イベント


セクションイベントのすべてのHomeTown ブログ記事をこのページで見つけられます。

イベント

発見する芸術家:ホセ・デ・アルマダ・ネグレイロ

2 年前 - Julie D.

「モダンであることとは、まさにエレガントであるようなもの。着飾り方ではなくてあなたの在り方。モダンであることは、モダンな書法を使うことに限定されていない:小説の目新しさの発見者であることが必要だ。」 ホセ・デ・アルマダ・ネグレイロ、O Desenho [Le Dessin]会議, マドリード, 1927年 20世紀初期、旧欧州では目新しさに対する世代の渇望が巻き起こっていました。ポルトガルでは、1910年に初めての地震が起こりました – 1755年の地殻運動の地震ではなく、政治的なものが。1910年10月5日、共和党が立憲君主制度を乗っ取りました:その前日の10月4日、リスボンで大多数の議席を獲得し、選挙の結果で、民衆の反乱が同時に起こりました。10月5日には共和党が布告されました。 これらの出来事は、革命的で急速な熱を帯びた変化の幕開けでした。1910~1925年の間、ポルトガルには8人の共和党大統領、7つの議会、5回の議会解散が存在しました。 未来派、新しい始まりのための衝動 1893年に生まれたホセ・デ・アルマダ・ネグレイロは、1910年の時には17歳:この雰囲気の中、彼は青春を過ごしました。ヨーロッパのモダニズムのすばらしい象徴だった彼はいつも未来派を主張しましたが、ポルトガル以外のことは全く知りませんでした。 独学で、1913年に初めて自分のデッサンと風刺画を公開しました。第一次世界大戦間際に彼はヨーロッパの中で現代主義の若い方の世代に入り、手錠を捨てて別世代の習慣における無力な欧州社会の錠を壊したいと考えていました。 技術的な革新は加速していますが、モラルと社会は適応するのに時間がかかります。この慣習に対応するために、現代主義者は発展・速度・新しい技術に魅了されます。 アルマダ・ネグレイロはそのひとりですが、理想に燃えた若者にとってはすべてが可能なのです。当時の欧州の活気の象徴的なエネルギーを利用して、彼は侵害にのめり込みます。 この天才のタッチの才能のリストにはクラクラしてしまいます:イラストレーター、画家、ライターで詩人、舞台美術家で振付師、陶芸家で彫刻家、雑誌の設立者で編集者、しかも時間がある時や生活のためには、ダンサーや労働者、俳優やディレクターも。 名刺として不敬な言動 ダダイズムに似ている未来派に関連したもうひとつの運動ではアルマダ・ネグレイロはためらうことなく、修辞的な武器としてユーモアを使います。これは1915年発行の彼のManifesto Anti-Dantasに現れています。 脚本家として最も知られていますが、外科医でエッセイストでもあるジュリオ・ダンタスは、現実主義者の雑誌Orpheuを非難して、苦い思いをしました。アルマダ・ネグレイロが彼を攻撃し、同時に、彼によると、Martinho do Rossio caféのテーブルに立って朗読した声明で、ポルトガルの芸術生活をやめさせたすべての周りの伝統主義者も同じことをしました。 ダンタスによって表現されることに同意する世代は、かつていませんでした!貧しい、価値のない、盲目的な集まりです!ゼロ以下の食わせ物とペテンのこぎ手!ダンタスは、人は書くことができるからではなく、書き方を知っているということを証明するために生まれたのです!ダンタスは文法を知っています、構文法を知っています。薬を知っています、枢機卿のための夕食の作り方を知っています、何でも知っていますが、彼ができるのはそれだけです! 同じ挑発的な調子ですが、悪ふざけと傲慢の間に置くのが難しいことが、彼の「Futurist Ultimatum」で見つかります:「私はどの改革世代の一部でもない。建設的世代の一部だ。私は23歳、健康で聡明な23歳である。自分自身の経験の意識的な結果だ。ポルトガル人として、私は自分に値する国を必要とする資格があると信じている。」 では、我慢できない頭痛または幻想的で挑発的な天才?これらのおかしな突出は、後に、サラサール政権下の時に彼を滅ぼしますが、彼は政府の命令のおかげで生き残ります。しかし、後者はその好みに芸術家のユーモアを必ずしも見つけるというわけではなく、それどころか壊されたRocha do Conde d'Óbidosの船舶ターミナルに彼のアズレージョのフレスコを置きませんでした。