グルメ


レ・パステル・デ・ナタ、リスボンの楽しみ

5 年前 - Pauline P.

小さなペーストリー・フランのようなもので、温かいままシナモンをまぶしてよく食べられるパステル・デ・ナタは、リスボンの食道楽のエンブレムとなりました。地元の人にも観光客にも人気のこのペーストリーの元祖と、リスボンを家にちょっぴり持って帰るのに簡単なレシピ発見しましょう。

歴史

ポルトガルのパステル・デ・ナタ「クリームパイ」は、リスボン地区となったベレンにあるジェロニモス修道院の修道士によって19世紀初期に作り出されました。

リスボンのジェロニモス修道院

1820年に自由主義革命が勃発すると、すべての修道院を閉鎖するように命令され、修道士は全員追い出されました。生き延びるために、修道士のひとりがかつては女子修道院で作られていた小さなタルトレットを作ることを決意しました。そして修道院に隣接した小さなショップで売りました。ベレン自体がそれから観光目的地となり、多数の訪問者がベレンの塔と修道院を見るためにやって来ました。この小さなフランの成功はあっという間で、1837年にはオリジナルのFabrica dos Pasteis de Belemだけがパステル・デ・ベレンと名前を変えてこのケーキのオリジナルレシピを作って販売しています。

リスボンのアフタヌーンティ

さあ、ポルトガルのこれらすべてを見つけたところですが、さらに進みます!ブラジルはもちろんですが、もっと驚くことにアジア大陸全土が取り入れています:ポルトガル植民地時代のマカオ経由で伝わったパステル・デ・ナタは中国を魅了して、それからカンボジア、マレーシア、シンガポール、台湾、そして香港へ。この世界的な成功によって、パステル・デ・ナタはガーディアン紙の世界最高の料理50品のひとつとなりました。

レシピ

リスボンでのグルメ滞在後、ご自宅でポルトガルの味を少し体験したくないですか?この早くて簡単なレシピをどうぞ!

  • パフペーストリー) 2つ
  • 卵黄 4個
  • 全卵 2個
  • 牛乳 500ml
  • 小麦粉 20g
  • 砂糖 250g
  • 洗ったオーガニックレモンの皮 1個 幅約1㎝

パフペーストリーを転がして小さなソーセージを作って1㎝の厚さに切ります。

各スライスを小さなタルトパン(平ら)に入れて、親指で平らにすると生地をパンに広げることができます。

500mlの牛乳の中に小麦粉20gを溶かします。混ぜます。レモンの皮を加えます。規則正しくかき混ぜながら、牛乳を沸騰させます。最初に沸騰した時に、火からはずしておきます。

全卵と卵黄を混ぜ合わせて横においておきます。

シロップ:砂糖250gと水を少し(砂糖を湿らせる)混ぜ合わせます。砂糖をゆっくりと溶かします。107/110℃に達するまでシロップを煮ます。

火からはずして、牛乳/小麦粉を混ぜたものに入れて、勢いよくかき混ぜます。レモンの皮を取り除きます。

規則正しくかき混ぜながら卵を加えます。

ベーキングシートの上に生地をのせたパンを置きます。クリームを3/4まで入れます。

予熱しておいたオーブン(250~300℃)で7~10分間焼きます。

味見をする準備はできていますか?

パステル・デ・ナタのレシピ