グルメ


セクショングルメのすべてのHomeTown ブログ記事をこのページで見つけられます。

グルメ

リスボンでおいしいポルトガルワインを味わえる場所と方法

1 年前 - Valérie D.

人生にはボルドー、ブルゴーニュ、コート・デュ・ローヌだけではありません!ワイン好きな人は、ポルトガルがすばらしいワイン国であることを知っています。あまり知られていないポルトガルのぶどう畑には約30の生産地があります。有名なバーやリスボンのレストランのテーブルや、地域最高の飲み物に専念するぶどう園ツアーの間に見つけることができるさまざまなワイン製造。こんな風に穏やかに地域の香りにウキウキすれば、セラーやポルトガルの首都の専門店で見つけるワインを数本持ち帰らずにリスボンを離れることはできないでしょう。乾杯! 豊富なポルトガルのぶどう畑 ポルトガルのクリュとして、私たちはポルト、ヴィーニョ・ヴェルデ、マデイラを特に知っています。ルシタニアのぶどう畑にはそれでもさまざまな赤、白、スパークリングワイン種があって、どんな料理にもどんな場合にも合います。 リスボン自体には生産地が9か所ほどあります:南部のブセラス、コラレス、カルカベロス、中心にあるアレンクエール、アルーダ、ロリーニャ、オビドス、トーレス・ヴェドラス、北部のエンコスタス・ダイレ。例えば、ブセラスの白ワインは地元のイワシのお伴にピッタリ。シントラを訪問すると、さほど遠くない所でコラレスの赤ワイン、そしてその近くで国最高の白ワインの中からエストレマドゥーラワインを味わうことができます。白ワインの街のさらに南では、モスカテル・ダラビーダが製造されます。20~30年物は、甘くて黄金色。アペリティフやデザートにピッタリ。グリルしたお肉は、すばらしい赤ワインDâoが合います。濃厚な味わいの食事には、有名なポルトでもよく知られている北部の小さな地域のアレンテージョ、バライーダ、ドウロのワインを味わいましょう。 ポルトと言えば、アペリティフの時にフランス人が味わう、またはおいしいメロンを添えたスターターとしてしか知りません。イギリス人はチーズと併せることを好み、ポルトガル人は食後の一部として飲みます。ポルトガルの美酒のもうひとつのスターはもちろん、ヴィーニョ・ヴェルデ。その新鮮な春と早期の収穫の「グリーンワイン」の名を持っているのであれば(「ヴィーニョ・マデュロ」や「熟成ワイン」と異なって)、間違いありません。スパークリングワインは、白も赤もあります。最後に、ワイン地域ポルティマオンの日光の中で花咲くアルガルヴェのワインを忘れないようにしましょう。 こちらもアルガルヴェ原産のAmarguinhaは、甘くて苦いアーモンドリキュール。ポルトガルにはヴィンテージの多様性があって、国の有名なリカーを発見する楽しみは山ほどあります。リスボンでは決まってジンジーニャまたはジンジャが実際に首都の「逃せない」もの。このチェリーアルコールをカップの底にチェリーを入れるか入れないかは、あなた次第。最後に、暑い日にはお好みの国産ビールの新鮮さで喉をいつも潤わせることができます:サグレス、スーパーボック、クリスタル、インペリアル。 ポルトガルワインの名称 ポルトガルワインは4つのカテゴリーに分けられる分類を前提としていることにご注意ください:DOC (Denominação de origem controlada)、IPR (Indicação de Provenção de Provençncia Regulada)、 VR (Vinhos Regionais。同義語は、"Vins de Pays")、そして最後にビノ・デ・メッサつまり「テーブルワイン」です。 DOCとIPRカテゴリーは欧州規制Q.W.P.S.R.(特定地域で製造される上質ワイン)に準じています。DOCの名称は、フランスのAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と同等です。この非常に高い味覚と香りの質があるワインは、国に属し、最高基準を満たしています(ぶどう品種、土の特性、アルコール含有量など)。DOCカテゴリーは、ポルト、Barraida、ピコ、その他有名なボトルの中からマデイラで見つかる中から毎年新しく選ばれるものを含めます。IPRに分類されるワイン(「管理された産地のしるし」と訳すことができます)はDOC名称を待って、この名を手に入れるために5年間観察されます。