ナイトライフ


セクションナイトライフのすべてのHomeTown ブログ記事をこのページで見つけられます。

ナイトライフ

クラブとナイトクラブ:リスボンで外出する場所

1 年前 - Julie D.

リスボンのナイトライフはアクティブで情熱的。誰もがディナーで会ったり、飲みに行き、(リスボン最高のトレンディレストラン、ベストバー、ルーフトップのアドレスをご覧ください)良い季節になると、長い夜を楽しみます。 リスボンの夜は遅く始まって終わります。午前2時、3時前にクラブにはあまり多くの人はいません。満員になるダンス・トラックを待っている間に、食事をして、パーティ地区のバイロ・アルトの裏通りのバーをはしごする時間はたっぷりあります。 ポルトガルの首都のクラブはそれぞれ独自の雰囲気を持っています。多くは波止場地域のカイス・ド・ソドレにある旧工場にオープンしました。誰もが好みの音楽をそこで見つけることができます:夏中踊る最新ヒット、それとも逆にすばらしいDJが揃っている所、ジャズ、エレクトロにワールドミュージック - ブラックメタルでも:音楽のお好みに応じてリスボンでは夜に外出します。 そして何も荒らすことを禁じません。ここでの夜、あそこでの夜、メインストリーム「前」、もっと新しいものの「後」。リスボンでクラブに行くには、どんな退出でも大丈夫です。だから偏らないようにしましょう - 好奇心から未知の音楽ジャンルに関連づけることができます。それが旅行の発見の一部だから! クラブクイーン:LuxFrágil、見て & 見られて ファットボーイ・スリムがここで演奏し、ジョン・マルコヴィッチがオーナーのひとり…LuxFrágilはリスボンのクラブランキングでいつも1位です。 この3階建ての巨大なクラブは「ネック・プルス・ウルトラ」:熱い夜にさわやかな空気を吸うためにテーガス川を見渡せるルーフテラスから、音楽のリズムに光るストロボスコープが照らすテクノの地階まで、見て & 見られるために行くクラブです。 リスボンのジェット族と行き違いますが、上級であると言う人は誰でも入口で選別されます。これは最高の洋服を着て、認められるチャンス:ここは「美しい人々」が会う場所です。 装飾は定期的に変更され、過剰な誘惑は手近にあります:巨大なスクリーン、巨大なアームチェア、天井から掛けられた巨大な電球。午前3時、4時ぐらいの早い時間にそこに行きます。 LuxFragil - Av. Infante D. Henrique, Armazem A, Cais da Pedra a Sta. Apolonia, 1950 - 376 Lisbon. 通の人のアフリカ音楽:B.Leza 2012年に波止場の旧工場へ移動したB.Lezaは美しい再生を理解しています。ここはリズムを揺さぶるファンのためのアフリカ音楽の伝説のクラブ。 需要あるアンゴラやカボベルデ音楽のヒップであるキゾンバ、センバ、フナナをマスターするハッピーな少数派の人が、特に非常に人気のワークショップ中にやって来て楽しみます DJとライブミュージックのオーケストラはすべてすばらしく、おしゃべりのエネルギーのある夜をお約束します。1か月に1度、日曜の夜にファドパーティ、夜7時からキゾンバレッスン、午前2時まではキゾンバの夜です。 B.Leza - Cais da Ribeira Nova, Armazem B, 1200-109 Lisbon - 水曜~日曜営業 ビッグクラシック:インコグニート、ミニステリウム いつでも最高のクラブとして名を挙げられるインコグニートとミニステリウムはリスボンのクラブやナイトクラブの中のすばらしいクラシック。 リスボン最古のクラブであるインコグニートは1988年から継続的に営業されています。まさにその通り。