古代芸術博物館の管理者João Coutoの仲裁のおかげで与えられました。 もっと早く!もっと早く! アルマダ・ネグレイロは、内観的な芸術家の姿勢で時代遅れになりません:現実主義のこの世界に自分を向こう見ずに投げ入れて、進行を早めて、ポルトガルを動かすことにすべてを捧げました。20年間の熱意とは、彼には非常にゆっくりと思われました。自分の目は自分の目ではないと彼は言いますが、この20世紀の乱れたリズムに合った世紀の目は、まだ当時は真新しく、どれがアバンギャルドで、典型的な楽天主義であるかは、なおも見込みに溢れているように見えました。 アルマダ・ネグレイロにとって、芸術家の使命は現実主義を作ること、それを起こすことです。この変形の意味は、トータルの芸術作品として考えられる光景で、場面、特に場所を満たして大衆にアピールすることです。アジ宣伝や政治的芸術について話すことは厳密には問題ではありません:アルマダ・ネグレイロの野望はそれよりも公共の場に現実主義を取り込むことでした。そこにいて、アンテナを広げ、反応を扇動すること:芸術家はエッセイ、宣言、公開状、特にサラザール政権の初期に公開しています。 コラボプロジェクト・フィーバー アルマダ・ネグレイロは、彼が期待される場所では決しておとなしくなく、そして便利屋の魂を持っています。ショーをセットアップすることができないならば、戻るのではなく、すぐに魔法のランタンを作ります:模型、ミニチュアショー、かすかな光や変更は、手段不足でビジョンに活気を与えて、アイデアの継続と発展を保留します。カメレオンのように適応することで、実験やコラボを増やすことが可能です:彼は相互の競争の雰囲気の中で他の芸術家と交換できる時には、彼は自分の持ち前を発揮しました。 アルマダ・ネグレイロは、総体的なプロジェクトで活躍しました。それでフェルナンド・ペソアと設立したポルトガルの未来派の雑誌であるOrpheu誌と多数のステージプロジェクト、バレエ、オペラ、劇場の芝居がありました。すべてが成功するわけではありませんが、アルマダ・ネグレイロはすべての場所を代わる代わるいっぱいにしたのです:舞台美術家や作曲家、劇作家や振付師、装飾家やダンサー、彼は決して芸術家の楽しい兄弟分の中心ではありませんでした。それでソニア・ドロネーと友達になって、華麗で満たされる手紙のやり取りをしました。 これらのコラボのために芸術の経歴と文学の経歴のどちらかをすぐに選択できませんでした:長い間、彼は絵を描くのと同じぐらい小説を書きました。 リスボンのどこでアルマダ・ネグレイロの作品を見られる? カルースト・グルベンキアン財団へ グルベンキアン財団は、モダンなコレクションの中にアルマダ・ネグレイロの作品の豊富なコレクションを備えています。ところで、それは彼のフレスコ「Comecar」(1969年)で、訪問者をグルベンキアン美術館へ迎えます。2017年6月5日まで開催されている展示会「ホセ・デ・アルマダ・ネグレイロ, モダンである方法」を逃さないようにしましょう。 展示会に関するさらなる情報 – カルースト・グルベンキアン財団 ホセ・デ・アルマダ・ネグレイロ展示会:モダンである方法は、カルースト・グルベンキアン財団で2017年6月5日まで開催されます。この芸術家の多作の経歴を追跡できる過去に未発表の先例のないほど多くスケッチや文書を展示します。 カルースト・グルベンキアン財団 - Av. de Berna, 45A, リスボン – メトロ Praça de Espanha ou São Sebastião アルカンタラとRocha do Conde de Óbidosの船舶ターミナル アルカンタラとRocha do Conde de Óbidoの船舶ターミナルへのアズレージョのフレスコも芸術家のおかげです。到着するには:アルカンタラマール駅または712番のバスでドカ・オブ・アルカンターラ フォーシーズンズ・アルマダ・ネグレイロ・バーで 最後にゲストはフォーシーズンズホテルのラウンジに座ってドリンクをいただいて、アルマダ・ネグレイロのタペストリーを鑑賞することができます。 サロン-バー アルマダ・ネグレイロ– フォーシーズンズホテル リッツ リスボン – Rua Rodrigo da Fonseca, 88, リスボン 1099-039

さらに読む
発見する芸術家:ホセ・デ・アルマダ・ネグレイロ

発見する芸術家:ホセ・デ・アルマダ・ネグレイロ