つまり、このIPRとはポルトガルワインの「新しいスター」の候補をキャストしています。「Vinhos Regionais」は上質で、決定された産地の条件を満たしていますが、DOC名称に課されているすべての規則を満たしていないものです。アルガルヴェ、アレンテージョ、エストレマドゥーラがそれにあたります。ポルトガルのテーブルワインにはすばらしい驚きがあるものもありますが、管理された名称の下においては、ほとんどは隣接の地の品質とは関わりがありません。 リスボンでワインを楽しむにすばらしい場所 では、ポルトガルワインの伝統についてすべて分かったところで、残るはこれらのおいしいワインをリスボンで楽しめるすばらしい場所を見つけるだけ。首都では、ワイン学を専門とした場所は事欠くことはなく、おいしいワインが好きな人には、幅広い選択肢があるすばらしいワインのウェイターがいるビストラやレストラン、訪問すべきすばらしいセラーがあります。ワイン愛好家のためにリスボンで発見する場所を4か所選択してみました。 例えば、オールド・ファーマシーはバイロ・アルト地区にある絶対行くべきワインバー。気配りの行き届いたサービスは旧薬局の装飾で多数の顧客を出迎え、最高の「セラピー」アドバイスを与えてくれます… まさに街の中心部にあるソムリエ・リスボンレストランは、名前の通りグルメ料理の選択があり、最高のワインと料理を併せていただくのにピッタリ。ワインリストには80以上の選択肢があります! しかし、国中のワインを味わうことに完全に没頭している瞬間に熱中するための「マスト」は、コメルシオ広場に構えるポルトガルワイン委員会のアーチ状の部屋。選択するパッケージ料金では、さまざまなグラスワインを味わって、あらゆる種類のポルトガルのテロワールやヴィンテージを発見することができます。こちらではフレンドリーな場所で乾杯したり「ドリンクを飲む」だけでなく、探求します。ワインイベントやテーマのテイスティングも多数のアクティビティで提供されます。 それでは行きましょう。塗装された路地の曲がり角で典型的なジンジーニャのカウンターにもたれかかって楽しくやりましょう。リスボンにはこういう場所がたくさんあって、特に歩道にさくらんぼの種が落ちたロシオの近くでは簡単に見つかります。歴史的な場所はジンジーニャ・エスピンヘイラにあり、良心的な値段で1.10ユーロ。ボスがリスボンでとても愛されているおいしいチェリーリキュールを持って来てくれます(それ以外な何も。このためだけにそこに行きます!)。 オールド・ファーマシー: 83, R. do Diario de Notícias 73 – Lisbon 営業時間: 毎日17:30~0:00 ソムリエ・リスボン: Rua do Telhal, 57 – Lisbon 営業時間: 毎日18:30~0:45 ポルトガルワイン委員会 : Terreiro do Paco, Ala Poente – Lisbon 営業時間:11:00~18:30 ジンジーニャ・エスピンヘイラ: Largo de São Domingos, 8 – Lisbon 営業時間:毎日9:00~22:00 ポルトガルワイン文化を発見…そして家に香りを持って帰る ポルトガルワインのエキスパートになったところで、お好みのワインを味わい、今は自分のお気に入りがあるはず。少なくともすばらしいワインを1本持って帰らずして家に帰ることはできません。地域のワインルートで本物のツアーの思い出作りにぜひ! 必要なことは、大聖堂近くでトラム28番を降りるだけ。新しいショップセラーGNの後ろに有名なガラフェイラ・ナシオナルを見つけることができます。このワインショップでは最高のDOCからテーブルワイン、最もグリーンなヴィーニョから最古のヴィンテージに至るまで、ポルトガルワインが勢ぞろいしています。 地域のワイン学の探索をさらにするためには、ワイン街道の1日を試してみてはいかがでしょう。多数のツアーがあります。例えばお抱え運転手が迎えに来て、終日、地域の最もすばらしいセラーでテイスティングをしながら、最も名声あるぶどう畑を訪問し、魅力的な村でお買い物をさせてくれます。地元ワインの特性をすっかり満喫できるまったく感覚的な経験…ほどほどに飲んで楽しみましょう! GN セラー -  Rua da Conceição, 20/26 - Lisbonne 営業時間: 毎日10:00~21:00

