ナイトライフ


リスボンで外出する場所は?リスボン最高のバー

2 年前 - Julie D.

リスボンはパーティピープル、夜型の人、その他の夜遊びをする人に両手を広げて待っています。街の別の地域のバイロ・アルトから旧波止場まで、バーが互いにフォローし合って、全部異なっています。最もトレンディなバーから最も歴史的なバーまでここにはリスボン最高のバーが数件あります。夜が終わるまでいつまでもいるのにすばらしい場所です。

最高の装飾のバー:Pavilhão Chinês

「チャイニーズ・パビリオン」は1986年以来建物を占めている伝統的な食糧雑貨店に名を保有しています。この有名なバーはリスボンに長い間あり、その評判は右に出るものがありません。1階の控えめな正面でほぼ止まらずに通り過ぎてしまいますが、いったん中に入るとそこは魔法:窓に覆われた壁がある迷宮の部屋に入り、古い食料棚には何千ものアイテムがごちゃ混ぜに蓄えられています。

かつでは米や砂糖のパッケージがあった店の窓の後ろにはおもちゃ、軍の記章、古い広告、変わったノスタルジアの全世界があります。アールデコの天井のモールディングが親密で風変わりな空気を添えています。快適なベンチに座って、この場所の魔法にさらわれましょう。

古いポスター、多関節の人形、これらのすべての物は建物の元オーナーLuis Pinto Coelhoのプライベートコレクションです:若いころからのコレクターで、開店の時に自分のコレクションでバーを飾ろうと決心しました。

バーは定期的にファド・ナイトを開催します。

Pavilhão Chinês - Rua Dom Pedro V 89, 1250-093 - Tel.: +351 21 342 4729 – 午後6時~朝2時、毎日営業。

リスボン最高のバー:Pavilhão Chines

最高に騙す秘密のバー:レッド・フロッグ・スピークイージー・バー

2017年世界のベストバー50にランク付けされたレッド・フロッグは、ロウソクの灯を灯した布張りの低いアームチェアと小さな丸いテーブルでうまくデザインされた装飾の中ですばらしいカクテルを提供します。飲み物の紹介はじっくりと考えられました。小さな赤いカエルがいくつかのフラスコの中に見つかり、花びらとドライフルーツが他の創作物が飾ります。カードにはカクテルが甘い、フルーティ、苦いかどうかが書かれています… 「誘発剤」に誘惑されますか?不思議な味わいのカクテルはヘンドリックのジン、ルバーブ、ピンクペッパー、コンブチャのブレンドです。バーに入るためには、ベルを鳴らさなければなりません – ベルを征服する赤いカエルへの挨拶の言葉を認識するでしょう。便利じゃないですか?

レッド・フロッグ・スピークイージー・バー - Rua do Salitre 5A, 1250-198 - Tel.: +351 21 583 1120 – 午後8時~午前2時、金曜・土曜は午前3時まで、日曜定休

リスボンのドリンクカクテル

ひとつではないベストバー:ワイン・ウィズ・ア・ビュー

これはとてもオリジナルなバーテラス。破壊的な太陽の下、サン・ジョルジェ城の高さを登ります…頂上に到着したら、喉を冷やしたくなります。

ワイン・ウィズ・ア・ビューがあなたを待っています:1965 Famel scooterを巧妙に改装し、イザベル、イーボ、テレサがグラスでポルトガルワインを提供しています。街で最も美しいパノラマのひとつの前で小さなヴィーニョ・ヴェルデやジンジャを楽しむことができます。本物のワインを発見する独特な落ち着いた方法。午後の終わりや穏やかに夕方に移行する時にピッタリです。

ワイン・ウィズ・ア・ビュー - サン・ジョルジェ城とベレンの塔 – 城 11~18時、ベレン 11~17時

歴史溢れる最高のバー:ア・パロディア

すばらしいアールデコのセッティングのバー、ア・パロディアはPavilhão Chinêsのようにリスボンの夜の施設。独裁国家没落を誘発した1974年のカーネーション革命の2日後にオープンしたア・パロディアは20世紀初期に有名な風刺新聞に敬意を表して名づけられました。ベルベットのベンチと寄木細工のテーブル、雰囲気は洗練されていてビンテージです。ポルトガルワイン、すばらしい60種類のカクテルのメニュー(冷たいもの、または冬にリスボンを訪問する人にはホット)をすすりましょう。オーナーのフィリパは場所の中心人物。バーや街の歴史について喜んで質問に答えてくれます。

ア・パロディア - Rua do Patrocinio 26B, 1350-230 - Tel.: +351 21 396 4724 – 21~2時営業 - バーは喫煙です。

1杯飲む - リスボンのバー

ベスト・アートバー:アルテ 8 バー

リスボンの夜の中心、バイロ・アルトではアルテ 8が小さな宝石。壁には有名なポルトガルのカメラマンの作品があります。場所はすばらしい雰囲気で、海外のDJのおかげで良い音楽と、頭をクラクラさせるカクテルがあります。夜にはスマートな電光が天井に光の効果を演出し、部屋にボヘミアンタッチを与えるすてきなタッセルシャンデリアを生かしています。

アルテ 8 バー - Travessa da espera 54 Lisboa, 1200-176 - Tel.: +351 935 555 541 - 水曜・木曜 午後8時~午前2時、金曜・土曜 午後8時~午前3時、日・月・火曜定休

リスボンで外出 – バー・レトロ

ベスト・ビアバー:リスビア

アルファマ地区の裏通りの角に隠れているリスビアは良いビールしか置いてありません – それとすばらしい音楽。フレンドリーなオーナーの元で、国で一番幅広くビールを提供しています!さまざまな国から輸入したビールだけでなく、ポルトガルの小さな醸造所(Letra C, Dois Corvos)のビールも取り揃えていて、エールの熱狂者は魅了されます。快適にフィットする大きなアームシェアがあり、お好みの飲み物を味わえます。まだ決めていない人には、スタッフが好みや好奇心に応じて喜んでビールをお薦めしてくれます。

リスビア - eco do Arco Escuro 1, 1100-016 – 火曜~木曜 午後4時~午前1時、金曜・土曜は午前2時まで、日曜・月曜定休