン財団 ホセ・デ・アルマダ・ネグレイロ展示会:モダンである方法は、カルースト・グルベンキアン財団で2017年6月5日まで開催されます。この芸術家の多作の経歴を追跡できる過去に未発表の先例のないほど多くスケッチや文書を展示します。 カルースト・グルベンキアン財団 - Av. de Berna, 45A, リスボン – メトロ Praça de Espanha ou São Sebastião アルカンタラとRocha do Conde de Óbidosの船舶ターミナル アルカンタラとRocha do Conde de Óbidoの船舶ターミナルへのアズレージョのフレスコも芸術家のおかげです。到着するには:アルカンタラマール駅または712番のバスでドカ・オブ・アルカンターラ フォーシーズンズ・アルマダ・ネグレイロ・バーで 最後にゲストはフォーシーズンズホテルのラウンジに座ってドリンクをいただいて、アルマダ・ネグレイロのタペストリーを鑑賞することができます。 サロン-バー アルマダ・ネグレイロ– フォーシーズンズホテル リッツ リスボン – Rua Rodrigo da Fonseca, 88, リスボン 1099-039

さらに読む
発見する芸術家:ホセ・デ・アルマダ・ネグレイロ

発見する芸術家:ホセ・デ・アルマダ・ネグレイロ

シークレット

秘密のリスボン:アズレージョの果てしなき贅沢さ

4 年前 - Julie D.