さらに読む
リスボンでおいしいポルトガルワインを味わえる場所と方法

リスボンでおいしいポルトガルワインを味わえる場所と方法

グルメ

甘さいっぱいのリスボン、リスボンのペストリーとティールーム

1 年前 - Julie D.

パステル・デ・ナタ、パステル・デ・ベレン:卵クリームがタップリ入ったこれらのタルトは世界中で有名になりました。それに誘起されて、ポルトガルはバニラとシナモンにうっとりする甘さとおいしさに溢れているというイメージがありますが、それは間違いではありません… ドース・デ・オヴォシュ、ペストリークリームの道楽 パスティスは最初に思い浮かべるポルトガルのデザートですが、残念ながら大抵はそれが唯一のものです。しかし、リスボンに到着する訪問者は、アールヌーボーの味わいがあるティールームのショーケースの後ろに山積みに並べられて提供される豊富なケーキやペストリーに当惑することがあります。 ポルトガル人とリスボンっ子が – いわばすべてのソースであるペストリーのクリームを入れるために使うアートは驚くべきものではありません。「ドース・デ・オヴォシュ」、このおいしい卵クリームを何種類のケーキに詰めることができますか?無限のようです。 でも、なぜ卵クリーム?ポルトガルのペストリーシェフは毎日卵黄を何個使うのでしょう?ポルトガル全土に"doces conventuais"、「便利なペストリー」を発見させたのは修道士と修道女であったという伝統があります。修道院には逆の問題がありました。大量のワインを白くして、パンを作るために卵白を使った後に、そんなにたくさんの卵黄をどうしたらよいのだろう?と。ポルトガル植民地からやって来た大量の砂糖のおかげで回答が見つかりました。 リスボン、甘い物好きな人のパラダイス 有名なパスティスを試したら、他の名物に移りましょう。例えばbolas de Berlim。ご想像通り、卵クリームを詰めたドーナッツ。ベルリーナー・プファンクーヘンのポルトガル版です。または、卵を10個以上、砂糖が200グラム以上、– そして形を作るために小麦粉がちょっぴり必要で、中に卵クリームを詰めたトルタ・デ・アゼイタオンがあります。 ポルトガルのケーキは、載せることと不思議を約束することを恐れません。それで喚起の名(“ceu”とは“天国”という意味)がある“toucinho de ceu”は、パラダイスへの鍵を与えてくれます…しかしそれだけではありません。"Toucinho"とはベーコンという意味。ふわふわとしたおいしさがありつつ、カロリーもあるこの「天国からのベーコン」は、従来、ラードで作れていて、現在ではバターに変えられています。かなりの量のバター、砂糖やアーモンドパウダーのほか、toucinho de ceuのその他の材料は?想像できないでしょう:卵黄です。 しかし、思うことと反して、ポルトガルのペストリーは砂糖と卵黄だけではありません。 チョコレートサラミやシントラのケイジャーダなどの他の珍味の中で、シナモンとアイシングシュガーをふりかけた繊細なドーナッツの「夢」("sonhos")を発見することは必須。スターシェフのジョルジュ・メンデスのレシピはこちらにあります。 リスボンでペストリーを堪能する場所は? 家でこういうおいしいケーキを作ってみることができるなら(もちろん、卵黄の供給があるという条件で)、リスボンの有名なティーサロンを楽しく発見することもできます。多くの人々が気に入っている4店舗をこちらでご紹介しますが、小さな裏通りで見つかる隠れ家的なお店を自分で発見することを楽しむこともできます:日よけに魔法の言葉"fabrica proprio"がある「パステラリア」(カフェ)がたくさんあり、ペストリーがその場で作られているということを明らかにしています。 コンフェイタリア・ナシオナル コンフェイタリア・ナシオナルは最古のベーカリー。1829年創立で、今日でも同じ家族が運営。設立者Balthazar Castanheiroの子孫の6代目となります。どの君主にも、すべてが名誉:王室となってから、王族大統領官邸の正式な供給者です。 その名声の犠牲となっている場所は、観光客にとても人気です。しかし巡礼の旅はこのペストリーの寺院でこだましています。開店時または夜遅くの人混みが少ない時にアズレージョを称賛して、とてもおいしいコーヒーやビールを飲みに来ることができます。 フィゲイラ広場, 18, 1100-241 Lisbon - +351 21 342 4470 – 毎日朝8時~夜10時、月曜は朝8時~夜8時、日曜は朝9時~夜10時 パステラリア・ヴェルサイユ 高級感溢れる正面の裏のパステラリア・ヴェルサイユのインテリアは、同名の宮殿の鏡のホールに引けを取りません:天井の回し縁の繊細な白い渦巻き型はグレーパールの背景とコントラストを成していて、燭台は輝き、ベストを着用したウェイターは驚きです。 長いサービスルームの中にはペストリーのショーケースを見るとよだれが出そうです。ホットチョコレート「ア・ラ・フランセーズ"」や「ア・ラ・エスパニョール」があり、ほかにはモザンビークの紅茶「chá preto de Moçambique」があります。 同じ店舗のglacierが最近同じ通りにオープンし、主なペストリーを数種類(no.21)提供しています。ベレン地区には支店もあります。 リベルダーデ大通り店, º 15 - A, 1050-185 Lisbon - +351 21 354 6340 – 毎日朝7:30~夜11:45 ヴェルサイユ・ベレン - Rua da Junqueira 528 / Calçada da Ajuda 8, 1300-314 Lisbon - +351 21 822 8090 – 朝7:30~夜11時 パステリア・スイッサ Rua da Betesgaで単に分かれている2軒のライバルパステリア・スイッサとコンフェイタリア・ナシオナルは、互いにファイアンス焼きの犬として見合っていますが、グルメの方にとっては選択する必要がありません。両店舗とも誠実です! 姉妹店ほど印象的でない外観の下でもパステリア・スイッサは洗練さを醸し出しています。ここでも新しくアイロンをかけられた厚い白いテーブルクロスは必須。そして長いショーケースにはデザートがぎっしりと詰まっていて、同じく印象的です。 パステラリア・スイッサ - Praça Dom Pedro IV, 96 to 104, 1100-202, Lisbon - +351 21 321 4090 – 毎日朝7時~夜9時 パステラリア・オリオン 贅沢さは控え目ですが、味では引けを取らないパステラリア・オリオンは、ティールームというよりも居心地の良い近所のカフェという外観です。このパステラリアは観光客の雑踏から少し離れていて、地元の人の方が多く訪れます。さらにすぐに常連客になることができます:他のもっと有名なペストリーの経歴とアンティークさはありませんが(実際1945年に創立されたばかり!?)、商品とレシピのクオリティとなると、パステラリア・オリオンは同等にうらやましい場所です。 パステラリア・オリオン - Calçada do Combro 1, 1200-012 Lisboa, Portugal - +351 21 342 0485 – 毎日朝7時~夜8時