オルタナティブロックや80年代のシンセポップ、音楽のチョイスはインディーズ。中はダンスフロアを見渡せる中二階、その上の二番目のバーがあるロフトが息を呑むようなスペースを提供しています。ここでも入口での選別は些細なこと。その名に忠実にクラブは外に名前がないので、住所を見つけてベルを鳴らしましょう。 インコグニート - Rua Poiais of Sao Bento 37 (Bairro Alto), 1200-346 Lisbon コメルシオ広場にあるミニステリウムは旧財務省の建物にあるという事実でその名がついていて、魅力的に18世紀建築を伝えています。 ミニステリウムは土曜の夜限定のクラブであることにご注意ください。日中はレストラン(カンティーナ)でランチとディナーの洗練された料理を提供しています。 ミニステリウム - Terreiro do Paço, 1100-038 Lisbon - クラブは土曜の23時~6時 旧売春宿の痛烈な魅力:Pensão Amor このクラブバーは旧売春宿にオープンし、その名残があることに迷いはありません。ピンナップポスター、赤いベルベット、影のあるフリンジの装飾はテーマにあり、眺めから隠されているクラブの下は、控えめにセックスショップにもなっています。 静かなリラックスできる雰囲気で、飲みに来てさまざまなプログラムを楽しむことができます:コンサート(ジャズ、ソロアーティスト)、バーレスクキャバレー、ポールダンシング。 Pensão Amor - Rua do Alecrim 19, 1200-292 Lisbon 80年代のノスタルジック、2つの珍しい場所 夏の曲から離れてダンスをすることに興味がありますか?80年代のニューウェーブののるたるじっくには、クラブ・ノワールは80年代の音楽専門:インディーズ、インディトロニック、シンセウェーブ、レトロウェーブなどさまざまな流行が毎週土曜の夜に重んじられます。しかし、金曜はヘビーメタルとハードロックです。驚きのセッティングにすべて:クラブ・ノワールは旧トロピカルクラブのボラ=ボラのアーチ状の地下室に投資し、装飾を少し「キッチュ」に保っています。 クラブ・ノワール - Rua da Madalena 201, 1100 Lisbon - 金曜、土曜、祝祭日の前日 23時~4時 メインストリームミュージックとは無関係、べたであると非難されることを全く気にしないもうひとつのクラブメトロポリスは「ダークシーン」に着目しています。ポストパンク、ゴス、ダークウェーブ、ヘビーエレクトロのファンはここで見つけます。クラブは定期的にデペッシュ・モードまたはガンズ・アンド・ローゼズパーティのほか、ロックライントライブやVanguardaパーティを開催しています。(Facebookでイベントをご覧ください) メトロポリスクラブ - Av. Fontes Pereira de Melo 35, 1050 - 118 - Imaviz ビルディングの地下2階(シェラトンの隣の緑色のビル) こちらは成功するリスボンの夜のレシピ:観光の後にできるだけ時間を取ってリラックスして時間を過ごします。パーティへドレスアップして、リフレッシュして食事をしたら、リスボンのクラブやナイトクラブに行く準備完了。 ステージを踏み、大きな印象を与える時間です:休暇ベース、ちょっぴり好奇心を加える、熱をひとつまみ、淹れたてのビールやよく混ざったカクテルを数杯、楽しい会話で気前よくがぶ飲み、腹の底からの笑い、誘惑ちょっぴり、ちょっとしたおふざけには触れない。お好きなダンスフロアで音楽に全部混ぜます(シェイク、シェイク!)。 スタイリッシュな仕上げにすることは、朝早く帰宅すること。クタクタ。でもハッピー。頭は少しぼーっとしている、テーガス川に上る太陽を迎えましょう。