 リスボンを思い出すとすぐに心に浮かぶのは、中庭の爽やかさや、地中海の暑さがスズのつや出しのセラミックタイル張りのヒンヤリとした素材で和らげられたインテリア。この爽やかさは想像だけではありません:アズレージョは「天然」の空気調整の特定温度を可能にします。 アズレージョ、惑わせるブルー アズレージョタイルは、とても華やか場所からとても控え目な場所に至るまであらゆるスペースを飾ります。一番有名なモチーフは青と白のフレスコで、デフルト焼きによってもたらされました。様式化された花、巻物、幾何学模様で聖書や歴史上のエピソード、毎日の生活の場面、地方の田園生活を描いています。 しかも「アズレージョ」は「アズール」「ブルー」…という言葉が由来ではなく、…いいえ、アラビア語の”al zulaiga”「小さな磨いた石」が由来です。スペインに定住するムーア人のためにローマのモザイクを模倣する問題がありました。アズレージョは主にポルトガルに結びついているので、家のインテリアや正面を飾るファイアンス焼きタイルやエナメルのテラコッタの使用は、地中海盆地の至る所に広がって行きました:スペインは、アラビア・アンダルシアン・モザイクや「ムデハル」を用いていて、現在でもモロッコでは 抽象的な幾何学模様を組み替えるために色付きのセラミックカットの破片「ゼリージュ」を見つけることができます。 しかし、ポルトガルのアズレージョはわが道をたどって来ました。はじける色とインスピレーションであるアズレージョは、ポルトガルの装飾芸術の最高の絶妙さを現すために長い年月をかけて、様々な様式・トレンド、すべての斬新さを吸収する方法を理解してきました。良い例はこちらです:ポルトガル特有の応接人物像。あちこちの通りに広まっているこの実物大のキャラクターは目で通行人を見ていて、中に入るように招きます。 リスボンのアズレージョ、5世紀の歴史 ファイアンス焼きタイルは16世紀初期にポルトガルに到着し、二度と戻ることはありませんでした。セビリア訪問中にアラブ・アンダルシア技術によってもたらされたスペインのモザイクとタイルに魅了されたのは、ポルトガルのマヌエル1世です。ポルトガルではアズレージョはすべての芸術的な動き・すべてのモード・すべての技術革新を反映してきました。イタリアのマジョリカ焼き、青いデルフトタイル: 17世紀の裕福なポルトガル人が夢中になったファイアンス焼きの最新様式は、もはや否定されませんでした。 アズレージョは、すべてのインスピレーションを迎える非常に柔軟な表現モードです。宗教の場面または毎日の生活の場面、抽象的なモチーフ、フルートを吹く猿にその他ロココ様式のモチーフ、多彩食または心休まるミニマリストは青と白の2つの色を持っています… アズレージョはそれ自体が芸術ジャンルで、ポルトガルの知的・外的生活の大きな動きを反映しています。 彫った石よりも取り扱いがしやすく高価でない、タイルとファイアンス焼きのエレメントはアールヌーボーの最高の日々も作り上げました。ユーゲント・シュティールがあるウィーン、ブダペスト、カサ・ヴァトルの驚きの青い階段があるバルセロナでは、建築家と芸術家が万能な素材の無限の可能性を見つけ出して、すべてのファンタジーに結びつけます。ポルトガルのアズレージョは人気が一切衰えず、この動きの一部も作っています。 手描きタイルの職人技から大量生産が可能な独創的な革新に至るまで、製造手順は様々:それからデカールに相当するパターンの移行技術に移ります。 控え目なアズレージョは、その謙虚さが永続性を持っています。アズレージョは現在に至っても芸術家の原動力となっています:小さな四角のものはすべての補充やすべてのプラスチックの大胆さにピッタリのお供。マリア・ケイルのような一部の人にとって、アズレージョは好みの媒体となっています。アベニュー・インファンテ・サントの「ラ・メール」をお見逃しなく。1959年に完成された彼女の大きなアズレージョのフレスコがあります。マリアは笑いながら言っていました:「私は14 cm四方の小さな四角の上に、水性絵の具を使って1,000年の技を用いて作業するの…多分、それは媒体が適切な価値に評価されないとても控え目な媒体だから。」 リスボンでアズレージョが見える場所は? メトロに乗ることから始めましょう… 旧式のハガキにとどまらずに、アズレージョは公共の場の装飾に使用され続けています。これはもちろん、リスボン・メトロの場合:1950年に開業以来、複数のメトロ駅では著名な芸術家に委託したアズレージョのフレスコを用いて贅沢に装飾されています。 壁を覆うことにアズレージョを使用するという最初の考えは、建築家のフランシスコ・ケイル・ド・アマラと、ポルトガルの最高の芸術のすばらしい女性である妻のマリア・ケイルのものです。限られた資金にもかかわらず、このプロジェクトの実行を可能にするために、ケイル夫婦は独創的で抽象的な装飾を開発しました。それで駅から駅へと移り変わる無限の様々な装飾を手に入れるために、限られた色と模様からタイルを巧みに組み替えるのには十分でした。 1980年後半のメトロ拡大の間、数名のコンテンポラリーアーティストにフレスコの実現を割り当てて、同じ趣旨での継続の決定をしました。ラランジェイラスではRolando de Sá Nogueira、アルト・ドス・モイーニョスのJúlio Pomar、コレジオ・ミリタール/ルスのManuel Cargaleiro、シダーデ・ウニヴェルシターリアのVieira da Silvaを見つけることができます。 空港メトロ駅は、デザイナーのアントニオ・アントゥーネスによって2014年に再装飾されました。彼の巨大なフレスコがポルトガル文化のアイコンを公開して旅行者を迎えます:ファド・シンガーのアマリア・ロドリゲス、サッカー選手のエウゼビオ、建築家のパ ル ダ ル・ モ ン テ イ ロ、芸術家のラファエル・ボルダロ・ ピニェイロ(すばらしい陶芸家でもある)、芸術家アルマダ・ネグレイロス、詩人フェルナンド・ペソア、ならびノーベル賞文学賞受賞者ジョゼ・サラマーゴ。 