さらに読む
甘さいっぱいのリスボン、リスボンのペストリーとティールーム

甘さいっぱいのリスボン、リスボンのペストリーとティールーム

グルメ

リスボンで最もトレンディなレストラン

2 年前 - Pauline P.

レストランで過ごす夜には、楽しいセッティングは大抵の場合、お料理の質と同じぐらい大事なこと。目と味蕾の楽しさの組み合わせを楽しむために、我々が選んだリスボンで最もトレンディなデザインレストランを発見しましょう! 100 Maneiras 洗練されたセッティング、すべて白色を基調とし、「テイスティング」強制メニューがある独特なコンセプトは料理とさまざまな味の発見につながります…シェフLjubomir Stanisicの才能とインスピレーションは、彼のテーブルへとリスボン全体を魅了していて、誰もがもっと食べたくなります。 Rua do Teixeira, 35, Encarnação Kais Kaisは巨大な業界スタイルのレストランに改装された19世紀の工場で、木製の家具や金属の建物がエレガントに融合し、オリーブの木がレンガの壁に向かって生えています。料理の洗練さのように場所のスペースに感動します。 Rua Cintura do Porto de Lisboa, Armazém 1 (Cais da Viscondessa) Bica do sapato 息を飲むようなテーグス川の眺め、そしてデザインフレームは放置されたままではありません。俳優ジョン・マルコビッチがかつて所有していたレストランBica do Sapato はオリジナルのお料理と最高品質を備えていて、リスボン必見の場所です。グルメとデザイン好きな人に確かな策。 Avenida Infante D. Henrique, Armazém B Largo パリのBuddha Barを所有していて、過去の回廊をトレンディなレストランに変えたのはデザイナーMiguel Cancio Martins。2013年にTime Out誌に首都にあるベストテーブル10に選ばれています。建物の石のアーチ型の天井とは対照的に壁に沿った水族館は発光クラゲとおしゃべり好きな人々で溢れています。メニューは洒落ているというよりもクラシックなものですが、それでも満足するものです。 Rua Serpa Pinto, 10A – 1200-445 Chiado Eleven エデュアルド VIIパークを見下ろす巨大なビルの中に、以前はリスボンでミシュランガイドに唯一登場したレストランElevenがあります。独特なパノラマと最もクリエイティブなお料理を提供しています。シェフのJoachim Koerperは、地中海料理に新鮮で最高品質の生産物を組み合わせてとても味わい深く仕上げています。もう1階上のビストロTwelveではタパスやリゾットが注目を浴びるもっと利用しやすいメニューを提供しています。 Rua Marquês da Fronteira Jardim Amália Rodrigues Pharmacia サンタ・カタリナ・ミラドールの前に位置するPharmaciaレストランは、薬学の世界を詳細に提供するかわいらしいファーマシー・ミュージアムの建物の中にあります。セッティングは完璧で、装飾は非常に美しく、気配りの行き届いたサービス、驚きのお料理を提供しています。いくつかの前菜が味蕾を驚かせる「サプライズ」メニューで自分自身を驚かせてみましょう。 Rua Marechal Saldanha 1 Tabik 2015年にCondé Nast Travelerにポルトガルのカリナリー・シーンの新星として選ばれました。シェフManuel Linoはずっと努力をしてきて、リスボンで最も人気があるテーブルにレストランTabikを定着させました。もっと現代風の技術と驚きの連想でポルトガル料理のクラシックを異なる視点から解釈しています。 Av. da Liberdade 41

