カルチャー & アート


リスボン近郊地の訪問:リスボンに住む7通りの方法

4 年前 - Julie D.

七丘の都はさまざまな近郊地で有名です。訪問するリスボンのすべてのメインエリアは個性的で独自の魅力があります。行ってみると街に住む7通り(またはそれ以上!)のとてもさまざまな方法を発見します。7つの丘、リスボンの7つの地域の訪問… ポルトガルの首都は多分魔法の数への魅力を備えています!

北から南、東から西へとガイドに従って、リスボン近郊訪問の特殊性の真価を認めましょう。

リスボン近郊地とテーガス川

リスボン国際広場

このリスボンの近郊は最近のもので、1998年リスボン万博向けに改造されて大きく再建されました。旧工業荒廃地が改装されて注ぎ込まれた途端に1,100万人もの訪問者を受け入れることができました。

現在、リスボン国際広場は皆に開放されていて、テーガス川の岸にある庭園を楽しむ、またはヨーロッパ最大の海洋博物館を訪問することができます。この海洋博物館は、2017年に世界最高の海洋博物館にも投票されました。5百万リットルの海水を使用し、海の動物や植物を発見することができます。しかし、魚だけを見るわけではありません。かわいらしいラッコやペンギンもいて、哺乳動物と鳥が海洋生態系でであることも思い出させてくれます。家族のプログラムにピッタリです。

リスボン海洋博物館 – リスボン国際広場 – 毎日営業、冬季 午前10時から夜7時まで。夏季午前10時から夜8時まで。(12月25日の午前中、1月1日は休業) - 入場料:大人 16.20ユーロ、4-12歳と高齢者 10.80ユーロ。

お買い物好きな人には、万博の元メインエントランスがショッピングセンターに改造されました。ヴァスコ・ダ・ガマ ショッピングセンターには主な海外ブランドが集まっています。

ヴァスコ・ダ・ガマ ショッピングセンター - 国際広場 – 毎日午前9時から夜中まで、ショップは午前9時から夜中まで

アルファ

アルファマはリスボン訪問では最古の近郊地区。1755年の地震にも耐え、その名前は温泉を意味するアラビア語のアル-ハマ(Al-Hamma)が由来です。歴史的にはテーガス川にある漁師と水夫の地域で、人気地域としての名声が今も残っています。魅力的な中世の通りの迷路。1147年にカトリック教徒が再奪取する前に、最初の「ムーア人の城」であったサン・ジョルジェ城の記念碑もあります。城からのテーガス川と街の眺めはすばらしいものです。

リスボン近郊の他のパノラマビューを楽しむためには、多数ある展望台や見晴らし台のひとつに行くべき。城からさほど遠くないサンタルチア展望台は、高所で休憩することができます。

アルファマのその他の記念碑はリスボン大聖堂。簡単に「セ大聖堂」と呼ばれています。カトリック教徒の再征服を祝うために1147年の城占領時に建設が始まりました。オーガスタス – そして簡素な – ゴシック様式の灰色の石の記念碑で、多数の栄枯盛衰を体験してきました。

リスボンの近郊地 - バイロ・アルト

バイシャまたはバイシャ・ポンバリーナ

テーガス川沿いに進み続けると、リスボン訪問で最も有名な近郊地のひとつに到着します:バイシャ。言い換えれば下の街です。1755年の地震以降に革新的な建築と都市主義に基づいて建築されたラ・バイシャはエレガントで軽快な近郊地。通りが適切な角度で交差している格子床の幅広い大通りがあります。

テーガス川の岸の右には、幾何学模様を形成しているかわいらしい玉石のコメルシオ広場の美しさを鑑賞することができます。中央ではホセ1世の記念像が中心として役割を放していて、公園のあたり一帯のアーケードはショップとカフェの中心地です。

このリスボンの近郊地を堪能するためには、アウグスタ通りのような美しいよく整えられた通りを歩くのがベストです。コメルシオ広場から訪問可能な壮大な空中にかかる凱旋門の下を通ります。2.50ユーロでエレベーターと2つの階段で頂上に到達することができます。

アウグスタ通りにはMUDE、ファッション博物館があり、すばらしい20世紀のデザインコレクションを揃えています。

MUDE - Rua Augusta 24, 1100

4月または9月にリスボンに行くならば、地下のミステリアスなローマギャラリーを発見するチャンスがあるかも知れません。1年で数日しかオープンしておらず、登録が必要です。この機会をお見逃しなく!

