ブログ


HomeTown リスボン blog offers you a selection of articles devoted to the destination リスボン, its news, culture, activities and of course, its people

ナイトライフ

リスボンで高い所に行ってみましょう:ベスト・ルーフトップ

5 年前 - Pauline P.

「7つの丘の街」というあだ名がある長所は、パノラマ的で息を飲むような眺めに恵まれていること。リスボンのどこでも、丘を上った努力の末にすべてが報われます:眩惑的な眺めと赤いタイルのルーフトップの地平線上の眺望、テーガス川の輝く河口。星の輝く夜にポルトガルの首都のベスト・ルーフトップへ我々のガイドに従いましょう… 駐車場の建物のつり庭パークバー 都市の駐車場の建物の7階にあるパークバーは、とても見つけやすいスポットというわけではありませんが、まさにもっと味わい深い経験にしてくれます。トリップアドバイザーで都市のベスト・ルーフトップに投票されたこのつり庭はthe 25 de Abril Bridgeとサンタカタリーナ教会の驚きの眺めを提供してくれます。夜には屋外シネマや一流のDJをこの場に投入していて、ハンバーガーや軽いサラダ、ホワイト・サングリアを満喫することができます。 パーク:Calçada Do Combro, 58 / 月~土:13:00-2:00 / 日:13:00-20:00 リスボンの中心でインドの雰囲気ロスト・イン プリンシペレアル界隈の高所の場所での景色の変化にはロスト・インがあり、リスボンの地にインドを招きます。ミスマッチな家具、カラフルなパラソル、融通の利くクッションは、この場所をまったりとしたテラスにします。丘とサン・ジョルジェ城の眺めはすばらしく、国際的な料理は驚きです。 ロスト・イン エスプラナダバー:Rua D. Pedro V, 56 / 月:16:00-0:00 / 火~土:12:30-0.00 首都で一番エグゼクティブなテラスシルククラブ 「世界最高のクラブ」のメンバー、シルククラブは、間違いなくリスボンで最も伸びているテラスです。街全体を270°見渡すことができるこの洗練された雰囲気は、ポルトガルのエリート、ビッグボス、エンターテイメントのスターを歓迎します。日本食レストランはとても人気でクラブが催すイベントや、リスボンのジェット族の避けがたいランデブーは、本当にマストです! シルククラブ:Rua da Misericordia, 14 火~木:19:00-1:30 / 金・土:19:00-4:00(最終エントリーは2:30) バイロアルトの驚きの眺めLa Terrasse BA 5つ星ホテルのバリロアルトホテルの上にあり、同じ名前の地域のBAテラスはリスボン滞在中にはマストです。リスボンの歴史の中心のスカイラインを圧してテーガス川と4月25日橋の眺望の良い眺めを提供しているこの場所は、午後のひとときやロマンチックなサンセットにピッタリです。しかし早く到着しましょう。狭くてとても人気がある場所なので、いつでもとても混んでいます。 テラスBA:Praça Luís de Camões, 2 / 日~木:10:30-22:00 / 金・土:10:30-1:00 / 夏:毎日10:30-1:00 雰囲気のよいラウンジ、独特な眺めスカイバー 5つ星のチボリホテルの9階にあるスカイバーは非常に快適なラウンジで、バイシャとカステロの隣を見渡す照らされたバーの周りにあります。カクテルメニューは非常に豊富でスナックは少し少なめですが、盛大な食欲は、すぐ横にあるTerraçoレストランで満足しましょう。DJセット、テーマパーティ、コンサート、イベントは成功していて、間違いなくスカイバーはリスボンで最も印象的なパノラマ式のテラスのひとつとなっています。 スカイバー:Avenida da Liberdade, 185 / 4~9月:17:00-1:00 このセレクションがあなたを惹きつけたのであれば、高い所に行ってリスボンを違ったふうに発見しましょう…

さらに読む
リスボンで高い所に行ってみましょう:ベスト・ルーフトップ

リスボンで高い所に行ってみましょう:ベスト・ルーフトップ

ライフスタイル

リスボンの海辺:ポルトガル首都周辺で最も美しいビーチ

5 年前 - Pauline P.