さらに読む
リスボンで最もトレンディなレストラン

リスボンで最もトレンディなレストラン

グルメ

レ・パステル・デ・ナタ、リスボンの楽しみ

2 年前 - Pauline P.

小さなペーストリー・フランのようなもので、温かいままシナモンをまぶしてよく食べられるパステル・デ・ナタは、リスボンの食道楽のエンブレムとなりました。地元の人にも観光客にも人気のこのペーストリーの元祖と、リスボンを家にちょっぴり持って帰るのに簡単なレシピ発見しましょう。 歴史 ポルトガルのパステル・デ・ナタ「クリームパイ」は、リスボン地区となったベレンにあるジェロニモス修道院の修道士によって19世紀初期に作り出されました。 1820年に自由主義革命が勃発すると、すべての修道院を閉鎖するように命令され、修道士は全員追い出されました。生き延びるために、修道士のひとりがかつては女子修道院で作られていた小さなタルトレットを作ることを決意しました。そして修道院に隣接した小さなショップで売りました。ベレン自体がそれから観光目的地となり、多数の訪問者がベレンの塔と修道院を見るためにやって来ました。この小さなフランの成功はあっという間で、1837年にはオリジナルのFabrica dos Pasteis de Belemだけがパステル・デ・ベレンと名前を変えてこのケーキのオリジナルレシピを作って販売しています。 さあ、ポルトガルのこれらすべてを見つけたところですが、さらに進みます!ブラジルはもちろんですが、もっと驚くことにアジア大陸全土が取り入れています:ポルトガル植民地時代のマカオ経由で伝わったパステル・デ・ナタは中国を魅了して、それからカンボジア、マレーシア、シンガポール、台湾、そして香港へ。この世界的な成功によって、パステル・デ・ナタはガーディアン紙の世界最高の料理50品のひとつとなりました。 レシピ リスボンでのグルメ滞在後、ご自宅でポルトガルの味を少し体験したくないですか?この早くて簡単なレシピをどうぞ! パフペーストリー) 2つ 卵黄 4個 全卵 2個 牛乳 500ml 小麦粉 20g 砂糖 250g 洗ったオーガニックレモンの皮 1個 幅約1㎝ パフペーストリーを転がして小さなソーセージを作って1㎝の厚さに切ります。 各スライスを小さなタルトパン(平ら)に入れて、親指で平らにすると生地をパンに広げることができます。 500mlの牛乳の中に小麦粉20gを溶かします。混ぜます。レモンの皮を加えます。規則正しくかき混ぜながら、牛乳を沸騰させます。最初に沸騰した時に、火からはずしておきます。 全卵と卵黄を混ぜ合わせて横においておきます。 シロップ:砂糖250gと水を少し(砂糖を湿らせる)混ぜ合わせます。砂糖をゆっくりと溶かします。107/110℃に達するまでシロップを煮ます。 火からはずして、牛乳/小麦粉を混ぜたものに入れて、勢いよくかき混ぜます。レモンの皮を取り除きます。 規則正しくかき混ぜながら卵を加えます。 ベーキングシートの上に生地をのせたパンを置きます。クリームを3/4まで入れます。 予熱しておいたオーブン(250~300℃)で7~10分間焼きます。 味見をする準備はできていますか?

さらに読む
レ・パステル・デ・ナタ、リスボンの楽しみ

レ・パステル・デ・ナタ、リスボンの楽しみ