Galerias Romanas da Rua da Prata - Rua da Prata 77, リスボン 1100 – 026

シアード

アウグスタ通りからシアードに進み続けると、リスボンで最も有名なショッピングエリアのひとつに到着します。シックな近郊地シアードはすばらしいショップ、衣類、本、ジュエリーだけでなく、博物館やカフェも満載です。アズレージョのフレスコで装飾された見事な外観を備えたフェルナンド・ペソアごひいきのコーヒーA Brasileiraがあります。

Café A Brasileira - 120 Rua Garrett, リスボン 1200-205 – 毎日午前8時~午前2時営業

本当にポルトガルのものをもたらし、国の若いクリエーターを発見するためには、ア・ヴィーダ・ポルトゲーザに行くべき。以前の投稿で話したアリババの洞窟です。

シアードはリスボン訪問で最も美しい地域のひとつ。裏通りの角あるいは小さな広場の角で秘密をずっと発見し続けます。例えばカモンエス広場。すばらしい白い石の外観と小さなアールデコスタンドがあって、遠回りをする価値があります。シアードとバイロ・アルドの境界を示しています。

リスボンの発見の記念碑

バイロ・アルト

日中は眠り夜に活動するバイロ・アルトは夜型の人の近郊地。20年以上の間、一杯飲むのに友達と会い、美しい夏の夜を楽しむならここです。

たくさんのお勧めの場所の中からの我々のお勧めはポルタス・ラルガス。カクテルが豊富です。モヒートファンならクルービ・ダ ・エスキーナに行きましょう。大胆な人は「Pontapé」、「キック」を求めてアローシュ・ドースへ行きましょう。どこでも、いや、ほとんどどこでもライブミュージックやクレージーなパーティがあります!

ポルタス・ラルガス - R. Da Atalaia 105, 1200-037

クルービ・ダ ・エスキーナ – R. Da Barroca 30, 1200-036

アローシュ・ドース – R. Da Atalaia 119, 1200-383

ベレン

有名なベレンのパステルの故郷、ベレンで会うために4月25日橋を今、通るべきです。地域のエンブレムはベレンの大きな防衛塔で、テーガス川の入り口をガードしています。その優雅な銃眼で、遠くからで認識できます。

人目を引くマヌエル様式の白い外観の白いジェロニモス修道院は彫刻の優美さが印象的ですが、特に修道院と聖メアリー教会の彫刻はすばらしいものです。この巨大で高価な建築のアンサンブルはルネッサンス発見のすばらしい航海のおかげで資金調達されました。この旅行は1960年に開始式を行った発見のモニュメントでお祝いされます。

ベレンの塔 - Av. Brasília, 1400-038 - 冬季 午前10時~午後5:30、夏季は午後6:30まで。月曜、一部祝祭日定休日

ジェロニモス修道院 - Praça do Império 1400-206 - 冬季 午前10時~午後5:30、夏季は午後6:30まで。月曜、一部祝祭日定休日

発見のモニュメント - Av. Brasília, 1400-038 - 午前10時~午後6時。冬季の月曜休業。夏は毎日営業、午後7時まで。一部祝祭日は休業。

リスボンの近郊地 – アルカンターラの桟橋

アルカンターラ

これがリスボンのメインの近郊地のラスト、アルカンターラ。テーガス河口の波止場周辺地域です。ベレンから川沿いの遊歩道を4月25日橋まで心地よく歩きます。1990年代から、アルカンターラはナイトクラブ地域になっています:商業用建物で住居地域と分けられていて、パーティに行く人は住人に迷惑をかけずに夜を楽しむことができます。

日中には波止場「ドッカ・デ・サント・アマーロ」にある多数のレストランの1軒を訪問することもできます。ドック・コッドではマリーナの上のすばらしいセッティングの中、伝統的なバカラオのほか、薪の火で焼いたグリルミートを提供しています。少し離れたところではレストランArdemarが典型的なポルトガルテイストを取り入れたおいしい地中海料理を提供しています。

ドック・コッド - Doca de Santo Amaro, Armazem 16, 1350-353

Ardemar - Docas of Santo Amaro, Armazem 4, 1350-353