リスボンのアズレージョ、見逃さないように… アズレージョ国立博物館:Museu Nacional De Azulejo 1509年に設立された旧トマールのキリスト教修道院にあるアズレージョ国立博物館では、約1時間半のリフレッシュできる、うまくデザインされた滞在があなたを待ちわびています。ここではアラブ・アンダルシアン・モザイクからコンテンポラリーな創作物に至るまでアズレージョ発展の主な段階を発見できます。博物館内の案内はポルトガル語なので、無料アプリのダウンロードを忘れないようにしましょう:言語を選択すると(ポルトガル語、英語、またはサインした言語)、博物館の1階から2階まで33の描写シートで案内します。2階には1755年の地震前のリスボンを表しているフレスコは博物館の宝石のひとつです。回廊には小さな彫像が、重量に不平を表しながらも噴水の鉢をすべて支えています。 アズレージョ国立博物館 - Rua da Madre de Deus, 4, 1900-312 リスボン – 火曜~土曜 午前10時~午後6時。 シントラ宮殿 シントラ宮殿は、中世のポルトガルの王の住居です。マヌエル1世は、最初には、驚くほど贅沢なアズレージョの使用を紹介したがりました。ひとつの目的は紋章、天球儀で、壁にどこまでも続いています。この天球儀はポルトガル国旗に現在に至るまで象徴されています。 シントラに関する当社の記事も見る シントラ宮殿 - Parque de Monserrate, シントラ – 12月25日と1月1日を除き年中営業 朝9:30~午後7時。 内緒ですが… アトリオ・タイルズストアは、米国ベースのポルトガルの作品。シントラ宮殿やその他の歴史あるアズレージョにインスパイアされたロマンチックな形とモチーフの楽しいジュエリーを提供しています:イヤリング、色付きリングやカフは、あなたの目をウットリとさせます。(Etsyストアはこちらです) マルケゼス・デ・フロンテイラ宮殿:Palacio de Marqueses de Fronteira 1671年に狩猟小屋として設計された宮殿はなおもマルケゼス・デ・フロンテイラの個人住居です。インテリアはエクステリアと同じように豪快にアズレージョで装飾されています。 飾りのない素朴なアクセントが入ったフレスコは、狩猟シーン、国のお祭り、戦闘シーンを表しています。小さな変わった細部を見つけることができますか?宮殿の戦闘ホール(Sala das Batalhas)には、「アズレージョのシスティナ礼拝堂」というあだ名がありました。ポルトガル返還戦争でのスペインのハプスブルク家に対するブラガンザ家の勝利を祝っています。 Palacio de Marqueses da Fronteira – Largo São Domingos de Benfica 1, 1500-554 リスボン - 月曜~土曜 午前10時~午後5時 - ガイドツアー 11時~12時 / 正午。6月~9月は10時30分と11時30分もあります リスボンのどこで本物のアズレージョを買う? アズレージョ MMA ショップのManuel Marques Antunesではアンティークのアズレージョを提供していて、注文にも対応しています。オリジナルのデコレーションアイデアとして:結婚式の食事の座席札としてアズレージョタイルの使用。 アズレージョ MMA - Rua do Jardim 75A, Bicesse 2645-343 Alcabideche - 月曜~土曜 午前9時~午後1時、午後2時~午後6時、8月と9月は、土曜は営業していません。 ファブリカ・サンタンナ ファブリカ・サンタンナは、シリーズで作る、または配慮して手で飾ったモダンなアズレージョとアンティークの再発行を作っています:本物の職人作業です。希望する模様と色を正確に入手させてくれるので、カスタムタイルの注文が可能です。例えば装飾のプロジェクトは非常に精密です。普通のアズレージョに加え、その他多数の陶磁器製品があります。 ファブリカ・サンタンナ - atelier Calçada da Boa Hora, nº96 – ショールーム:Rua do Alecrim, 95, 1200-015 リスボン – ワークショップは月曜~土曜の午前9:30~午後7時まで営業しています。 ガレリア・ラトン・セラミカズ ラトン・セラミカズ・ギャラリーは、媒体としてアズレージョを選択した様々な経歴のコンテンポラリーアーティストによる作品を提供しています。最近の展示会は、ジュン・シラス、マリア・ビートリズ、グラサ・モライスの作品の発見や再発見を可能にしました。ギャラリーは、魅力的な回顧展を提供していて、各アーティストのセラミック、デッサン、絵画を対比しています。 ガレリア・ラトン・セラミカズ - Rua da Academia das Ciências, 2C, リスボン - 月曜~金曜日午前10時~午後1時30分、午後3時~7時30分 ソーラー・アンティーク・タイルズ 太陽の古美術商専門カタログは、15世紀のムーアのアズレージョから20世紀のアールデコのファンタジーに至るまでの品揃え。解体が約束された建物、または少なくとも思い切った修復から大切に保護されたこれらのタイルはすべて建築スタイルですべてが芸術のトレンドを表しています。製品は真正性の証明書付きで販売されています。単位に販売される小さなアズレージョから、18世紀の優美な場面を表した何ダースもの完全な状態のタイルに至るまで、そこではだれもが幸せを見つけるでしょう。 ソーラー・アンティーク・タイルズ - Rua D. Pedro V 70, 1250-094, リスボン - 月曜~金曜 午前10時~午後7時、土曜 午前10時~午後1時 