さらに読む
クラブとナイトクラブ:リスボンで外出する場所

クラブとナイトクラブ:リスボンで外出する場所

ナイトライフ

リスボンで外出する場所は?リスボン最高のバー

1 年前 - Julie D.

リスボンはパーティピープル、夜型の人、その他の夜遊びをする人に両手を広げて待っています。街の別の地域のバイロ・アルトから旧波止場まで、バーが互いにフォローし合って、全部異なっています。最もトレンディなバーから最も歴史的なバーまでここにはリスボン最高のバーが数件あります。夜が終わるまでいつまでもいるのにすばらしい場所です。 最高の装飾のバー:Pavilhão Chinês 「チャイニーズ・パビリオン」は1986年以来建物を占めている伝統的な食糧雑貨店に名を保有しています。この有名なバーはリスボンに長い間あり、その評判は右に出るものがありません。1階の控えめな正面でほぼ止まらずに通り過ぎてしまいますが、いったん中に入るとそこは魔法:窓に覆われた壁がある迷宮の部屋に入り、古い食料棚には何千ものアイテムがごちゃ混ぜに蓄えられています。 かつでは米や砂糖のパッケージがあった店の窓の後ろにはおもちゃ、軍の記章、古い広告、変わったノスタルジアの全世界があります。アールデコの天井のモールディングが親密で風変わりな空気を添えています。快適なベンチに座って、この場所の魔法にさらわれましょう。 古いポスター、多関節の人形、これらのすべての物は建物の元オーナーLuis Pinto Coelhoのプライベートコレクションです:若いころからのコレクターで、開店の時に自分のコレクションでバーを飾ろうと決心しました。 バーは定期的にファド・ナイトを開催します。 Pavilhão Chinês - Rua Dom Pedro V 89, 1250-093 - Tel.: +351 21 342 4729 – 午後6時~朝2時、毎日営業。 最高に騙す秘密のバー:レッド・フロッグ・スピークイージー・バー 2017年世界のベストバー50にランク付けされたレッド・フロッグは、ロウソクの灯を灯した布張りの低いアームチェアと小さな丸いテーブルでうまくデザインされた装飾の中ですばらしいカクテルを提供します。飲み物の紹介はじっくりと考えられました。小さな赤いカエルがいくつかのフラスコの中に見つかり、花びらとドライフルーツが他の創作物が飾ります。カードにはカクテルが甘い、フルーティ、苦いかどうかが書かれています… 「誘発剤」に誘惑されますか?不思議な味わいのカクテルはヘンドリックのジン、ルバーブ、ピンクペッパー、コンブチャのブレンドです。バーに入るためには、ベルを鳴らさなければなりません – ベルを征服する赤いカエルへの挨拶の言葉を認識するでしょう。便利じゃないですか? レッド・フロッグ・スピークイージー・バー - Rua do Salitre 5A, 1250-198 - Tel.: +351 21 583 1120 – 午後8時~午前2時、金曜・土曜は午前3時まで、日曜定休 ひとつではないベストバー:ワイン・ウィズ・ア・ビュー これはとてもオリジナルなバーテラス。破壊的な太陽の下、サン・ジョルジェ城の高さを登ります…頂上に到着したら、喉を冷やしたくなります。 ワイン・ウィズ・ア・ビューがあなたを待っています:1965 Famel scooterを巧妙に改装し、イザベル、イーボ、テレサがグラスでポルトガルワインを提供しています。街で最も美しいパノラマのひとつの前で小さなヴィーニョ・ヴェルデやジンジャを楽しむことができます。本物のワインを発見する独特な落ち着いた方法。午後の終わりや穏やかに夕方に移行する時にピッタリです。 ワイン・ウィズ・ア・ビュー - サン・ジョルジェ城とベレンの塔 – 城 11~18時、ベレン 11~17時 歴史溢れる最高のバー:ア・パロディア すばらしいアールデコのセッティングのバー、ア・パロディアはPavilhão Chinêsのようにリスボンの夜の施設。独裁国家没落を誘発した1974年のカーネーション革命の2日後にオープンしたア・パロディアは20世紀初期に有名な風刺新聞に敬意を表して名づけられました。ベルベットのベンチと寄木細工のテーブル、雰囲気は洗練されていてビンテージです。ポルトガルワイン、すばらしい60種類のカクテルのメニュー(冷たいもの、または冬にリスボンを訪問する人にはホット)をすすりましょう。オーナーのフィリパは場所の中心人物。バーや街の歴史について喜んで質問に答えてくれます。 ア・パロディア - Rua do Patrocinio 26B, 1350-230 - Tel.: +351 21 396 4724 – 21~2時営業 - バーは喫煙です。 ベスト・アートバー:アルテ 8 バー リスボンの夜の中心、バイロ・アルトではアルテ 8が小さな宝石。壁には有名なポルトガルのカメラマンの作品があります。場所はすばらしい雰囲気で、海外のDJのおかげで良い音楽と、頭をクラクラさせるカクテルがあります。夜にはスマートな電光が天井に光の効果を演出し、部屋にボヘミアンタッチを与えるすてきなタッセルシャンデリアを生かしています。 アルテ 8 バー - Travessa da espera 54 Lisboa, 1200-176 - Tel.: +351 935 555 541 - 水曜・木曜 午後8時~午前2時、金曜・土曜 午後8時~午前3時、日・月・火曜定休 ベスト・ビアバー:リスビア アルファマ地区の裏通りの角に隠れているリスビアは良いビールしか置いてありません – それとすばらしい音楽。フレンドリーなオーナーの元で、国で一番幅広くビールを提供しています!さまざまな国から輸入したビールだけでなく、ポルトガルの小さな醸造所(Letra C, Dois Corvos)のビールも取り揃えていて、エールの熱狂者は魅了されます。快適にフィットする大きなアームシェアがあり、お好みの飲み物を味わえます。まだ決めていない人には、スタッフが好みや好奇心に応じて喜んでビールをお薦めしてくれます。 リスビア - eco do Arco Escuro 1, 1100-016 – 火曜~木曜 午後4時~午前1時、金曜・土曜は午前2時まで、日曜・月曜定休

さらに読む
リスボンで外出する場所は?リスボン最高のバー

リスボンで外出する場所は?リスボン最高のバー

ナイトライフ

リスボンで高い所に行ってみましょう:ベスト・ルーフトップ

2 年前 - Pauline P.