 外は美しくて、暑い、そしてあなたはどの街角でも見つける7つの他の都市をブラブラしています。どのビューポイントでも海があなたを待っていて、あなたの考えはこれだけ:ちょっと入ってヒンヤリしたい!ポルトガルの首都には本物のビーチはありませんが、周辺には美しく砂浜が広がっていてプライベートの入り江もあります。このガイドに従いましょう… 北には一番近いビーチがありますが、大抵の人が訪れる 究極のファミリーの目的地カルカべロス リスボンから列車でたったの20分(エストリル・ライン)に位置するカルカベロスビーチはポルトガルの首都に近い最大のビーチですが、恐らく一番混雑しています。サーファーはそこで波を楽しみます。スポーツにバレーボール大会に家族。多数のレストランやテラスが海の近くにあります。 スリルを求める人のギンショ ヨーロッパで最も美しいビーチのひとつアドラガ 2003年に、サンデータイムズ紙によって最も美しいヨーロッパのビーチに選ばれたアドラガビーチは桁外れな自然環境を楽しむことができます。シントラ・カスカイス自然公園の中心に位置するビーチは海に形成された崖に囲まれていて、少し南にあるビーチよりも混雑もかなり少なめです。 南には、30kmに広がる美しい砂のビーチ ジェット族とカリブ海の味わいトロイア その白い砂と水晶のように透明な海、どの海岸よりも暖かいトロイアビーチは、リスボンの南でファッショナブルなスポットとなりました。トレンディな顧客は、海沿いにある贅沢で最高級のレストランとホテルを満喫します… 思い浮かべるのはカリブ海! 贅沢なダイビングスポットポルチーニョ ・ダ・アラービダ 山を覆う植物の緑、湾の青い水晶のような透明の海、多くの隔離された入江の白い砂… リアルなハガキの風景、ポルチーニョ ・ダ・アラービダ。そして保護されている海洋指定保護地区の有名なダイビングスポット。 地平線に伸びる白い砂フィゲイリーニャ 卓越したリラックススポット、フィゲイリーニャビーチは景色の変化を期待させてくれるその白い砂州と透明な海で知られています。水着を着ましょう。準備はいいですか?ダイブ! 

さらに読む
リスボンの海辺:ポルトガル首都周辺で最も美しいビーチ

リスボンの海辺:ポルトガル首都周辺で最も美しいビーチ

グルメ

レ・パステル・デ・ナタ、リスボンの楽しみ

5 年前 - Pauline P.

小さなペーストリー・フランのようなもので、温かいままシナモンをまぶしてよく食べられるパステル・デ・ナタは、リスボンの食道楽のエンブレムとなりました。地元の人にも観光客にも人気のこのペーストリーの元祖と、リスボンを家にちょっぴり持って帰るのに簡単なレシピ発見しましょう。 歴史 ポルトガルのパステル・デ・ナタ「クリームパイ」は、リスボン地区となったベレンにあるジェロニモス修道院の修道士によって19世紀初期に作り出されました。 1820年に自由主義革命が勃発すると、すべての修道院を閉鎖するように命令され、修道士は全員追い出されました。生き延びるために、修道士のひとりがかつては女子修道院で作られていた小さなタルトレットを作ることを決意しました。そして修道院に隣接した小さなショップで売りました。ベレン自体がそれから観光目的地となり、多数の訪問者がベレンの塔と修道院を見るためにやって来ました。この小さなフランの成功はあっという間で、1837年にはオリジナルのFabrica dos Pasteis de Belemだけがパステル・デ・ベレンと名前を変えてこのケーキのオリジナルレシピを作って販売しています。 さあ、ポルトガルのこれらすべてを見つけたところですが、さらに進みます!ブラジルはもちろんですが、もっと驚くことにアジア大陸全土が取り入れています:ポルトガル植民地時代のマカオ経由で伝わったパステル・デ・ナタは中国を魅了して、それからカンボジア、マレーシア、シンガポール、台湾、そして香港へ。この世界的な成功によって、パステル・デ・ナタはガーディアン紙の世界最高の料理50品のひとつとなりました。 レシピ リスボンでのグルメ滞在後、ご自宅でポルトガルの味を少し体験したくないですか?この早くて簡単なレシピをどうぞ! パフペーストリー) 2つ 卵黄 4個 全卵 2個 牛乳 500ml 小麦粉 20g 砂糖 250g 洗ったオーガニックレモンの皮 1個 幅約1㎝ パフペーストリーを転がして小さなソーセージを作って1㎝の厚さに切ります。 各スライスを小さなタルトパン(平ら)に入れて、親指で平らにすると生地をパンに広げることができます。 500mlの牛乳の中に小麦粉20gを溶かします。混ぜます。レモンの皮を加えます。規則正しくかき混ぜながら、牛乳を沸騰させます。最初に沸騰した時に、火からはずしておきます。 全卵と卵黄を混ぜ合わせて横においておきます。 シロップ:砂糖250gと水を少し(砂糖を湿らせる)混ぜ合わせます。砂糖をゆっくりと溶かします。107/110℃に達するまでシロップを煮ます。 火からはずして、牛乳/小麦粉を混ぜたものに入れて、勢いよくかき混ぜます。レモンの皮を取り除きます。 規則正しくかき混ぜながら卵を加えます。 ベーキングシートの上に生地をのせたパンを置きます。クリームを3/4まで入れます。 予熱しておいたオーブン(250~300℃)で7~10分間焼きます。 味見をする準備はできていますか?

さらに読む
レ・パステル・デ・ナタ、リスボンの楽しみ

レ・パステル・デ・ナタ、リスボンの楽しみ