さらに読む
秘密のリスボン:アズレージョの果てしなき贅沢さ

秘密のリスボン:アズレージョの果てしなき贅沢さ

グルメ

リスボンで最もトレンディなレストラン

4 年前 - Pauline P.

レストランで過ごす夜には、楽しいセッティングは大抵の場合、お料理の質と同じぐらい大事なこと。目と味蕾の楽しさの組み合わせを楽しむために、我々が選んだリスボンで最もトレンディなデザインレストランを発見しましょう! 100 Maneiras 洗練されたセッティング、すべて白色を基調とし、「テイスティング」強制メニューがある独特なコンセプトは料理とさまざまな味の発見につながります…シェフLjubomir Stanisicの才能とインスピレーションは、彼のテーブルへとリスボン全体を魅了していて、誰もがもっと食べたくなります。 Rua do Teixeira, 35, Encarnação Kais Kaisは巨大な業界スタイルのレストランに改装された19世紀の工場で、木製の家具や金属の建物がエレガントに融合し、オリーブの木がレンガの壁に向かって生えています。料理の洗練さのように場所のスペースに感動します。 Rua Cintura do Porto de Lisboa, Armazém 1 (Cais da Viscondessa) Bica do sapato 息を飲むようなテーグス川の眺め、そしてデザインフレームは放置されたままではありません。俳優ジョン・マルコビッチがかつて所有していたレストランBica do Sapato はオリジナルのお料理と最高品質を備えていて、リスボン必見の場所です。グルメとデザイン好きな人に確かな策。 Avenida Infante D. Henrique, Armazém B Largo パリのBuddha Barを所有していて、過去の回廊をトレンディなレストランに変えたのはデザイナーMiguel Cancio Martins。2013年にTime Out誌に首都にあるベストテーブル10に選ばれています。建物の石のアーチ型の天井とは対照的に壁に沿った水族館は発光クラゲとおしゃべり好きな人々で溢れています。メニューは洒落ているというよりもクラシックなものですが、それでも満足するものです。 Rua Serpa Pinto, 10A – 1200-445 Chiado Eleven エデュアルド VIIパークを見下ろす巨大なビルの中に、以前はリスボンでミシュランガイドに唯一登場したレストランElevenがあります。独特なパノラマと最もクリエイティブなお料理を提供しています。シェフのJoachim Koerperは、地中海料理に新鮮で最高品質の生産物を組み合わせてとても味わい深く仕上げています。もう1階上のビストロTwelveではタパスやリゾットが注目を浴びるもっと利用しやすいメニューを提供しています。 Rua Marquês da Fronteira Jardim Amália Rodrigues Pharmacia サンタ・カタリナ・ミラドールの前に位置するPharmaciaレストランは、薬学の世界を詳細に提供するかわいらしいファーマシー・ミュージアムの建物の中にあります。セッティングは完璧で、装飾は非常に美しく、気配りの行き届いたサービス、驚きのお料理を提供しています。いくつかの前菜が味蕾を驚かせる「サプライズ」メニューで自分自身を驚かせてみましょう。 Rua Marechal Saldanha 1 Tabik 2015年にCondé Nast Travelerにポルトガルのカリナリー・シーンの新星として選ばれました。シェフManuel Linoはずっと努力をしてきて、リスボンで最も人気があるテーブルにレストランTabikを定着させました。もっと現代風の技術と驚きの連想でポルトガル料理のクラシックを異なる視点から解釈しています。 Av. da Liberdade 41

さらに読む
リスボンで最もトレンディなレストラン

リスボンで最もトレンディなレストラン