グルメ


リスボンで最もトレンディなレストラン

5 年前 - Pauline P.

レストランで過ごす夜には、楽しいセッティングは大抵の場合、お料理の質と同じぐらい大事なこと。目と味蕾の楽しさの組み合わせを楽しむために、我々が選んだリスボンで最もトレンディなデザインレストランを発見しましょう!

100 Maneiras

洗練されたセッティング、すべて白色を基調とし、「テイスティング」強制メニューがある独特なコンセプトは料理とさまざまな味の発見につながります…シェフLjubomir Stanisicの才能とインスピレーションは、彼のテーブルへとリスボン全体を魅了していて、誰もがもっと食べたくなります。

Rua do Teixeira, 35, Encarnação

Restaurant 100 Maneiras Lisbon

Kais

Kaisは巨大な業界スタイルのレストランに改装された19世紀の工場で、木製の家具や金属の建物がエレガントに融合し、オリーブの木がレンガの壁に向かって生えています。料理の洗練さのように場所のスペースに感動します。

Rua Cintura do Porto de Lisboa, Armazém 1 (Cais da Viscondessa)

Restaurant Kais Lisbon

Bica do sapato

息を飲むようなテーグス川の眺め、そしてデザインフレームは放置されたままではありません。俳優ジョン・マルコビッチがかつて所有していたレストランBica do Sapato はオリジナルのお料理と最高品質を備えていて、リスボン必見の場所です。グルメとデザイン好きな人に確かな策。

Avenida Infante D. Henrique, Armazém B

Restaurant Bica do sapato Lisbon

Largo

パリのBuddha Barを所有していて、過去の回廊をトレンディなレストランに変えたのはデザイナーMiguel Cancio Martins。2013年にTime Out誌に首都にあるベストテーブル10に選ばれています。建物の石のアーチ型の天井とは対照的に壁に沿った水族館は発光クラゲとおしゃべり好きな人々で溢れています。メニューは洒落ているというよりもクラシックなものですが、それでも満足するものです。

Rua Serpa Pinto, 10A – 1200-445 Chiado

Restaurant Largo Lisbon

Eleven

エデュアルド VIIパークを見下ろす巨大なビルの中に、以前はリスボンでミシュランガイドに唯一登場したレストランElevenがあります。独特なパノラマと最もクリエイティブなお料理を提供しています。シェフのJoachim Koerperは、地中海料理に新鮮で最高品質の生産物を組み合わせてとても味わい深く仕上げています。もう1階上のビストロTwelveではタパスやリゾットが注目を浴びるもっと利用しやすいメニューを提供しています。

Rua Marquês da Fronteira Jardim Amália Rodrigues

Restaurant Eleven Lisbon

Pharmacia

サンタ・カタリナ・ミラドールの前に位置するPharmaciaレストランは、薬学の世界を詳細に提供するかわいらしいファーマシー・ミュージアムの建物の中にあります。セッティングは完璧で、装飾は非常に美しく、気配りの行き届いたサービス、驚きのお料理を提供しています。いくつかの前菜が味蕾を驚かせる「サプライズ」メニューで自分自身を驚かせてみましょう。

Rua Marechal Saldanha 1

Restaurant Pharmacia Lisbon

Tabik

2015年にCondé Nast Travelerにポルトガルのカリナリー・シーンの新星として選ばれました。シェフManuel Linoはずっと努力をしてきて、リスボンで最も人気があるテーブルにレストランTabikを定着させました。もっと現代風の技術と驚きの連想でポルトガル料理のクラシックを異なる視点から解釈しています。

Av. da Liberdade 41

Restaurant Tabik Lisbon