「7つの丘の街」というあだ名がある長所は、パノラマ的で息を飲むような眺めに恵まれていること。リスボンのどこでも、丘を上った努力の末にすべてが報われます:眩惑的な眺めと赤いタイルのルーフトップの地平線上の眺望、テーガス川の輝く河口。星の輝く夜にポルトガルの首都のベスト・ルーフトップへ我々のガイドに従いましょう… 駐車場の建物のつり庭パークバー 都市の駐車場の建物の7階にあるパークバーは、とても見つけやすいスポットというわけではありませんが、まさにもっと味わい深い経験にしてくれます。トリップアドバイザーで都市のベスト・ルーフトップに投票されたこのつり庭はthe 25 de Abril Bridgeとサンタカタリーナ教会の驚きの眺めを提供してくれます。夜には屋外シネマや一流のDJをこの場に投入していて、ハンバーガーや軽いサラダ、ホワイト・サングリアを満喫することができます。 パーク:Calçada Do Combro, 58 / 月~土:13:00-2:00 / 日:13:00-20:00 リスボンの中心でインドの雰囲気ロスト・イン プリンシペレアル界隈の高所の場所での景色の変化にはロスト・インがあり、リスボンの地にインドを招きます。ミスマッチな家具、カラフルなパラソル、融通の利くクッションは、この場所をまったりとしたテラスにします。丘とサン・ジョルジェ城の眺めはすばらしく、国際的な料理は驚きです。 ロスト・イン エスプラナダバー:Rua D. Pedro V, 56 / 月:16:00-0:00 / 火~土:12:30-0.00 首都で一番エグゼクティブなテラスシルククラブ 「世界最高のクラブ」のメンバー、シルククラブは、間違いなくリスボンで最も伸びているテラスです。街全体を270°見渡すことができるこの洗練された雰囲気は、ポルトガルのエリート、ビッグボス、エンターテイメントのスターを歓迎します。日本食レストランはとても人気でクラブが催すイベントや、リスボンのジェット族の避けがたいランデブーは、本当にマストです! シルククラブ:Rua da Misericordia, 14 火~木:19:00-1:30 / 金・土:19:00-4:00(最終エントリーは2:30) バイロアルトの驚きの眺めLa Terrasse BA 5つ星ホテルのバリロアルトホテルの上にあり、同じ名前の地域のBAテラスはリスボン滞在中にはマストです。リスボンの歴史の中心のスカイラインを圧してテーガス川と4月25日橋の眺望の良い眺めを提供しているこの場所は、午後のひとときやロマンチックなサンセットにピッタリです。しかし早く到着しましょう。狭くてとても人気がある場所なので、いつでもとても混んでいます。 テラスBA:Praça Luís de Camões, 2 / 日~木:10:30-22:00 / 金・土:10:30-1:00 / 夏:毎日10:30-1:00 雰囲気のよいラウンジ、独特な眺めスカイバー 5つ星のチボリホテルの9階にあるスカイバーは非常に快適なラウンジで、バイシャとカステロの隣を見渡す照らされたバーの周りにあります。カクテルメニューは非常に豊富でスナックは少し少なめですが、盛大な食欲は、すぐ横にあるTerraçoレストランで満足しましょう。DJセット、テーマパーティ、コンサート、イベントは成功していて、間違いなくスカイバーはリスボンで最も印象的なパノラマ式のテラスのひとつとなっています。 スカイバー:Avenida da Liberdade, 185 / 4~9月:17:00-1:00 このセレクションがあなたを惹きつけたのであれば、高い所に行ってリスボンを違ったふうに発見しましょう…

さらに読む
リスボンで高い所に行ってみましょう:ベスト・ルーフトップ

リスボンで高い所に行ってみましょう:ベスト・ルーフトップ